システムアナリストの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

システムアナリストの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

システムアナリストの年収は、600~1,000万円程度と言われており、優秀な人であれば、1,500万円程度の年収に達することもあります。平均給与は34~50万円程度で、残業代やインセンティブ報酬などを含めると100万円以上を貰っているシステムアナリストもいます。この記事では、システムアナリストの給与と年収事情を詳しく解説します。

システムアナリストの初任給はどれくらい?

初任給の平均は30~40万円程度

システムアナリストの初任給は30~40万円程度となっており、IT業界でも高い水準になっています。

というのも、システムアナリストになるまでには、システムエンジニアやプログラマーとしての実務経験が必要であり、システムアナリストになった時点で、すでに多くの実力と年齢を積み重ねていることが関係しています。

厚生労働省が発表している平成29年賃金構造基本統計調査によると、専門技術サービス業に従事する30代の平均月収は32~37万円となっているので、システムアナリストの初任給、30~40万円というのは悪くない水準です。

イノベーションコンサルタントやIT戦略部門に入れば50万円以上も可能

システムアナリストとして高い初任給を貰いたいのであれば、イノベーションコンサルタントやIT戦略部門に入ることを目指すといいでしょう。

インターネット上でもシステムアナリストの求人広告が掲載されており、IT戦略部門で働くシステムアナリストの初任給は35~45万円程度となっています。

また、就職する企業の規模や経営状態によっては50万円以上の初任給を貰える可能性もあります。

もちろん、高い初任給を貰うためには、システムエンジニアやプログラマーとしてどのくらいの経験値を持っているかが重要になりますが、大きな夢と可能性を与えてくれる職業なのは間違いありません。

システムアナリストの平均給与の統計

平均給与は34~50万円程度

システムアナリストの平均給与は34~50万円程度となっており、IT業界のエンジニアの中でも高い水準です。

20代後半でシステムアナリストになった場合、35万円程度の給与を貰い、30代で40万円、50代で50万円以上の給与を貰っているシステムアナリストも大勢います。

IT業界では、年功序列よりも実力が重視されるので、積極的にシステム開発に加わることや難易度の高いプログラミング言語を習得するなどのスキルを積み重ねることによって、平均サラリーマン以上の給与を貰える可能性があります。

経験を積めば月収100万円も夢じゃない

システムアナリストの平均給与は34~50万円程度ですが、より高いスキルと経験を身に付ければ100万円以上の給与に達することも可能です。

システムアナリストとして一番稼いでいる人の年齢は30代後半から40代後半と言われており、特別なインセンティブなどを合わせると月に100万円以上もらっているシステムアナリストもいるようです。

近年、IT業界でのエンジニアの需要は大きくなっており、コスト削減や作業の効率化を進めるために、新規のシステム導入を検討する企業が増えているようです。

導入するシステム一つで何億円ものお金が関係することもあるので、有能なシステムアナリストにはそれ相応の対価が支払われることになります。

残業代も給与アップのポイントに

勤務する会社によっても違いますが、システムアナリストは残業が発生しやすい仕事です。クライアントとの打ち合わせやプレゼンテーションを行うための資料作りなど、時間外に対応しなければならないこともあります。

残業代がしっかりと支払われる会社であれば、時間外勤務も給与アップの要素になります。厚生労働省の平成29年賃金構造基本統計調査における専門・技術サービス業を参照すると、平均の時間外労働は15~20時間となっており、システムアナリストの残業代もこれに準ずる形になるでしょう。

システムアナリストの平均年収の統計

平均年収は600~1,000万円程度

システムアナリストの平均年収は600~1,000万円程度と言われており、働く部門や担当するプロジェクトによって差があります。

通常のITエンジニアと比較すると100~200万円程度、高い年収水準になっており、ITエンジニアの最高峰に見合う年収額と言えます。

システムアナリストは通常のITエンジニアよりも大きなプロジェクトに参加するため、担う責任も大きくなりますが、頑張れば頑張るほど年収に反映されやすい職業です。

ITソリューション部門などに入れば、年収1,000~1,500万円も可能

システムアナリストが活躍できる部門はたくさんあります。その中でも、IT戦略部門やITソリューション部門、ERP(Enterprise Resource Planning)のパッケージ企画に関わるシステムアナリストの中には1,000~1,500万円以上の年収をもらっている人もいます。

大手企業であれば、毎月の給与に加えて、数か月分の賞与とインセンティブ報酬が加算される場合があります。大きなプロジェクトを成功させれば数百万円のインセンティブが発生することもあり、システムアナリストの平均年収が高くなっているのも納得できます。

システムアナリストとして独立する方法

システムアナリストとして十分に経験を積み、フリーランサーとして独立する方法もあります。成功すれば、雇われ時よりも高い年収を手にすることができるかもしれず、自分の可能性を大きく引き伸ばしてくれます。

システムアナリストとして独立するためには、なんと言っても実績が必要不可欠です。クライアントの立場から考えれば、ほかとあまり変わらない実力レベルであれば大手のITエンジニアを使いたいと思うはずです。

プレゼンテーションやシステム開発の経験とスキルの点で優位性を証明できて初めて、独立したシステムアナリストとして成功できます。

また、独立前に顧客とのコネクションを形成しておくことや副業として経営コンサルタント業務を経験しておくことも役立ちます。この点については、勤務会社のルールに則って行なう必要があります。また、独立はリスクの伴う決定ですから十分に検討したうえで実行しましょう。

システムアナリストの給与・年収まとめ

システムアナリストの給与・年収は働く部門や企画によっては1,000万円以上も可能

システムアナリストの給与と年収はIT業界でもトップクラスの水準で、34~50万円程度の給与、年収は600~1,000万円程度となっています。

さらに、担当する部門や企画によっては平均以上の年収を手にすることも可能となっており、システムアナリストの中には1,500万円程度をもらっている人もいます。

システムアナリストになるには、システムエンジニアやプログラマーとしての経験が必要なるので、大学や専門学校、通信制の資格スクールなどを活用するのが一般的です。

システムアナリストは、業務内容的に難易度が高く責任の多い仕事ですが、高額年収を手にすることができるため、挑戦する価値のある職業です。

システムアナリストの参考情報

平均年収600万円~1000万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種コンピューター

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

システムアナリストの関連記事

コンピューターに関する他の職業KANREN JOB