アフィリエイターの給与・年収は?ピンからキリまでの収入事情を徹底解説

アフィリエイターの給与・年収は?ピンからキリまでの収入事情を徹底解説

広告を掲載しても成果が発生しなければ収入は0円のため、実際に専業としてアフィリエイターの収入のみで生計を立てることができている人は数少ないです。完全実力主義のアフィリエイターですが、その給与・年収は一体どれくらいなのでしょうか。本記事では、アフィリエイターの一般的な月間報酬額からトップレベルの報酬額まで、収入面についてご紹介します。

アフィリエイターの初任給

アフィリエイターが会社に就職してアフィリエイトの仕事をするというのは非常に稀です。基本的にはフリーランスのアフィリエイターとして仕事します。

初任給という言い方は適切ではありませんが、アフィリエイターとしてデビューして最初の収入は平均的にどれくらいになるのかをまず解説します。

アフィリエイターの収入-最初はほとんどない場合が多い

アフィリエイターとして最初に仕事を始めた月の収入はほとんどゼロというのが相場です。最初からアフィリエイターとして収入を得る人は多くありません。

アフィリエイターの収入が最初はほとんどないのはなぜ?

アフィリエイターとして仕事を始めても最初はほとんど収入がないのはなぜでしょうか?

答えは、サイト訪問者が最初はほとんどいないからです。新しくサイトを立ち上げる際には、コンテンツ記事の数を増やしつつ、地道にサイトの更新を続けていかなければなりません。

そうすることで数ヶ月後にはアクセス数が増えるようになり、それに伴い売上も徐々に伸びるようになります。サイトを丁寧に育てていくことで、確実に売り上げを上げるサイトに成長させることができます。

最初のうちは収入がゼロだととしても、将来的に稼げるサイトにするという目標を持ってサイト運営を続けることができます。

アフィリエイター平均月収

次に、アフィリエイターの平均月収、トップアフィリエイターの月収などを紹介します。

アフィリエイターの月収は0円から数百万円と幅広い!?

特定非営利活動法人(NPO 法人)アフィリエイトマーケティング協会は、「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2019」を国内主要ASP各社を利用しているアフィリエイターを対象に実施しました。その中では月収に関する報告もあります。

「アフィリエイトでの1ヶ月の収入はいくら?」という質問に対し、全回答者(2,097件)の内訳は以下の表のとおりです。

収入なし 622名
1,000円未満 327名
1,000円以上5,000円未満 195名
5,000円以上1万円未満 128名
1万円以上3万円未満 191名
3万円以上5万円未満 77名
5万円以上10万円未満 106名
10万円以上20万円未満 95名
20万円以上50万円未満 131名
50万円以上100万円未満 84名
100万円以上 141名

この調査では、アフィリエイター2,097名のうち29.7%の622名が「収入ゼロ」、15.6%の327名が「1,000円未満」の収入でした。逆に、月収100万円以上のアフィリエイターは全体の6.7%の141名いました。

こうした調査結果から分かるように、アフィリエイターの月収はゼロから100万円越えまでと幅広いことが分かります。

参考リンク:アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2019

トップアフィリエイターの月収はどれくらい?

大勢のアフィリエイターから使いやすいと評判のアフィリエイトサービス「A8.net」は、会員の中から成果報酬BEST8を公開しています。

それを参考に、トップレベルの稼いでいるアフィリエイターの月収がどれくらいになるのかを紹介します。

順位 月間報酬額 サイトジャンル
1位 597万1,478円 医療・健康グッズ
2位 548万4,635円 医療
3位 381万598円 就職・転職

参考リンク:A8.net

このランキングは2019年5月のものですが、トップクラスのアフィリエイターになると、月収500万円以上あることが分かります。

サイトの運営やコンテンツの充実には、毎日のコツコツとした作業が必要になりますが、サイトに人が集まるようになると、しっかり稼げるようになることが分かります。

アフィリエイターの平均年収

次に、アフィリエイターの年収の平均、トップアフィリエイターが高い年収を稼いでいる理由などを紹介します。

アフィリエイターの年収は数万円から数千万円まで幅広い!?

