イベントプランナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

イベントプランナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

さまざまなイベントを企画するのが仕事のイベントプランナー。華やかなイメージもありますが、企画を立ち上げたり時間をかけて準備をしたり、他のスタッフを管理したりといった重要な役割も担っています。今回はこの記事でイベントプランナーの仕事内容や特徴、魅力ややりがいなどについて紹介します。

イベントプランナーとはどんな仕事?

依頼されたイベントを成功させるのが仕事

イベントプランナーの仕事は、依頼されたイベントを成功させるようにサポートをする仕事です。イベントの企画や構成、準備や運営をクライアントやスタッフと一緒に相談をしながらイベントを立ち上げていきます。

イベントプランナーが扱うイベントにはさまざまなものがあります。一例として以下のようなイベントがあります。

  • 音楽イベント
  • スポーツイベント
  • 地域イベント
  • キャリア開発総合学科
  • 企業イベント
  • ブライダルイベント
  • 講演会

全てのイベントには必ず目的があります。イベントプランナーは目的に沿った企画や立案をします。

たくさんのスタッフと一緒に働く仕事

イベントプランナーの仕事には企画したイベントを実行させることも含まれています。イベント開催のためには会場の確保や告知、ステージの設営や照明の準備などを行います。

こうした仕事は一人だけで行うことはできません。イベントを成功させるには他のイベントスタッフと連携を取りながら準備を進めていくことが重要です。

体力の必要な仕事

イベントの企画段階で開催日を決めるため、イベントプランナーは開催日当日までに間に合わせるように全ての準備をします。予定していたスケジュールよりも準備が遅れることがあってはなりません。そのため、準備を進めるために時には休日を返上して働くこともあります。

イベント前日になると最終確認をするためにかなり忙しくなります。深夜まで残業をして仕事をすることや、場合によっては泊まり込みで仕事をすることもあります。

そのためイベントプランナーは、どんな状況でも仕事を行うだけの体力が求められます。

給料レベルは高め

勤務場所によっても大きく異なりますが、イベントプランナーの給料はほかの業種と比較すると高めの傾向にあります。一般的には20~25万円からスタートするため、20代でも300~400万円の年収を得ることが可能です。

イベントプランナーの仕事は実力が結果につながります。大きなイベントを成功させれば高収入を得ることも可能ですし、有名イベントプランナーになれば独立してフリーランスとして活躍できます。

女性のイベントプランナーも多く、結婚式をサポートするブライダルプランナーなどでは女性の比率が高い傾向にあります。

イベントプランナーの具体的な仕事内容

イベントの企画を立ち上げる

イベントプランナーはクライアントから受けた依頼の企画の作成をします。まずはヒアリングを行なって、どのような目的のイベントを開催したいのかを確認します。企画によってはある程度決まっているものもあれば、一から企画を考案するものもあります。

クライアントが複数のイベント企画会社に依頼している場合はそれぞれの会社がプレゼンテーションを行ないます。その場合、イベントプランナーはどんな層をターゲットにしているのか、どのくらいの予算でイベントを開催できるのか、イベントによってどのような効果を期待できるのかを説明します。

イベントの準備をする

イベントの概要が決まったなら準備に取り掛かります。クライアントと綿密に連絡を取りながら具体的な企画内容を決定します。

イベントプランナーは単に企画を作成するだけでなく、参加者を楽しませるようなとっておきの企画を考えます。そのためには、インターネットなどを使って流行を調査したり他のイベントに参加して新しいアイデアを考えたりします。

イベントの準備はイベントプランナーや勤務しているイベント企画会社が中心になって進めますが、社内で準備できないものについては外注をします。イベントプランナーは他社との連絡も行います。

告知をする

イベントの内容が固まってきたならば、次にイベントプランナーはイベントの告知の準備をします。イベントの告知をするためには、パンフレットや看板やポスターの製作、テレビや雑誌などのマスメディアを利用しての宣伝を行います。

最近ではSNSを利用してイベントの告知をするイベント企画会社もあります。ブログやメルマガ、FacebookやInstagram、Twitterやホームページを利用してイベントの詳細を伝えます。

告知をする場合には以下の内容を記載します。

  • イベントのタイトル
  • 開催日
  • 開催場所
  • 主催者の情報
  • 料金
  • 連絡先(電話番号やメールアドレス)
  • 申し込み方法

申し込み会場については、誰でもすぐに分かるように住所だけでなく詳細な地図や開催場所のホームページのリンクも掲載します。

イベントに立ち会う

イベントの準備やイベントの告知は開催日前日まで行います。そしてイベント当日は運営スタッフを管理します。

イベントプランナーは司会者や裏方、受付や交通整理など全てのスタッフに気を配り、トラブルが発生してもすぐに対処できるように監督します。さらにイベント終了後についても撤収作業などを管理します。

イベントプランナーの仕事のやりがい

ゼロから形のあるものに変えられる仕事

イベントプランナーの仕事のやりがいの一つに、自分のやりたいことを形にできることが挙げられます。

イベントの企画を考案することは、ゼロから形のあるものに作り変えるようなものです。そのため、時にはアイデアが出てこなかったり、提案した企画がクライアントに受け入れてもらえなくて苦労したりすることもあります。

しかし自分の発想力を思う存分使うことができるのでイベントが成功した時には満足感や達成感を味わうことができるでしょう。

感動を与えることができる仕事

イベントプランナーが扱うものには、音楽やスポーツ、政治や文化などさまざまなジャンルがありますが、どんなイベントでも最終的な目標は「観客に満足してもらうこと」です。

参加者の中には自分の人生観を変えるほどの感動や衝撃を受ける人もいます。イベントプランナーは多くの人の心を動かすことができるので、やりがいを感じることができるでしょう。

自分の成長を感じることができる仕事

イベントプランナーのやりがいのもう一つに、自分の成長を感じることができることが挙げられます。

イベントを成功させるのは簡単なことではありませんが、数々のイベントをこなすことによってスキルを積むことができます。やがては大きなイベントの企画も任されるようにもなり、成功させることができれば多くの関係者に自分の名前を覚えてもらうことができるでしょう。

「あなたに依頼すれば次のイベントもきっと成功する」と言われるようになれれば、イベントプランナーの仕事を続けて良かったと感じることができるでしょう。

チームとしての成長も感じられる仕事

イベントの企画や準備はチームで行います。イベントプランナーが中心となって企画を進めますが、実現させるためにはたくさんのスタッフの力が必要です。

イベントによっては意見がぶつかり合うこともありますが、イベントが無事に成功をすれば、仲間と頑張って作り上げたことを実感できるでしょう。さらには、チームとしての成長を感じることができるため、チームワークの素晴らしさも学べます。

イベントプランナーの仕事内容まとめ

企画したイベントを成功させるのが仕事

イベントプランナーの仕事は、クライアントから受けたイベントの依頼を企画して実現させる仕事です。観客を喜ばすようなアイデアを提供したり、イベントの告知をしたり、イベント開催日には現場監督として管理します。

イベントプランナーとして働く人の多くは、やりたいこと形にできることの喜びやイベントを成功させることの達成感をやりがいにしています。内容によっては観客に感動を与えたり、イベントの成功のために一緒に働くスタッフとの絆も感じたりすることができます。

イベントプランナーの参考情報

平均年収300万円〜600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

イベントプランナーの関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB