社会起業家になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

社会起業家になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

成し遂げたいことや自分の事業で社会貢献したいと考える人が多いです。成功すれば高収入も夢ではないであろう、社会起業家。しかし事業が成功するまで、毎日、努力を続けていく必要があります。今回この記事で、社会起業家になるにはどんなスキルが必要か、さらに向いている人の性格的特徴をご紹介します。

社会起業家になるには何が必要?

社会起業家には情熱があることが必要

社会起業家を目指すということは、今ある社会問題を解決したいと思う情熱が必要です。

社会変革を目指し事業により解決するためには確固たる目的や情熱はなくてはならないものです。自分の事業が沢山の人に共感を得られるのかは、事業を立ち上げた時にはまだわかりません。それでも情熱を持ってあきらめずに進んでいくことが大事になってきます。

世間的から見れば「社会起業家」はかっこよく見える職業ではありますが、体力的にも精神的にもハードで、なおかつしなければならない作業の積み重ねから、毎日の努力によって成り立つ職業です。

自分が立ち上げる事業に情熱を持って取り組む姿勢というのは、経営者として後ろについてきてくれる人が増えてきた時にとても大事になってくるものです。

情報収集スキルは持っておくべきスキル

立ち上げる事業について詳しく調べることは勿論の事、関係のある内容に関して常に社会全体にアンテナを広げて情報収集しておきましょう。

事業内容の状況によっては海外に出ることがあるでしょう。すべて社会起業家に当てはまる訳ではないですが、海外に行ってから社会起業家を目指すようになった人もたくさんいます。そのような場合でも常に世間に目を向け、情報収集にはげむ姿勢は大切です。

必要な資格を持っておくとベター

どんな事業内容であれ、資格を持っていないと信頼してもらうことが難しい世の中です。必要と思った資格は起業家を目指そうと決めた時や、資金調達、事業計画等を立てる前に取得しておくことをおすすめします。事業が動き始めると忙しくなり、資格をとっておければと後悔する可能性が出てくるからです。

一番大事な資格だけ先に取得し、残りは運営していく上で必要と思った時に、資格をその都度取得するというのもひとつの手です。

経営に関する知識も社会起業家に求められる能力

社会起業家になるということは、経営者になるのとほぼほぼ同義に近いです。だからこそ、事業内容が経営とは離れていたとしても経営について学んでおくことは社会起業家にとって必要になってくるでしょう。

学校で経営学や商学について学んでからでも起業家には、なれますが、出来るなら一度社会に出て起業家としてのスキルを身につけてからでも遅いということはないです。

ひとつの会社にとどまらず戦略立案スキルやクリエイティブスキルを身につけることは起業家への幅を広げるチャンスです。さらに考えている事業領域について学べる業界に挑んでおくことで業界スキルやネットワーク、他にも実践的な知識も修得出来るでしょう。

社会起業家に向いている性格的特徴、適性がある人

社会起業家になるには、常に考えて行動出来る人など、持って生まれた適性や向いている性格が影響することもあります。

行動力がある社会起業家に向いている適性

リスクを恐れずに、変化を自分で作り出そうとする行動する力がある人は社会起業家に向いているといえるでしょう。

社会の問題点に気づき、解決のためにはどうしたらよいのか、資金調達や今まで培ってきたスキルと業界ネットワークを利用出来るものは利用していこうとする熱意を持った行動力がある人であれば、その問題点をチャンスに変えていけるでしょう。

プレゼンテーション能力が求められる仕事

事業を立ち上げるにあたって、事業を広げていくうえで誰かの助けは必要です。

運営していく中で事業に共感してくれる人に助けを求める時に共感してもらえる様なプレゼンテーション能力が必要になってくるでしょう。自分の情熱と熱意がこもった思いを誰かに伝えるのにはプレゼンテーション能力が必要です。

また、社会起業家は社会貢献するというのが目的のひとつでもあるので、利益だけを追い求めているだけでは、協力してもらいにくいのが現状です。どんなに素晴らしい内容であったとしても実現には資金を出してもらえなくて、事業を立ち上げることすら出来なくなってしまう可能性もあります。

事業を立ち上げつつプレゼンテーション能力を身につけていくのもありですが、出来るなら学生くらいから鍛えておくのもいいかもしれません。

人との繋がりを大切に出来る所は向いている性格的特徴のひとつ

社会問題を解決するには、目指している業界の人達や他の人の周りの支援を大切にしていかなければならないです。さらに事業を広げていくにあたり、組織的に運営活動していくとなると、仲間も必要になってきます。

一人では解決出来ないことでも、例えば自分より賢い人なら思いつくこともあります。支援してくれる人、仲間、どちらにしてもギブアンドテイクの関係だけではなく、感情も入った繋がりも大事に出来る人はいざという時にも助けてもらいやすいでしょう。

現状把握能力が求められるのも社会起業家に必要な適性

生活している中で、見て見ぬふりせずに社会問題について問題意識を持って、どんな事象にも関心を持って現状把握することが出来る力は社会起業家になるにあたって求められている適性です。

課題を洗い出して改善方法を考えていることや、さらに具体的な計画案を出すことも社会起業家の仕事です。特に周りの支援を受けつつ社会起業家を目指すにあたって具体的な案があることは、その事業の信憑性が上がることにも繋がります。

現状把握能力がある人は社会の情勢にも敏感に反応出来ることや、時には頼らないと解決出来ない時にも現状がわかっていることで、相手も手助けしやすくなります。

発想力が豊かなことも社会起業家に向いている

経営には論理的思考も必要にはなってきますが、社会起業家にとっては論理的に考える以外にも社会問題について今までにないアプローチや社会変革が出来るアイデアを創造出来る発想力があることは社会起業家になる時に役に立つでしょう。

最初は小さなことからでも、広げていくうちに大規模になっていきます。そこでも保守的にならずに常に前を向き、そして立ち上げたサービスの開発を持続していくには今までとは違う異なったアプローチをする必要が出てきます。だからこそ発想力がある人は社会起業家に向いているといえるでしょう。

社会起業家になるための学校・教室

社会起業家になるにあたって、なろうと思えば資格・学歴・年齢も必要ではありません。ですが社会に出る前に社会起業家に必要となるスキルを身につけることが出来る学校や教室を利用しておく方が良いでしょう。

特に社会起業家について専門的に学べる大学なら自分と同じ様に社会起業家を目指す仲間に出会える可能性があります。学校に行っている間に情報共有やネットワークを作っておくことが出来るのも魅力のひとつではないでしょうか。

社会起業家大学

社会起業家を育成するビジネススクールです。コースも、ゼロから社会起業家を教えてくれるコースやら実践的に、社会貢献できる事業の、活動モデルの確立を目指すコースまで、今の自分の状況を考えて選ぶことが出来ます。

資格がなくても社会起業家には、なれますが、社会起業家大学では、特定非営利活動法人 社会起業家大学認定資格 「ソーシャルバリュー・プラクティショナー」という資格を手に入れることが出来ます。(12か月以上のコースを修了して、所定の認定試験に合格した者のみ)

九州大学

経営学部があり、経営学科と経営工学科があります。経営について学べる以外にも社会起業家の人材育成のためのプログラムを実施しているとされています。他にも専攻している学部以外にも意欲やチャレンジ精神があれば、他の分野の学習をすることが出来る「チャレンジ21」という教育プログラムもあります。

社会起業家になるには?まとめ

資格もあると良い。まずは情熱を持って社会問題を解決する行動力が大事

問題意識を持ち、社会に貢献するために解決策を考える情熱が必要です。それを行動に移せることで、最初の一歩が踏み出せるのではないでしょうか。

社会起業家は、一般的なサラリーマンとは違って事業を成功させる実力が必要です。そして結果主義の世界でもあります。経営学などを学び、資格も取得も目指していけば、将来的にも役に立つでしょう。

社会起業家への転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

社会起業家の参考情報

平均年収-
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種その他

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

社会起業家の関連記事

その他に関する他の職業KANREN JOB