CMプランナーになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

CMプランナーになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

CM動画を作成するCMプランナーになるには、どのようなスキルや適正が必要不可欠になるのでしょうか。このページでは、広告会社のCMプランナーまたは、実務を委託された制作会社のCMプランナーになるために求められるスキルや、向いている人の特徴などをご紹介します。

CMプランナーになるには何が必要?

CMプランナーになるためには、どのようなことが必要なのでしょうか。CMプランナーとして必要最低限求められるスキルについて、紹介していきます。

独創的なアイデア

CMプランナーには、独創的なアイデアが求められることがあります。独創的なアイデアを持っている人は、斬新なCMを考えることができ、実績を多く積めば1流のプランナーとして活躍できる可能性があります。

独創的なアイデアを思いつくためにも、日頃からさまざまな作品に触れてインプットをするように心がけましょう。

スタッフの管理スキル

CMプランナーには、独創的なアイデアだけでなく全体を見渡すためのスキルが求められます。特に、スタッフを管理するスキルがCMプランナーには求められます。

良いアイデアのCMを思いつき、クライアントが食いついたとしても映像を撮影するスタッフ、演出をするディレクター、出演者などさまざまなスタッフを配置することができなければ良い作品を作りあげることができません。

作品を考えるだけでなく、全体を考える見渡すことができる客観的なスキルもCMプランナーに求められると認識しておきましょう。

コミュニケーション能力

CMプランナーには、コミュニケーション能力が求められます。クライアントの打ち合わせ、スタッフとの意見調整を行う仕事がCMプランナーに課せられます。コミュニケーション能力が高くないと、現場でトラブルが発生してしまう可能性があるので、コミュニケーション能力も磨いておくようにしましょう。

CMプランナーに向いている人、適性がある人

CMプランナーに向いている人、適性がある人とはどのような人物なのでしょうか。ここからは、CMプランナーとして向いている人、適性のある人物像を紹介していきます。

向いている人

CMプランナーに向いている人は、次のようなスキルを持っている人です。次のようなスキルがある人は、CMプランナーとして第一線で活躍できる可能性があります。

人を楽しませることが好き

CMプランナーとしてよい作品を生み出すためには、人を楽しませることが好きでなければいけません。どのようにすれば、人が喜んでくれるか、どのようにすれば人が興味を引くのか常に考えることができなければ、よい作品を生み出すことが難しいと言えます。

日頃から、人を楽しませることを生きがいとしている人であれば、このような考える作業も苦労せずアイデア出しができるので、オススメの仕事だと言えるでしょう。

色々なアイデアを出すことが得意

CMには、面白い作品、感動する作品、人をアッと言わせる作品までさまざまなバリエーションの作品があります。このようなバリエーション豊富な作品を考え出すのがCMプランナーの仕事です。

得意分野を作ってもよいですが、さまざまなアイデアを求められることもあります。特定のジャンルだけでなく、色々なパターンのアイデアを提案することができれば、CMプランナーとしての仕事の幅が広がるので、バリエーション豊富なアイデアが出せる人には有利と言えます。

交渉能力がある

CMプランナーとして時に厳しい決断をしなければならないことがあります。よい作品でも予算が足りず作ることができないといったケースもあります。また、クリエイター側の着想を制御しなくてはならないケースもあります。

このような辛い話をする上で、交渉能力が高くないとクライアントやディレクターと話をまとめることが難しいので、日頃から交渉をしている人は向いている仕事だと言えます。

客観的な視野で物事を考えることができる

CMプランナーは、完成した作品を主観的でなく客観的に評価をしてから世に送り出す作業が必要不可欠になります。

場合によっては、その広告で傷ついてしまう可能性があるので、全体の作品がよい出来であったとしても、一度冷静になって判断するスキルが必要なので、冷静な判断ができる人は、向いている仕事だと言えます。

適性のある人

CMプランナーとして適性のある人はどのような人物なのでしょうか。

ものづくりが好き

CMは、広告動画ですが立派な作品です。ものづくりが好きでなければ、よい作品を作り上げることは難しいと言えるでしょう。ものづくりが好きな人は、短い15秒程度の映像であったとしても細かく構成を考えることができるので、必然的によい作品を手がけることが可能です。

逆にものづくりが好きでなければ、いい加減な作品を作ってしまう可能性があるので、CMプランナーになるのであれば、もの作りが好きというマインドは必要不可欠だと言えるでしょう。

責任感がある

CMプランナーの仕事は、クリエイティブな面もあれば、スタッフの管理やスケジュール通り映像制作が進んでいるか全行程を管理する必要がある仕事です。責任感の強いプランナーになれば、クライアントだけでなく、スタッフのケアにも力を入れて取り組むので、チームとしても円滑に機能することが期待できます。

責任感がなければ、ミスも起こりクライアントだけでなく色々な人に迷惑をかけてしまうので、プランナーに向いていないと言えます。

CMプランナーになるための学校・教室

CMプランナーになるための専門学校や教室はどのような学校があるのでしょうか。CMプランナーを目指す人の中には、マスコミ系の出身者が多い大学に入学する方もいますが、必ずなれるわけではありません。そのため、就職してからCMプランナーのノウハウを学ぶケースもあります。

就職する前から少しでも早くスキルを学びたいのであれば、広告業界が主催するセミナーに参加するようにしましょう。

広告業界のセミナーに参加する

広告業界のセミナーに参加すれば、CMプランナーに必要な基礎的な知識を学ぶことができます。また、このようなセミナーに参加すれば、次のようなメリットがあります。運がよければ、広告代理店で下積みを積まなくてもCMプランナーとして活躍できる可能性があります。

CMプランナーに必要なノウハウを学べる

マスコミ系の学校でCMプランナーの知識を学ぶことができても、知識でしかないため実践的でない知識もあります。しかし、広告業界が主催するセミナーに参加すれば、実践的にCMプランナーの知識を学ぶことができます。

人脈を構築できる

セミナーに参加すると、広告業界に精通している人たちとの人脈を築くことができます。若い人であれば、有力なCMプランナーと出会うことで、その人の下で働くことができる可能性もあります。

もし有名プランナーの下で数年間実績を積めれば、プランナーの弟子という看板を掲げて仕事を受注することもできるので、人脈を形成するために通う方法も良いでしょう。

CMプランナーになるには?まとめ

CMを作る上では欠かすことができない仕事

CMプランナーは、CMを作る上では欠かすことができません。プランナーがいなければ、クリエイターやクライアントの調整役が不在で良い作品を手がけることが難しいと言えるでしょう。CMプランナーがいるからこそ、人に刺さるクリエイティブな作品を作り上げることができるので、これからも求められる仕事だと言えるでしょう。

CMプランナーになれば国内だけでなく世界を股にかけて活躍することができます。企画力やプレゼンテーションの能力などがしっかりとあれば、学歴なども関係なく実力で活躍できる仕事なので、ぜひ前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

CMプランナーの参考情報

平均年収400万円〜600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

CMプランナーの関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB