テレビディレクターの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

テレビディレクターの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

テレビ業界に憧れ、自分の番組を作りたいと思う人達にとって男女共に人気の高いテレビディレクター。テレビディレクターの平均給与や年収はいくらくらいになるのでしょうか?今回この記事でテレビディレクターの平均給与と年収と共に、給与・年収を上げる為の手段や高収入を目指す方法についてご紹介します。

テレビディレクターの初任給

テレビディレクターの平均給与は約27~40万円前後

テレビディレクターとして働く場合、初任給は27~40万円前後が相場といわれています。一般企業に比べると少しだけ平均給与は高めの傾向です。

それにADからの下積み時代と比べると、テレビディレクターになることで平均年収は上がります。しかし、テレビディレクターとして就任した最初の頃は色んな人と関係づくりから遠くに取材にいくなど徹夜作業もあります。

特に都市部や大手のテレビ業界に就職するとなると忙しくない日がほぼ毎日といった、仕事内容はかなりハードスケジュールなため、これでは少ないと感じている人も少なからずいます。

また勤務先、経験年数や年齢が上がるなどの、他の要因によって給与が上がる可能性はあります。資格に関してもなくてもなれる職業ですが、持っていることで採用される際に給与や待遇面を考慮してもらえる企業もあります。

異業種からの転職の給与は経験や役職で左右されやすい

テレビディレクターの中には、地方のテレビ局から大手のテレビ局にキャリアアップするために転職する人もいます。その場合、転職をした場合の初任給は培ってきた経験や役職によって左右される可能性が高いです。

テレビディレクターとしての経験があれば、新卒よりかは少し上か同じくらいの給与になるケースが多いです。しかし、経験なしで転職となると前職の給与よりも下がる場合があります。

給与水準に関しては勤務先によって異なるので、募集要項や面接の時にしっかり確認をしておくべきでしょう。

求人を探す際には給与以外の手当やボーナスなども確認

テレビディレクターを募集している所のほとんどが経験者を募集している所が多く、手当やボーナスも勤務先によってはボーナスの差がでる場合があります。

局によってボーナスが出ない所もあるので、ちゃんとボーナスがでるのか、役職によって諸手当が貰えるのか、昇給すれば給与アップも望めるのかは確認しておきましょう。

学歴が給与に関係してくる可能性が高い仕事

大手のキー局のテレビディレクターの場合、そもそも採用の時点で4年生大学卒業を条件にしていることが多いです。

また、給与についても専門学校卒業からADとして働き、そしてテレビディレクターになれたしても大卒に比べると給与の差がでる場合があります。

就職するためにも、そして給与アップのためにも学歴はテレビディレクターになるにあたって大事な要因の一つになるでしょう。

テレビディレクターの平均給与

テレビディレクターの平均給与は約30~40万前後

テレビディレクターの平均給与は、約30~40万前後となっており、初任給と同じく他業種と比較して高めの傾向にあります。

高めの傾向にある分、勤務時間に関しても拘束時間が長いのと、休日出勤もある過酷な仕事内容です。ボーナスも出ない所もあるので、就転職の際には平均給与以外の部分も考慮しておくべきです。

男女によって給与の差がでるケースも

テレビディレクターは男女によって平均給与が変わる場合もあります。平均的に男性が37万前後、女性の場合は28万前後となっています。男性に比べて、女性は結婚などの転機で現場を離れてしまうケースもあることから低めの傾向にあります。

しかし、テレビディレクターの仕事の結果は基本的には視聴率をとれているかによって評価されるので、女性であったとしても視聴率を高く上げることができれば、給与も男性と同じくらい上がる可能性があります。

経験や実績によっては給料アップにつながることも

ADの経験や、番組制作に携わった経験があるなど、経験や能力次第で給与面についても優遇してもらえる可能性があります。また、携わった番組が高視聴率を取れれば昇給もあり得るでしょう。

しかしテレビディレクターは実力主義な世界でもあるため、自分より若いディレクターが追い付いてくることもあり、視聴率をあげることができないと年収も下がってしまう可能性もあります。

そのため、常に流行や色んな情報にアンテナを張って、インプットとアウトプットが必要になるでしょう。

テレビディレクターの年収統計

テレビディレクターの平均年収は約400~1000万円前後

テレビディレクターの平均年収は約400~1000万円前後となっています。経験年数があがるにつれ、年収は上がっていきます。

高い人なら700万から最高額は1000万を稼ぐテレビディレクターもいる、給与面からみると高収入を目指せる夢のある職業ともいえるでしょう。

業種によっても年収の変動が有る

テレビディレクターの年収は業種によっても異なります。大手テレビ局の場合、1000万円以上の年収を貰っている人もいますが、地方の場合は最高額でも1000万円超えの年収をもらうのは難しいです。地方とキー局の年収の差は想像以上に大幅な格差があります。

さらに番組制作会社になると、テレビ局よりも年収は低めの傾向にあるため、年齢が上がったとしても500万~700万くらいとテレビ局にかなり差がでます。年収アップを目指すためにも、番組制作会社で経験を積んでキー局に転職することで年収をあげようと考えている人が多いです。

平均年収は働く場所の地域によっても変動

基本的には、平均年収と差はあまり出ませんが、都市部の方が平均年収は高いです。特に東京や大阪は他の県に比べると平均年収は高いです。他の県ですと500万円前後に対して、東京の場合平均年収は700~800万円と、他の県よりも平均年収が高めの傾向にあります。

しかし、地方であってもテレビ局の規模や番組制作会社かテレビ局の違いでも年収は変わってきます。特に番組制作会社のテレビディレクターはキー局、地方局のテレビディレクターより年収が低いので年収を上げるために転職する人が多いです。

独立してフリーランスになることで平均年収以上の年収の可能性も

テレビ局や番組制作会社で経験を積んでから年収を上げる、あるいはキャリアアップを考えてフリーになる人も多数います。高視聴率をとれる人気のある売れっ子テレビディレクターになれば年収1000万円以上もあり得ます。

しかし、仕事の依頼がなければ年収も会社で努めていた時より下がる可能性もあります。テレビ局、番組制作会社での経験作りはもちろん、独立後に仕事依頼がゼロにならないように人脈づくりを忘れないようにしておかないといけません。

独立するには自分の実力に自信があるというのが大事になります。時には運に左右されることもあるかもしれません。売れっ子テレビディレクターの道は簡単ではないですが、独立するまでに地道な努力を重ねて実力をつけ、自分を必要としてくれる人やファンを作っておくことで独立した後も成功できるでしょう。

テレビディレクターになるためにアルバイトを選ぶという方法も有り

正社員雇用として採用されなかったとしても、アルバイトとして番組制作会社やテレビ局でADとしの経験やスキルを上げてから、テレビディレクターを目指すのもひとつの方法です。

特に就きたい会社が大卒だけしか募集してない場合に、アルバイトという道をとって就きたい会社にそのまま正社員登用してもらおうとする人もいます。

メリットとしては、給与をもらいながら経験を積めるので、テレビディレクターになる際に給与面でも好待遇で正社員登用してもらえる可能性が高いことです。

テレビディレクターの給与・年収まとめ

テレビディレクターの年収は高め。しかし想像以上に過酷な仕事

テレビディレクターの平均給与・年収は比較的高いですが、体力と精神共に擦り減っていく程に大変な仕事です。勤務先によって各種手当や昇給の金額は差が出やすい職業です。

しかし、実力主義な世界だからこそ、実力が身についてくれば給与が上がることも見込めます。ハードな仕事ですが、テレビ業界が好きという強い思いで続けていくことができれば、いつか年収1000万円以上を得るということも夢ではない職業といえるでしょう。

テレビディレクターの参考情報

平均年収400万円~1000万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種テレビ・映画・映像

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

テレビディレクターの関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB