スーパーバイザーの給与・年収は?初任給やボーナス、支給される手当まとめ

スーパーバイザーの給与・年収は?初任給やボーナス、支給される手当まとめ

スーパーバイザーの給与・年収は他の職種に比べて高めの傾向があります。これは、業務の専門性や遂行能力が問われる職種であることが給与に反映されています。長期的に高めの給与水準を維持するには何に気を付ければいいかも含めて詳細にお伝えします。

スーパーバイザーの初任給

スーパーバイザーの初任給は22万円前後

スーパーバイザーの初任給は22万円前後と他の職種に比べ高めとなっています。要因はいくつかあります。まずは、職種の特徴として高度な統括力が要求されます。現場の業務知識も持ち合わせながら統括もできるという知識と遂行力の両面が求められます。

また、新卒採用もありますが、中途入社の方も多い特色があります。中途入社であると年齢に応じて新卒入社よりも高めのベース給からスタートします。

初任給の額面に加え、各種手当と福利厚生も完備されている事が大半です。また、スーパーバイザーは正社員比率の高い職種という背景も給与面に反映されています。

現場経験の実績が加味されている

スーパーバイザーになる前の経験として多くの方が同業種の現場勤務を積んでいる事も特徴です。現場の効率化など現場経験がなければ理論のみが先行してしまいます。

役職としてスーパーバイザーは現場経験者からの昇格が原則と規定されている場合もあります。例えば、店長としての経験を5年以上積んだ後に技量を見て昇格されるという流れです。このような上級職としてのスーパーバイザーでは現場経験を特に重視しているとされます。

ポテンシャル採用も実施

未経験者からスーパーバイザー職への登用もケースとしてはあります。しかし、未経験採用では採用後に求められる能力がとても高い傾向があります。

いわゆる、ポテンシャル採用となり潜在能力の高さを期待しての採用となります。状況分析の正確さや決断力の高さが求められます。現場を牽引していく力などスーパーバイザーとして必要な力を高いレベルで採用側が認識できなければ未経験採用は難しいとされます。

また、未経験からの採用後は「現場の知識」と「スーパーバイザーとしての知識」を平行して身につける必要があります。相応の知識吸収力がなければやり抜けない仕事なので、厳選採用となっているのです。

初任給から上昇過程が明確

初任給から給与の上昇過程が明確であることもスーパーバイザーの特徴です。仕事の強度と共に上昇する事がわかります。

例えば、小売業で多店舗を任されていた場合、実績を上げれば、次は重要拠点を任される事となります。対象店舗が大型店舗や新規オープン店など会社としての基幹となる担務に近づいていきます。営業益の規模や昨年対比(新規オープンであればゼロからの比較)でも明らかな違いを出せます。

スーパーバイザーの職業はこのような形で数字で実績が表しやすい特徴があります。数字で表すことができれば、給与査定もあがり、給与の上昇という形に繋がります。

スーパーバイザーの平均給与の統計

スーパーバイザーの給与は35万円前後

平均月収は35万円前後です。給与の特徴として、年齢と経験で順調に上昇していきます。まず、年齢については20代でも順当に上昇します。他業種ではよくある20代は修行期間という認識の元、30歳到達前の給与上昇が極端に少ないという傾向もありません。

30代および40代の給与も積んだ経験度がそのまま給与に反映されていきます。小型店から大型店への担務移動など職種は同じでも強度は変わります。その分、スーパーバイザーとして給与が頭打ちにならない要因ともなります。

また、アルバイトでスーパーバイザー職という担務は少ない傾向です。社員比率の高さも給与水準の高さに繋がります。

手厚い手当が特徴

給与に加えて手当も充実している特徴があります。特に役職手当は責任の高さから額も高額となり、スーパーバイザーの給与を高めている要因となります。

役職手当に対しても業績連動の形を取り入れている会社もあります。目標数字の達成具合によって基準額に対して掛率を決める形です。目標達成によって、多くの手当が支給されます。

多店舗を管轄するスーパーバイザーには移動手当も多く支給されます。実費以外にも泊りがけの滞在に対して出張旅費手当を導入する企業もあります。また、管轄変更により転勤を伴う異動も多い職種です。住宅手当も充実している傾向があります。

福利厚生も完備

福利厚生もしっかり完備している企業が目立ちます。法定福利は当然として、付帯した福利厚生にも特徴が見られます。

スーパーバイザーの仕事における特色として店舗や拠点など営業時間が長めの傾向があります。24時間営業や夜間営業も多くなり、対応する社員はシフトを組んで交代で勤務します。この形態から従業員が同じ時間で一斉に享受する福利厚生は適していません。

これらの背景を踏まえて、カフェテリアプランと呼ばれる従業員が時間や対象を範囲内で自由に選べる福利厚生も組み込まれる事が多くなっています。

研修制度の充実

研修も初期研修にとどまらず、段階に沿って導入されて給与アップの土台つくりがされています。例えば、スーパーバイザーに就任してから3年や5年の節目で集合研修を行うという形があります。

会社としてはこの経験年数から更に上の上級職に担務してほしいという方針があります。上級職を滞りなく担当できれば当然、給与アップという結果に繋がります。

国内外問わず、各地で活躍するスーパーバイザーを集めた全体会議も取り入れられています。会社自体の目標達成が成されれば、個人ベースにおける給与にもしっかり反映されます。

スーパーバイザーの年収統計

スーパーバイザーの平均年収は550万円程度

スーパーバイザーの平均年収は550万円程度と他の職種と比べ高めの水準となります。傾向として各収入帯別の分布に偏りが少ない事があげられます。

通常、平均年収が高い場合は億単位の年収をあげる方など極端に高い方が値を引き上げる傾向があります。しかし、スーパーバイザーの場合は極端な上下がなく、全体として水準の高さが見受けられます。

年収差に影響を与える要素としてインセンティブがあります。通常、スーパーバイザーは担務にあたる上で目標数字を決め、半期など決められた期間で達成されたかどうかの検証を行います。この検証により連動する部分がインセンティブにあたります。

年収という観点から見ると、いかにインセンティブの部分を上げられるかが平均年収より高い値へのアプローチとして大切になります。

ベース給と資格給の給与形態

スーパーバイザーの年収で特徴としてベース給と資格給を分けている所が多く見受けられます。例えば、年収550万円であっても、ベース給として350万円は固定されているのに対して、残りの200万円は資格給として実績に連動した形です。

資格給でも定額であるケースはあります。例えば、社内タイトルによってスーパーバイザー内も分かれていてタイトルに見合った固定額という形です。

しかし、一般的には半期など決まった期間によって業績評価が行われて、資格給に掛率が決まる形です。いかに目標数字を達成できるかが大切となります。スーパーバイザー自身の実績がしっかり給与に反映される仕組みです。

ボーナスにインセンティブの採用が多い

資格給以上にボーナスに対してインセンティブを導入する企業がスーパーバイザーでは多数となっています。それだけ目標達成に対する見返りを明確に定めたフェアな給与体系であると言えます。

スーパーバイザー個人における目標達成も大事です。さらに、会社全体における目標数値もこちらのインセンティブでは加味されます。会社というチーム全体で目標を達成することが重要となります。

社外コンサルタントとの差別化

年収の増加と共にスーパーバイザーとして要求される改善提案も高度化していきます。高度化した内容になると社外コンサルタントとどちらが有用か比較されるケースが増えます。高度化した案件を任されれば更なる年収増に繋がります。

スーパーバイザーの強みとしては社内状況分析にあると言えます。社内の深い所まで理解でき、問題の根源まで把握できる強みをしっかりアピールできる事が大切とされます。

スーパーバイザーの給料・年収まとめ

比較的高い水準が魅力。インセンティブの確保が大切

スーパーバイザーの給料・年収は他の職種と比較して初任給から高い水準となります。これは高度な専門知識と遂行力が必要な業務の特徴を反映しています。業務の難易度が上がるにつれて年収の上昇もわかりやすく連動する傾向があります。

高い年収の維持には期間ごとの目標数値を達成する必要があります。この目標達成によりインセンティブを確実に獲得する事が給与水準の維持に繋がります。

スーパーバイザーの参考情報

平均年収500万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種販売・サービス

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

スーパーバイザーの関連記事

販売・サービスに関する他の職業KANREN JOB