スーパーバイザーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

スーパーバイザーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

スーパーバイザーの仕事内容は、対象範囲別に大きく分けて2通りに分かれます。1つ目は飲食店や小売りなど多店舗を管轄して成果を高めるケースです。2つ目はコールセンターなど1つの拠点に集中して、チームを率いる形で業務に携わります。対象はどちらのケースかも踏まえて詳細な仕事内容をお伝えします。

スーパーバイザーとはどんな仕事?

店舗責任者と方針の検討を行う

多店舗を管轄するスーパーバイザーが店舗を訪れて始めに行う事があります。それは、対象店舗の責任者と方針の確認をする事です。

売上の確認やイベントなどの重要施策について確認します。現状の認識を一致させた後に改善策をまとめていきます。

さらに、改善策で問題となりやすい箇所を意識します。例えば、人材の育成に課題があるのか、それとも人材数が不足しているのか問題点を把握します。この問題点を解消できるアクションプランまで店舗責任者と共に策定して、目標の達成に向かうことがスーパーバイザーの大切な仕事となります。

店舗間でよい所を横展開する

多店舗を管轄するスーパーバイザーは多くの店舗が直面した課題を熟知しています。店舗間でよい所を積極的に横展開する事に、スーパーバイザーならではの強みが発揮されます。

これは自社の店舗を複数、任されているからこそ発揮できる観点です。例えば、他社を比較する場合、他社店舗の正確な人件費はわからない事が通例です。公開情報以外は入手の方法がありません。

しかし、自社では正確なデータに基づき成功している事例を判断できます。この成功の元を他店舗に展開する事で好循環を生み出すことができます。

チームの統括を行う

コールセンターなど1つの拠点に集中してチームを率いる場合、対象チームの統括を任されます。チーム全体のシフト管理から人材育成まで幅広い行程でチームとして力を発揮できる環境整備を担います。

仕事内容では細部まで気をつけるという特徴があります。シフト管理についても割り振りを組むだけではなく、シフトの間違えない伝達手段や調整ルールまで踏み込んでいきます。1つの拠点に集中して対応するからこそ、時間をかけて取り組める仕事と言えます。

次の対応ができるポジションで仕事をする

現場の仕事に近い位置で対応を行っていると、1日の中でも突如として案件が混み合う時間も訪れます。この時、スーパーバイザー自身が次の対応をできるポジションにいることが大切と言われます。

なぜなら、混み合う最中であってもさらに、トラブル案件が来ることもあります。このケースでも各案件にしっかり対応することが大切だからです。最終的にはスーパーバイザーが現場業務の応援に入る事もあるでしょう。

しかし、難しい案件に対して的確な指示が出せるように状況を見極めるまでは、臨機応変に動ける位置にいることが求められます。常に先を考えて、今後対応できる位置にいる事が必要です。

スーパーバイザーの仕事の具体的な内容

現地を訪れて状況を把握する

多店舗を管轄するスーパーバイザーの場合、まずは現地を訪れて状況を把握する事が大切です。事前に売り上げなどの数字は連絡を貰って認識している事が大半です。仕事内容として現地を目で見て気がつくことを取り入れる行程があります。

直接見ている中で問題点について店舗責任者と意見交換を図ります。これは、問題点自体を認識していないのか、解決できないネックとなるものがあるのかによって対応も異なります。状況を目視と対話によって表面化させることが求められます。

陳列や現場に入って直接指導を行うことも

スーパーバイザー自らが商品の陳列や実際の現場業務に対して指導を行う機会もあります。まず、商品の陳列は具体的な行動を自らが行うことで最適な改善策に仕立てる目的があります。現場に即した形を自らの行動によって確立させます。

現場業務への直接指導は改善するための動き方を披露する目的があります。スーパーバイザーがいない時でも想定された改善策が行われるように、体制を整えておくための行動です。

チームの対応数やトラブルになりそうな案件を確認する

1つの拠点にてチームを率いて行動する場合、チームメンバーの対応を確認する仕事があります。この確認は対応数と対応内容の2通りから確認します。

対応数では数の上下から何が問題となっているかを表面化させます。例えば、対応数が少ない場合、力量が足りないからであるか、1案件における必要対応量が多いかを把握します。

次に対応内容の精査を行います。特に時間がかかっている内容は報告を求めたり、原因を確認するなどの行動から現場担当者に解決策の提示を行う所まで一貫して取り組みます。

直接クレーム案件と対峙するケース

様々な業種において、担当者レベルでは話がまとまらないクレーム案件も発生します。このような重大案件となる事例ではスーパーバイザー自らが対応を行うケースもあります。

統括する立場として話し合いができ、案件の完了に向かうまで丁寧に向き合うこともスーパーバイザーの仕事内容です。当該案件の修了にとどまらず、対応内容の振り返りも後に行います。この振り返りが、チーム全体の総合力を底上げする事に繋がります。

スーパーバイザーの仕事のやりがい

関わる人から頼りにされる時

スーパーバイザーは業種を問わずに自社のスタッフと関わりが多い仕事です。難易度の高い問題において頼りにされる事も多くなります。これに対してスーパーバイザーが答えた際にとても賞賛を受けます。

即解決に結びつかない難しい問題に対しても、店舗責任者が相談でき、解決に向かって進めるだけでも感謝されます。行動が自社のスタッフから感謝され、頼りがいがあると見られる時に、スーパーバイザーとしての仕事のやりがいを大いに感じます。

喜びを共に分かちあえる

目標の達成時に自社スタッフと喜びを共に分かちあえる事もやりがいです。他の職種では改善策などよき対応を行っても自社スタッフと対面する機会が少ない職種もあります。

しかし、スーパーバイザーは店舗や拠点で常に共に働く仲間と対面できます。目標達成までには解決できない悩みの期間もあります。さらに、対策を講じる中で意見が対立する事も多いでしょう。それらを乗り越えて達成した時は喜びも大きくなります。

顔がわかる仲間と喜びを共に味わえる事は今後の仕事にもお互いにプラスとなり、次の案件への活力ともなります。

考えた仕組みが浸透している時

スーパーバイザーが考えた対策の一環として、仕組みづくりができるケースもあります。例えば、飲食業でピーク時間にはお客様の待ち時間が多くなる課題があります。この時にメニューを楽しみながら見ることができる端末を待ち時間に自由に楽しんでいただく仕組みとして導入します。

この仕組みが成功して、スーパーバイザーとして複数店舗へ展開もできた時、この実績だけでもまずは達成感があります。さらに、実際にお客様の待ち時間でも楽しそうな姿を見た時、とてもやりがいを感じます。

自らが考えた仕組みが現場で生きる所を確認できる仕事はやりがいも大きく、貴重な機会とも言えます。

達成数値で成果が明確に見える

改善提案の後に数値で効果が見えることもやりがいです。スーパーバイザーの仕事では抽象的な内容で案件が終わることはほとんどないと言えます。

経営視点から見た目標は明確な数字となって現れます。個別事案でも改善前後における効果の比較は数値で判断されます。

目標数字の達成という形で客観的にできた事がわかります。これはスーパーバイザー自身が認識の上、満足できるという視点もあります。また、他の方から見ても数字をあげたという事実が評価として受けられます。

ボーナス評価に繋がりやすい

改善策の前後で数値による結果がわかりやすい事から金銭評価にも直接反映されやすくなります。特に、目標達成におけるボーナス査定は顕著です。給与体系で達成までの段階を示してくれる事も多く、業務に取り組む上でも張り合いになります。

できた事に対する正当な評価をボーナス額として会社から示してくれる事となります。評価されたという実感が高まり、とてもやりがいがある観点と言えます。

スーパーバイザーの仕事内容まとめ

先を常に見て、問題解決に動ける仕事

スーパーバイザーの仕事内容は現場をよく把握する事から始まります。さらに、目標達成に向けて具体的な行動へと繋げます。どの段階でもスーパーバイザー自身は常に1歩先を見て対策を講じていきます。

この対策が成功して目標達成できた時のやりがいは大きなものとなります。特に同じチームの顔をあわせる仲間から賞賛される形は格別なものです。

スーパーバイザーへの就職・転職に役立つ講座が見つかる!

スーパーバイザーの参考情報

平均年収500万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種販売・サービス

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

スーパーバイザーの関連記事

販売・サービスに関する他の職業KANREN JOB