CMプランナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

CMプランナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

クライアントの広告戦略に基づいてCMの企画を立案するCMプランナーとは、具体的にどのような仕事を行なっているのでしょうか。このページでは、CMプランナーの具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

CMプランナーとはどんな仕事?

CMプランナーと聞いても一体どのような仕事を行なっているか、分かりますでしょうか。そこで、CMプランナーが担当する主な仕事内容を紹介しましょう。

CMの全行程に携わる仕事

CMプランナーは、CMを制作で全ての行程に携わる仕事です。CMができるまでには、企画から映像編集までさまざまな行程を経て初めて完成します。

CMプランナーは、その全ての行程に司令塔となってチームを動かし1つの作品を作りあげる重要な仕事です。CMプランナーには、大きく分けて2つの役割があります。

クリエイターとしての役割

良いCMを作るためには、良いアイデアを思いつく必要があります。良いアイデアをクライアントに提案することができるのかCMプランナーのスキルに関わってきます。

また、撮影をする上でどのような映像を求めているのか、どのようなイメージの編集を求めているのかをCMプランナーが、カメラマンや編集スタッフに指示を出します。

独創的なアイデアを考え出す仕事もCMプランナーに求められるため、CMプランナーを目指す方は、日頃から斬新なアイデアを考える必要があります。

プロデューサーとしての役割

CMプランナーは、クライアントとの打ち合わせや現場に適したスタッフの人選などプロデューサーとしての役割を担います。

CMプランナーとして活躍をする上では良い作品をただ生み出すだけでなく、予定通りスケジュール撮影が進んでいるかチェックする役割を行います。そのため、CMプランナーにはクリエイターとプロデューサー双方のスキルが求められることになります。

CMプランナーの具体的な仕事内容

CMプランナーが具体的にどのような仕事の流れで進行していくのか、具体的な仕事内容を紹介していきます。次のような流れでCMプランナーの仕事は進行していきます。

CMのアイデア出し

クライアントからの要望を元に、CMにふさわしいアイデアを考えます。この作業がCMプランナーには最も求められるスキルになります。1人でアイデアを考えることもあれば、チームで意見を出し合って1つのアイデアを練る場合があります。

CMのアイデアが良いものを思いつかなければ、クライアントから仕事を発注してもらう機会が大きく減ってしまうので、CMプランナーは必死でアイデアを考えることになります。

企画書の作成

考えたアイデアを元に、企画書を作成します。クライアントに直接説明を行い許可が取れたら次の段階に進むことができるケースもあれば、コンペ方式で複数のクリエイターから作品を募集するケースもあります。

どちらのケースでも、企画書は必要不可欠です。企画書でおおまかな概要をクライアントに説明し、「面白い企画」と考えさせることができるかどうかが重要なので、CMプランナーは自分が考えた面白いアイデアを第三者に伝わるように分かりやすく解説をします。

絵コンテの作成

企画が決まったら、すぐに撮影ではありません。細かい構想を練る必要があります。そこで登場するのが、絵コンテです。

絵コンテは撮影だけでなく、編集、出演者との打ち合わせの際にも役に立つ資料なので、丁寧に作り上げる必要があります。絵コンテは、企画書と同時並行で作成することもある重要な資料であることを認識しておきましょう。

スタッフの人選

企画がある程度進んだところで、スタッフを人選し撮影に向けてスケジュール調整を行います。この時、CMプランナーが思い浮かべている場所を元に、セットを組んだりロケの許可をとったりと撮影場所の選定作業も同時進行で行います。

よい作品を撮影するためには、最高のスタッフを揃えておかないと失敗してしまうケースがあるので、スタッフ選びを慎重に行うCMプランナーもいます。

撮影

スタッフと出演者、場所が決定したらいよいよ撮影です。数秒程度しか使用しないCMでも、数時間で撮影を終わらせるのではなく1日かけて撮影を行うこともあります。

また、内容によっては何日もかけて撮影することもあります。CMプランナーは、納得できる映像を撮影できるまで妥協せずに取り組むことが求められます。

編集

映像を撮影し終えたら、編集作業です。編集作業は絵コンテを元に作成します。この時当初なかったプランを思いつくことがあります。そのためCMプランナーによっては何パターンか作品を作りクライアントにプレゼンをするケースもあることを覚えておきましょう。

修正/納品

編集をして作品が完成するわけではありません。一度クライアントにチェックをしてもらい問題ないかを確認した上で納品作業を行います。

CMプランナーは、CMを0から作り上げていく仕事なので、1つの作品を作りあげるために膨大な時間を要します。これから、CMプランナーになる方は、体力がないと最後までやり通すことが難しい仕事だと認識しておくとよいでしょう。

CMプランナーの仕事のやりがい

CMプランナーのやりがいはどのようなところにあるのでしょうか。CMプランナーの仕事のやりがいについて紹介していきます。

達成感がある仕事

CMプランナーの仕事は自分の考えたアイデアが15〜30秒の作品に生まれ変わる様子を間近で見ることができるので、達成感を覚えることができる仕事です。自分が苦労して手がけた作品が、街中のビジョンに映し出されることもあります。

0から作り上げたものが不特定多数の人に届けることができるこの仕事は、CMプランナーにしか感じることができない達成感があると言えます。

人に感動を与えることができる

CMプランナーの仕事は、自分の作った作品で人に感動を与えることも可能です。特に、感動系の作品を手がけることになれば、SNSで話題になることもあります。CMプランナーは、不特定多数の人に感動を与えることができる数少ない仕事の1つであると言えます。

自分の作品が世界的に評価されることも

CMプランナーが考えた作品が国内だけでなく海外で評価されることもあります。自分の考えた作品が世界に認められた時は、自分の努力が無駄ではなかったと感じることができます。

世界的に評価される作品を作れば、世界的なCMを手がけることができる可能性があるので、CMプランナーとしてもモチベーションが上がると言えるでしょう。

自分のアイデアで勝負できる

CMプランナーの仕事は、自分のアイデアをお金に変えることができる仕事です。アイデアを出すことが得意な人は好きなことをしてお金を稼ぐことができる夢のような仕事だと言えるでしょう。

もちろん、このような夢のような仕事である反面、辛いこともたくさんあります。辛いことを乗り越えてでも、この仕事をしたいと考える人が、CMプランナーとして成功しやすいと言えます。

CMプランナーの仕事内容まとめ

CM作品に魂を入れる大切な仕事

CMプランナーの仕事は、CMを制作する上では欠かすことができない仕事です。CMのアイデアを現実的に行うためにはどのようにすればよいかを考えるだけでなく、クライアントの要望にも応えなければなりません。

各方面との調整に関しても大きな役割を求められるCMプランナーではありますが、0から手がけた作品が評価されれば大きな達成感を味わうこともできるでしょう。

やりがいが非常に大きな仕事となっているため、これからCMプランナーになりたい方は志を高く持って国内だけでなく海外でも活躍できる人材を目指しましょう。

CMプランナーの参考情報

平均年収400万円〜600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

CMプランナーの関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB