ブロックチェーンエンジニアの給料・年収はどれくらい?収入水準としては高い

ブロックチェーンエンジニアの給料・年収はどれくらい?収入水準としては高い

ブロックチェーンエンジニアとして働くとどれくらいの給与を手にすることができるのでしょうか。ブロックチェーンエンジニアは比較的新しい仕事であり、まだまだ成り手が少ない職業です。需要が大きい分、好待遇も期待されます。今回はブロックチェーンエンジニアの給与事情についてご紹介します。

ブロックチェーンエンジニアの初任給

初任給は28万円前後

ブロックチェーンエンジニアの初任給に関しては28万円前後が相場です。ブロックチェーンエンジニアとして働くためには相応の知識やスキルが必要です。

そのため初任給が高めに設定されているケースも多く、スキルがあれば若くして稼ぐことも十分に可能です。

一般的なシステムエンジニアよりは高い傾向

ブロックチェーンエンジニアの初任給は28万円前後が相場ですが、これは一般的なシステムエンジニアよりも高い傾向にあります。システムエンジニアとして就職する場合、初任給は21万円前後のケースが多いです。

会社によって差はありますが、ブロックチェーンエンジニアほど初任給を高く設定するケースは少ないでしょう。それだけブロックチェーンエンジニアにかかる期待が大きいことがわかります。

出典元:求人ボックス 給料ナビ

待遇に関しては実力主義の考え方が浸透

ブロックチェーンエンジニアの初任給を含めた待遇に関しては、基本的に実力主義の考え方が浸透していると認識して問題ありません。IT業界全体に言えることですが、年功序列の考え方よりも出した成果やアウトプットによって評価される仕組みが整っています。

つまり、年齢に関係なくスキルがあれば待遇も良くなる世界であり、反対に年齢を重ねていても見合った成果が出せなければ給与も下がるリスクがある世界です。

ブロックチェーンエンジニアとして活躍するためにはGo言語やC++、JavaScriptをはじめとして、多くの言語を扱うスキルが求められます。また、ブロックチェーン技術や暗号理論に関する知識も必要です。

それだけ多くの知識やスキルを要して行う職業であり、自身のスキルを磨き続けることが重要です。

ブロックチェーンエンジニアの平均給与の統計

平均月収は50万円~55万円前後

ブロックチェーンエンジニアの平均月収については、50万円から55万円前後が相場です。40代を迎えると50万円以上の月収を稼ぐ方が多くなり、実力やスキルに応じてインセンティブがつくケースもあるでしょう。

20代や30代といった若手でも実力次第で十分に稼ぐ余地のある職業です。30代に入ると40万円以上の月収を稼ぐ方が多くなるので、まずはその段階を目指してスキルを磨きましょう。

裁量労働のようなケースも多い

ブロックチェーンエンジニアの働き方としては、裁量労働のようなケースも多いことが特徴です。ITエンジニア全般に言えることですが、プロジェクト単位で稼働することが多いため、働いた時間よりも出した成果によって評価されるためです。

短期間でより多くのアウトプットを出した方が評価される職業です。反対に、いくら長時間働いてもなかなか思うような成果が出なければ組織内でも評価されません。

アウトプットを意識して働けるような人材は、ブロックチェーンエンジニアとしても大成しやすいでしょう。

ボーナスの平均は200万円前後

ボーナスの平均については200万円前後が相場です。経験が浅いうちでも年間100万円を超えるようなボーナスを受け取ることも可能であり、実績を重ねれば年間250万円近いボーナスも十分に可能です。

それだけ大きなお金を稼ぐチャンスのある仕事であり、金額に見合った成果を出せるかどうかがポイントです。

ブロックチェーンエンジニアの給与を上げる方法

ブロックチェーンエンジニアとしてさらに多くの給与を手にしたいと考える方も多いでしょう。相応の知識やスキルを持っていれば、より好条件を勝ち取ることも可能です。

具体的にどういった部分に力を入れれば良いのか確認しましょう。

ブロックチェーン技術の知識や理解を深める

給与を上げるためにはブロックチェーン技術の知識や理解を深めることがポイントです。分散型台帳技術や分散型ネットワークをはじめとして、さまざまな仕組みや設計を理解することでエンジニアとしても活躍できます。

ビットコインなどの暗号資産を扱う際にはデータベースに関する知識も必要とされます。取引の1つ1つをチェーンでつなげる考え方を含めて理解向上に努めることが重要です。

暗号に関する知識を深める

暗号に関する知識を深めることも大切です。ハッシュ関数や電子署名、公開鍵暗号や疑似乱数生成器など、暗号についての知識や理解があればブロックチェーンエンジニアとしての希少性を高めることができます。

その希少性が価値につながり高収入を得やすくなります。

扱えるプログラミング言語を増やす

ブロックチェーンエンジニアとして活躍するためには、さまざまなプログラミング言語を扱えることも重要です。C++やGo言語を中心に、JavaScriptやSolidityなど、複数の言語を高いレベルで扱うことができれば、その分需要も高まります。

言語と同様にサーバーやデータベース、ネットワークなどのインフラ関連のスキルもあると、ますます活躍の場が広がります。

関連資格を取得する

仕事に役立つ関連資格を取得することも1つの考え方です。具体的には以下のような資格取得がおすすめです。

  • ブロックチェーン技能検定
  • 暗号通貨技能検定
  • 応用情報技術者試験
  • プロジェクトマネージャー試験(PM) など

ブロックチェーンエンジニアは資格がなくてもなることができますが、資格を持っていることで客観的にスキルや実力をアピールできます。会社によっては資格手当を支給するケースもあるので、基本給の上積みを目指す上でもおすすめです。

プロジェクトのマネジメント側に回る

プロジェクトのマネジメント側に回ることも選択肢の1つです。経験が浅いうちはエンジニアとしてコーディングを行う時間が長くなりますが、経験や実績を重ねるにつれて、現場全体を統括するリーダーの役割を任されることもあります。

自分のことだけではなく、他のメンバーも動かせるようになれば自然と自身の立場や収入は上がります。そうしたマネジメントスキルを磨くことも収入を高める上では重要なポイントです。

ブロックチェーンの知識や技術について教える講師になる

ブロックチェーンエンジニアとしてある程度必要な知識やスキルを身につけられたら、教える側に回ることも選択肢の1つです。プログラミングスクールやブロックチェーン大学校などで、講師として働くことができます。

専業の講師になることもできますし、副業として講師を務めることでより多くの収入を得やすくなります。

スキルを活かして海外のIT企業で働く

日本企業でもトップクラスのスキルや実力がある方は、海外のIT企業で働くこともおすすめです。海外でもブロックチェーン技術を活用したエンジニアは重宝されており、数千万円規模の年収で採用されるケースも珍しくありません。

アメリカのシリコンバレーなどを中心に高みを目指すことも悪くないでしょう。

起業して経営者を目指す

ブロックチェーンエンジニアとして、起業して経営者を目指すこともできます。IT業界は比較的起業する方が多い業界でもあり、これまでの経験やスキルをもとに会社を立ち上げることも十分に可能です。

自身が経営側に回れば、事業の成果次第で多くの収入を得られます。会社に雇用されているうちから起業に向けた準備を行うことも有効です。

ブロックチェーンエンジニアの年収統計

平均年収は800万円~900万円前後

ブロックチェーンエンジニアの平均年収は800万円から900万円前後が相場です。30代で600万円から700万円前後を稼ぐエンジニアが多くなり、40代を過ぎると800万円台以上の年収を稼ぐエンジニアが多くなる傾向です。

もちろん、スキルや実績によってはさらに高年収を稼ぐことも十分に可能です。平均的に見ても高い収入を得やすい職業です。

年収1,000万円超えも十分に可能な職業

ブロックチェーンエンジニアとして経験を積むことで、年収1,000万円超えも十分に狙うことができます。ブロックチェーンエンジニアはまだまだ人材が足りていない職業であり、需要と供給のバランスが合っていません。

新しい技術が登場すると、それについていけるエンジニアがなかなか増えないという課題もあります。反対に考えれば大きなチャンスであり、新しい技術や知識を習得して実践的に活用できれば市場価値は一気に高まります。

ブロックチェーンエンジニアの奪い合いのような中で、各企業が提示する年収も高騰しやすくなるでしょう。ブロックチェーンエンジニアとして必要なスキルや知識を身につけることが大前提ですが、より高収入を得やすい環境が整っています。

将来的な成長も期待できる産業

ブロックチェーンの技術については将来的な成長も期待できるものであり、世界規模で利用されるポテンシャルがあります。これまでは暗号資産のための技術やインフラといった考え方を持つ人が多かったですが、今後は民間のサービスや国のプロジェクトとして活用されることが想定されています。

それだけブロックチェーンの技術に対する期待や信頼が高まっている証拠であり、ブロックチェーンエンジニアの需要もますます高まるでしょう。それに伴ってスキルを持ったエンジニアはより良い待遇で働けるチャンスを手に入れやすくなると予想されます。

政府の意向に沿った業界として需要拡大

将来的な期待や成長という部分では、日本政府の意向に沿った業界という点も頭に入れておきたいところです。2018年4月に経済産業省が「キャッシュレスビジョン」と呼ばれる施策を公表しています。

その名の通り、キャッシュレス化を推し進めるための施策であり、支払いや契約のやり取りなどをできるだけ現金以外の決済で行おうというものです。

キャッシュレス決済を行う際の課題となるのがセキュリティ面ですが、ブロックチェーンは不正や改ざんが難しい技術としても知られています。

キャッシュレス化を推進したい政府の意向とも合う技術であり、今後ますます多くの決済手段で利用される可能性があります。

ブロックチェーンエンジニアの給料・年収まとめ

ブロックチェーンエンジニアは将来性のある成長産業の仕事!

ブロックチェーンエンジニアは新しい職業でもあり、将来性や成長性を期待できる仕事です。まだまだ活躍するエンジニアが少ないのが現実であり、需要に対して供給が追いついていません。

その分、必要な知識やスキルを持って実践的に活用できれば高収入を手にしやすい職業です。システムエンジニアやプログラマーとして活躍している方がブロックチェーンエンジニアを目指すことも十分に可能です。

日本政府のビジョンや将来的なことを考えると、ブロックチェーン技術について知っておいて損することはないでしょう。待遇面を含めて、少しでも興味がわいた方は積極的にチャレンジしてみましょう。

ブロックチェーンエンジニアの参考情報

平均年収500万円~1000万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職業職種コンピューター

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ブロックチェーンエンジニアの関連記事

コンピューターに関する他の職業KANREN JOB