先ほど紹介した「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2019」によると7割近いアフィリエイターの月収は5万円以下でした。ですから、基本的には平均年収も0円~50万円前後になります。

対象的に、トップクラスのアフィリエイターになると月収は500万円以上になる場合もあります。仮に毎月この報酬を得ていたとすると年収はおよそ6,000万円になります。

「賃金構造基本統計調査」によると平成29年の男女の平均年収は304.3万円です。アフィリエイトの仕事だけで日本の平均年収と同じ程度の金額を稼ぐのは多くの人にとって難しい作業と言えます。そのため、アフィリエイターの中には副業としてアフィリエイトを行う方も多いです。

しかし、そうした副業・兼業からアフィリエイトを開始した人の中にも、サイトが充実しうまく集客できるようになり、安定して報酬を得られるようになったので、会社を辞めて専業のアフィリエイターになったという方もいます。

トップアフィリエイターが高い年収を稼いでいる理由とは?

先ほど紹介したように、トップクラスのアフィリエイターになると年収が数千万円となる方がいます。さらに一部のアフィリエイターには億越えの年収を稼ぐ方もいます。

こうした一部のアフィリエイターが高い年収を稼いでいる理由として、情報商材を扱っているというのが理由のひとつになります。情報商材の成果報酬は他の商材よりも高めに金額が設定されています。トップクラスのアフィリエイターには情報商材のアフィリエイトを専門にしている方もいます。

またこうしたアフィリエイターは、すでにアフィリエイトに関する優れたノウハウと実績があるので、情報起業家として自ら情報商材を販売する、有料のメルマガを配信する、ビジネスに関する有料塾での講師の仕事なども行い、それらもアフィリエイトから派生した年収として計上されています。

アフィリエイターの仕事の将来性

アフィリエイトの仕事には、お客様に商品を紹介するという一面があります。消費者も最近では、ネットで欲しい商品やサービスに関する情報を検索し、調べてから購入を決めるというのが当たり前になっています。

インターネットでショッピングをする人の数は増加する傾向にありますから、こうした点を考えるとネットで商品やサービスの効果性、信頼度の高さなどを解説するアフィリエイトの仕事はある程度、今後も需要が見込めると言えます。

しかし、消費者は情報を入手するためにブログやサイトだけでなく、SNSやYouTubeなども利用するようになっています。アフィリエイトの仕事で今後も生き残っていくためには、SNSなどを賢く用いた集客方法も身に着ける必要があります。

仮に、アフィリエイターの仕事が衰退していくとしても、アフィリエイトの仕事で身に着けた商品分析力や、プレゼン力、集客力やサイト設計などのデザイン力は失われることはありません。別の仕事でもこうした能力は活かすことができます。

アフィリエイターの給与・年収まとめ

安定して報酬が得られるまでは辛抱が必要!?

アフィリエイターとして仕事を開始しても、最初の数ヶ月~1年近くはサイトやブログ内のコンテンツ記事を充実させたりするために時間を費やす必要があり、検索でもなかなか上位に表示されないので、集客できず収入に結びつきません。

しかし、辛抱してコツコツ記事を増やしたりしてサイトを更新していると、徐々に集客できるようになり、サイト訪問者が商材を購入したリ、サービスに申し込んでくれるようになり報酬になります。丁寧に育てたサイトは、長く稼げるサイトになる可能性があり、場合によっては月数十万以上稼ぐサイトになる可能性があります。

そうすればアフィリエイターとしての収入も安定するようになり、副業・兼業アフィリエイターから専業にシフトチェンジすることもできます。スキルを磨けば安定した収入も夢ではないアフィリエイター、時間とお金の自由を手にするために自分の職業にしてみるのはどうですか。

アフィリエイターの参考情報

平均年収1万円~6000万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

アフィリエイターの関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB