スーパーバイザーになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

スーパーバイザーになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

スーパーバイザーになるには本部の施策と現場の業務について、どちらも理解できる事が必要です。正確な現状認識から改善案を立てて、実行に移すことが求められます。更に、改善案がうまくいかなかった場合も手段を修正しながら、成果にこだわる姿勢が大切とされます。

スーパーバイザーになるには何が必要?

管轄をまとめる力が必要

スーパーバイザーは店舗単位やチーム単位など複数人が働く部門を取りまとめます。全体をまとめることにより、成果を上げる事を目標としています。

例えば、コンビニにおけるスーパーバイザーであれば各店舗やオーナー単位で1つのグループをつくり、成績の向上を目標とします。コールセンターにおけるスーパーバイザーであれば受電チームごとのまとまった単位を統括する立場としてコールセンター業務が成り立つように機能させます。

トラブル対応など特定の対策に注力する事もあります。しかし、それを全体の技量向上として活用させる所にスーパーバイザーの手腕が問われる重要なポイントとなります。

本部と現場をつなぐ意識が大切

スーパーバイザーの仕事は、統括をする立場で現場に対して指導を行う事に限定されません。スーパーバイザーを束ねる本部と現場をつなぐ意識を持って接することが大切です。

本部からは会社としての経営視点で見た施策がおりてきます。例えば、決算に向けて今月は特に売り上げを立てなければならないなど会社全体で見た課題です。対して、現場からは従業員の確保が難しく、これ以上の負荷は厳しいという声が上がります。

スーパーバイザーはこの両者の声をつなぐ意識が必要となります。実際には、どちらも叶えられる中間案に方針をまとめあげる事や、開始時期の調整を図るなど課題に対して行動で表します。

また、スーパーバイザーだからこそ動ける行動も大切です。店長やチームリーダーという立場では見ている管轄内での対策となりますが、スーパーバイザーは多店舗や多数のチーム間での調整も可能です。

状況分析ができる

問題点はどこにあるかを把握できる事がスーパーバイザーには求められます。状況を分析して、対策へとつなげていきます。

状況分析ではデータ数字の解析を行います。売上数字など上がってきた額だけではなく、天候やイベントなど他の要因を組み合わせて考えます。

更に、現場を見て先ほど解析した数字と相違がないかを確認します。卓上で計算をしているだけでは現実感がないパターンもあります。データと現場を擦り合わせることで最適な状況分析へと仕立てます。

現場経験が生きることもある

スーパーバイザーには店舗社員やコールセンターオペレーターなど、現場での経験を積んだ後に就任するケースもあります。このような場合、現場経験が豊富にあり、スーパーバイザーとして活かした活躍が期待できます。

施策を考える時に自分が現場に立っていたらどうであるかという意識を持てます。表面上おきている問題点だけではなく、現場で対応している従業員の心理面でも推察することが可能となります。総じて現場意識とズレない施策が打ち出せるという利点があります。

的確な伝達や指導ができる

スーパーバイザーは本部からの方針を現場に伝達して内容を伝えていく役割を担います。この時に、ただ情報を伝えるだけでは意味を成しません。方針の背景や変更で求める成果を詳しく指導できることが必要とされます。

現場で働く人は本部で働く人と比べて経営学については知識が少ないケースもあります。このような知識ギャップも埋めるために、かみ砕いて伝えるという行動が求められます。

一方的な指示出しでは成り立たない

本部からの指令を命令として一方的に押し付ける姿勢は共感を生みません。中間管理職としていわゆる、上から目線にならないような行動が求められます。

特に、目標数字の達成に焦りが出ている時には注意が必要です。現場の声がすべて正しい訳ではありませんが、話を聞いてどのような形であれば達成可能であるかを、共に考える必要があります。意見をすり合わせ、共感してもらえるように行動することが大切です。

スーパーバイザーに向いている人、適性がある人

決断力がある人

スーパーバイザーの仕事では瞬時に判断が求められるケースがあります。例えば、コールセンターで急を要するクレーム対応を上長として対応する場合があげられます。本部に判断を仰ぐ事ばかりではなく、決められたルール上で結論を出す必要も出てきます。

決断には現場組織の様々な要素を理解しているから導きだせる答えがあります。責任ある立場で決断できる人が向いていると言えます。

気持ちの切り替えができること

原因はどのような形であっても、クレーム対応や売り上げが低迷しているなど気持ちが落ち込む内容も多いです。そのような時に気持ちの切り替えを早くできるかどうかが大切です。

スーパーバイザーに判断や対応をお願いしたい案件は多くあります。前の案件に対処した際の気持ちが切替できていないのは困ります。決断が鈍るなど他の案件にも影響が出ます。連鎖して悪い流れになることは気持ちの切り替えで絶ちたい所です。

数字にこだわれる人

スーパーバイザーの仕事では数字で把握される目標や結果が多くあります。この数字にこだわれる人が向いています。

経営視点から見た「目標数字」を現場でしっかり達成してもらうための数字として伝えていくことにスーパーバイザーの意義があります。改善策に「目標数字」を落とし込んで伝えるなど工夫も大事です。

1度や2度の改善策ではうまくいかない事も多くあります。数字として改善できる所までこだわれる性格の方がスーパーバイザーに向いています。

ゴールに執着、過程は柔軟に

現場からスーパーバイザーの指示に対して改善要請が上がることもあります。この改善要請を確認する際に施策の「ゴールに対する要請」か「過程に対する要請」かを意識する必要があります。

過程は柔軟にできる内容へと改善することも大切です。しかし、目標としているゴールに対しては執着できる事が求められます。過程は柔軟でもゴールに対しては執着して追い求められる方がスーパーバイザーに向いています。

体力を維持できる人

コンビニや飲食店のスーパーバイザーは多店舗を統括する事が一般的です。当然、現場を訪問する機会が多く、長距離の移動も伴います。逆に、コールセンターのスーパーバイザーでは一カ所に集中して担務にあたり、その場にいてほしいと頼りにされる機会が多いです。

総じてスーパーバイザーは体力の充実と維持が大切と言われます。継続して担務にあたることができてこそ、課題も見えて、対策の浸透という効果に繋がります。

スーパーバイザーになるための学校・教室

スーパーバイザー学校で学ぶ

スーパーバイザー学校とは日本フランチャイズチェーン協会が開催する講義形式のスーパーバイザー育成講座です。主にフランチャイズチェーンビジネスを行う業種を対象とした講義です。

内容も問題解決手法やコミュニケーション、さらにはカウンセリングまで実践で活用できる科目が多くあります。座学で一方通行の講義だけではなく、ロールプレイングも交えた形で対応の細かい所まで学習することができます。

スーパーバイザー士やコン研の資格取得

1995年より日本フランチャイズチェーン協会が行う民間資格としてスーパーバイザー士の資格もあります。こちらはスーパーバイザー学校の修了が受験要件としてあります。

スーパーバイザーとしての知識や能力の充実を目的としています。また、実務で生かせるという前提を掲げています。理論のみではなく、実務でどう生かすかまで踏み込んだ試験内容と言えます。

コン研はコンタクトセンター検定試験を正式名所として2010年より開始しています。コールセンターのスーパーバイザー向けにオペレーターの管理者としての能力判定を行っています。

スーパーバイザーの養成講座で学ぶ

スーパーバイザーは業務ごとに養成講座も開催されています。例えば、コールセンター向けの研修や小売業、卸売業を対象とした養成講座もあります。

スーパーバイザーの概論にとどまらず、業種ごとに直面する課題や対応策についても詳細に学ぶことができます。ケーススタディなど講義内容も各業種に特化した内容が入り、より実践で生かせることを想定した内容となっております。

スーパーバイザーになるには?まとめ

現状からゴールまで行動を続けられる力が必要

スーパーバイザーになるには本部と現場の状況を理解できることが必要です。更に、理解した内容から現場での改善案の実施まで移行できる力が求められます。

移行過程ではうまくいかない事も多くあります。しかし、改善案を修正しながら、たどり着くゴールは常に一定を見定めて行動を続けていきます。ケーススタディなど事例を学べる講座も増え、スーパーバイザーになるための環境も整ってきました。

スーパーバイザーの参考情報

平均年収500万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種販売・サービス

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

スーパーバイザーの関連記事

販売・サービスに関する他の職業KANREN JOB