執事にはどんな資格が必要?必要なスキルやノウハウを学べる学校は?

執事にはどんな資格が必要?必要なスキルやノウハウを学べる学校は?

ドラマやアニメなので題材となったことで注目を集めている執事という職種ですが、一般的な職種と比べて特殊なお仕事となっています。今回は、そんな執事についていったいどんな資格が必要なのか、資格を取得できる学校などについてご紹介していきます。

執事の資格とは?

執事になるための資格は存在しない

執事という職種は一般的な職種に比べて特殊な仕事ですが、実はこれといった資格のない仕事となっています。

特殊な職種だからこそ、「執事にはどんな資格が必要なのだろう?」と疑問に思う方は多いでしょう。そのため、執事を目指している方の中には、インターネット上で執事になるための資格について質問をされている方もいました。

また、「資格がないなら誰にでもできる仕事なんだ!」と考える方も多いようですが、執事という職種は誰にでもできる簡単な仕事ではありません。一般社会では身に着けられないスキルをマスターする必要がありますし、プロの執事になるためには専門の学校を卒業しなければなりません。

ですが、執事には年齢制限がないため、若い方であれば18歳から執事として働いている方もいるそうです。誰にでもできそうな職種というイメージがありますが、執事になるには資格こそ必要ないものの、新しいことや必要なことを学ぶという強い向上心が必要です。

専門の養成学校を卒業する必要がある

執事になるためには専門の養成学校を卒業する必要があり、その卒業証書が執事の資格に値するものだといわれています。養成学校ではプロの執事になるためのカリキュラムが用意されていて、全てを修了することで養成学校を卒業することができます。

ちなみに、執事は海外発祥の職種なので、養成学校は海外に多い傾向があります。そのため、執事を目指している方は海外留学をされる方が多く、一流の執事になることができるといわれています。

また、最近では執事を目指す日本人のために、日本バトラー&コンシェルジュ株式会社が都内に養成機関を開講しています。そのため、留学が難しい方は国内で執事になるためのノウハウを学べるようになっています。

高レベルなマナーや接客スキル、英語力が必要

無資格でできる執事ですが、上記では誰にでもできる仕事ではないことをご紹介しました。

その理由ですが、執事には高レベルなマナーや接客スキル、英語力などが必要になるからです。単純に社会人経験が豊富な人が身に着けているマナーでは通用しませんし、一般的な接客業とは比べ物にならないくらいの接客スキルが求められます。

さらに、執事を必要とされる方は富裕層の方が多く、その中には資産が多いというだけでなく、社会的な地位がとても高い方もいます。そのようなお客さんに最高のおもてなしをするためには、それ相応のスキルが求められるため、誰でも簡単にできる仕事ではないといわれています。

また、執事は仕事上で英語を必要とする機会も多いため、英語力は必須となっています。目安としてはTOEICで700点以上を獲得しているくらいだといわれているため、少し英語が話せる程度では勤まりません。日本と同じく海外にも方言があるため、どんな会話でもしっかりと聞きとって理解できるほどの英語力が必要だといわれています。

昔は容姿や身長が高いことが必須条件だった

正式な資格ではありませんが、昔は執事になるための条件として、かっこいい容姿や身長が高いことが必須条件だったといわれています。さらに、既婚者は執事になることができず、独身の男性しかできなかった仕事ともいわれていたそうです。

現在ではこのような条件はないようですが、執事として求められる基本的なことは、今も昔も変わらないようです。絶対に知っておくべき情報ではありませんが、執事を目指している方はちょっとした豆知識として覚えておくと良いかもしれませんね。

執事の資格の難易度・合格率

TOEIC700点以上の合格率は全体の約15%

上記で執事になるための目安としてTOEICの獲得点数をご紹介しましたが、みなさんは700点以上を取得する難易度を知っていますか?

TOEICを受ける方で700点以上を目指している方は全体の約30%といわれています。ですが、そのうち目標点数を獲得できているのは、約15%の方となっているため、とても難易度が高いといわれています。

ちなみに、TOEICは単純に英語の勉強をすれば良いと考えている方が多い傾向がありますが、実際はスピーキング・ライティングが重要となっています。そのため、執事を目指してTOEIC700点以上を目指すのであれば、これら2つを重点的に学ぶことが大切だといえるでしょう。

資格に匹敵する養成学校卒業への道のりは厳しい

執事としての資格に匹敵する養成学校の卒業ですが、その道のりはとても難しいといわれていて、人によっては卒業できずに辞めてしまう方もいるそうです。養成学校では執事になるためのトレーニングとして、本を頭の上に乗せたまま飲み物を運ぶ訓練や、どんな時でも瞬時に対応するための早着替えなどが行われています。

また、養成学校では一流の執事になるための学校なので、講師の方はとても厳しく、ミスが続いた場合は「才能がない」「自宅に帰りなさい」など、厳しい言葉を受けることもあります。つまり、執事になるという強い信念と向上心、そして忍耐力がなければ養成学校の卒業は難しいといえるでしょう。

最近では執事を題材としたドラマやアニメによって人気を集めている職種となっていますが、安易な考えで執事を目指すのは無謀だといっても過言ではありません。資格に匹敵する養成学校の卒業証書を取得するのであれば、それ相応の覚悟と忍耐力が必要だといえるでしょう。

その他の執事関連資格

護身術を身に着けるために格闘技を学ぶ

執事の仕事は富裕層の家庭に使えて家事業務や主人となるお客さんの要望に丁寧に応えることが基本業務となっています。しかし、最近では主人を守るためのスキルとして護身術を身に着けるために、格闘技を学ぶ方もいるそうです。

実際に護身術を学んでいる執事をされている方の中には、空手を習っている方がいるといわれています。有段者になればそれも資格の1つとなりますし、頼もしい執事としてお客さんからの需要も高まる可能性があります。

執事を雇うのは富裕層の方が多いため、資産を狙って襲われることも十分考えられます。執事の基本は「お客様を第一に考えること」なので、主人の安全面を考えるのであれば、何かしらの格闘技を学んで護身術を身に着けておくのも良いかもしれませんよ。

英語以外の言葉を学んでおくと就職に有利

執事は海外でも需要の高い仕事なので、英語力を身に着けておくのはもちろんですが、その他の言葉を学んでおくと、就職に有利だといわれています。特に、海外で執事として働くことを考えている方は、その国の言葉をマスターしておくと就職が楽になるでしょう。

また、国内で就職をされた場合でも国籍を問わず様々な外国人の方との会話ができるため、仕事上でも役に立つスキルとなります。そのため、レベルの高い執事を目指す方であれば、英語以外の言葉をいくつか学んでおくと良いでしょう。

執事の資格が取れる学校

インターナショナルバトラーアカデミー(オランダ)

こちらの学校では本物の古城が校舎となっていて、執事としての勉強を本格的な環境の中で学ぶことができます。世界中から執事を目指す多くの方が入校されていて、専用の宿泊施設が完備されています。

卒業後は富裕層の家庭で執事を務めている方もいれば、5つ星ホテルやプライベートクラブに努めている方もいるそうです。本物の豪邸の中で学ぶことができるのは、世界中でオランダにあるこちらの学校だけ。リアルな環境で執事として学びたい方にはおすすめの学校といえるでしょう。

プロフェッショナルバトラーアカデミー(日本)

日本で執事としてのノウハウを学ぶのであれば、こちらの講座を受けてみてはいかがでしょうか?上記でご紹介した日本バトラー&コンシェルジュ株式会社の養成機関となっていて、3ヶ月間の講座を受けた後、認定試験を受けるシステムとなっています。

また、認定試験で優秀だと判断された方には、こちらの会社での採用を優先してもらうことができます。試験の結果内容にもよりますが、場合によっては就職先を確保することができるため、執事を目指している方はぜひこちらを受講してみてはいかがでしょうか?

執事の資格まとめ

執事には特別な資格がない。養成学校の卒業証書が資格に匹敵する

執事は特別な資格が必要になるわけではありませんが、誰でも簡単にできる仕事ではありません。ですが、英語力は事前に身に着けておく必要がありますが、執事としてのノウハウは専門の養成学校で学ぶことができますし、卒業証書は執事としての資格に匹敵するものだといわれています。

卒業への道のりは決して簡単ではありませんが、執事を目指している方は養成学校に通って、念願の執事として活躍してみてください。

執事(バトラー)の参考情報

平均年収300万円~1000万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種その他

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

執事(バトラー)の関連記事

その他に関する他の職業KANREN JOB