Webプログラマーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

Webプログラマーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

Webプログラマーの主な仕事は、ウェブアプリケーションのプログラミング、Webソフトウェア開発を行うことです。ただ作るだけではなくユーザーのニーズを考慮に入れて実用性の高いサービスを作り上げます。ホテルの予約サイトやネットショッピングサイトなど人々の生活を便利にするために自分のスキルと経験を活用することができます。この記事では、Webプログラマーの具体的な仕事内容についてご紹介します。

Webプログラマーとはどんな仕事?

普段の生活ではなかなか目につかないWebプログラマーという仕事。一体どのような仕事内容なのでしょうか。詳しく解説します。

インターネット上で動作するプログラムを開発する仕事

WebプログラマーとはWEBサイト用のプログラミング技術を駆使して、WEBサイトなどインターネット上で動作するプログラムを開発する仕事です。

ネット社会になっている今、Webプログラマーの需要は増加傾向にあり現代の社会においてなくてはならない職種ともいえるでしょう。

システムエンジニアが作り上げた仕様書をもとにCSSやHTML、JavaScript、PHPなどのプログラミング言語を駆使しながらWebサービスを作り上げていきます。集客力が高く、効果性の高いWebサービスを作り上げるためにはスキルと経験が必要になります。

インターネットのショッピングサイトやホテルの予約システムなどを作り上げるのもWebプログラマーの役目です。

将来的にも需要が残る職業ともいわれており、自分自身のスキルアップやキャリアアップに活かせる職業でしょう。

Webプログラマーは担当によって呼び名が変わる

Webプログラマーは担当する部分によって呼び名が変わることもあります。以下の3つの呼び名があります。

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアはユーザーとデーター交換を行う部分を担当し、サイト構築に関して最適な構造や技術を試行します。

Webデザイナーのアイデアを参考にしてJavaScriptやCSS、PHP、WordPressなどの構築を行います。また時にはディレクターやデザイナーと相談して効果性の高いサイトを作り上げるための技術サポートを行うこともあります。

HTMLコーダーの業務も兼ねながら、CMS構築やJavaScriptを使った高度なエンジニアがフロントエンドエンジニアとしての役割を行います。

バックエンドエンジニア

バックエンドエンジニアはシステムの裏側やサーバーに関係する業務を行います。

先ほどのフロントエンドエンジニアはユーザーの目に届く部分を担当しますが、バックエンドエンジニアはデータベースの運用や構築、サーバーとの通信確認作業、システムの実装を行います。つまりユーザーの目に触れない部分を担当する人という認識でいいでしょう。

バックエンドエンジニアにはC言語やC++などのバックエンド言語の使用が必須になります。また、インタプリタと呼ばれるPHPやRudy、JavaScriptなどの使用も熟知しておく必要があります。

Webプログラマーの裏方的な仕事になりますが、高い知識とスキルが求められます。

フルスタックエンジニア

呼び名からの想像できますが、サイトの構築や開発のすべての部分を担当するのがフルスタックエンジニアです。別名マルチエンジニアとも呼ばれており、開発のすべての部分を一人で行える人材のことです。

通常のWebプログラマーの場合、システムエンジニアやネットワークの専門家などと協力して作業を進めていきますが、ベンチャー企業など人材が不足している場合、すべての作業を一人で担当する必要が出てきます。

フルスタックエンジニアとして活躍できるWebプログラマーは将来的にはフリーランサーとして独立したり、大手企業のお抱えのWebプログラマーになる場合が多いようです。そうなれば年収も大幅にアップしますし、キャリアアップを期待できます。

Webプログラマーが働ける場所

Webプログラマーとして知識とスキルを身に着けたら、どこで働くことができるのでしょうか。Webプログラマーが活躍している場所をまとめました。

Web制作会社

Webプログラマーの就職先で一番人気ともいわれているのがWeb制作会社です。Web制作会社ではサイトの制作と構築を専門に行っており、変化の激しい世界の中でエンジニアがしのぎを削っています。

基本的にはディレクターとデザイナーが作り上げたものをインターネット上で表示させるのがWebプログラマーの仕事になります。プルダウンやアニメーションなども駆使しながら集客アップを図ります。

インターネット業界は日進月歩と言われており、新しいサービスが次から次に出てきているので自分のスキルアップに適している職場でしょう。

システム開発会社

システム開発と言っても多種多様な分野があります。スマートフォンのアプリを開発する会社やWebシステムの開発を手掛けている企業もあります。Webプログラマーとして経験とスキルを持っている場合、幅広い分野のシステム開発に対応することが可能でしょう。

例えば、システム開発会社ではWebサイトの作成を部分的に、また総合的に手掛けることがあります。サイトでよく目にするのが会社の紹介ページや新サービスの案内表示などです。

また、ショッピングサイトで目にする商品購入サイトや旅館や美容エステなどの予約サイトの作成にもWebプログラマーは活躍できるでしょう。集客率を高めたり、商品の購入意欲を高めるためのデザインや構成がWebプログラマーには求められます。

ソーシャルゲーム業界

ソーシャルゲーム業界ではプログラマーの需要が大きくなっており、Webプログラマーとして活躍してした人が転職する場合もあるようです。

新しいゲームを開発するためには効果音やBGM、ゲームの工程などが必要になります。話題性の高いゲームの開発を行えるようにWebプログラマーには独自の発想と効率よく作業を進めている能力が必要になります。

Webプログラマーに資格は必要?

結論からいうとWebプログラマーは資格がなくてもなることができます。必ず必要な資格というものはなく、プログラミング言語やサイト構築に必要なスキルと経験を持っていればWebプログラマーとして活躍することができます。

しかし、Webプログラマーに関係する資格を持っておくと自分を効果的にアピールすることができますし、自身のスキルと経験を証明することになるでしょう。一般的にWebプログラマーと関係する資格は以下の通りです。

  • 情報処理技術者試験
  • PHP技術者認定試験
  • Oracle Certified Java Programmer
  • Ruby技術者認定試験

将来的にWebプログラマーとして活躍したいと思っているのであれば、上記の資格に挑戦してみてもいいでしょう。もし合格すれば就職・転職に有利になるでしょう。

細かい作業を集中して行うことが必要

Webプログラマーの仕事は小さなミスでも大きなエラーにつながりかねない作業の繰り返しになります。パソコンの前に座ってコツコツとプログラムを組み立てていきます。小さな仕事でも根気強く最後まで続ける集中力が必要です。

会社によっては大きなプロジェクトを抱えることもあり、その際はクライアントの要望などをWebプログラマーが直接確認することもあります。自分一人で黙々と作業できるだけでなく、ある程度のコミュニケーション能力も必要になります。

Webプログラマーの具体的な仕事内容

Webプログラマーの仕事は魅力あるWebサービスを作り上げること

Webプログラマーの仕事を端的に表現するなら、魅力あるWebサービスを作り上げることと表現できるでしょう。

どのように表現すれば集客できるのか、どのような配置にすれば購買意欲を高められるかなどを考えてWebサービスを作り上げます。

しかし、Webサービスが出来上がるまでにはいくつもの工程があり、Webプログラマーは現場でそれらのステップを踏んで作業します。具体的に解説します。

プログラミングとコーディング

Webプログラマーが行う基本的な作業の一つがプログラミングとコーディングです。コーディングとは事前に準備されている設計書や仕様書に基づいてプログラムをくみ上げていくことを意味します。

またプログラミングはWebサービス全体の仕上がりを考えながらプログラムを作り上げていくことです。これらの作業を行うためにはプログラミング言語の使用が必要になります。

RudyやPython、PHP、JavaScriptなどの主流のプログラミング言語を習得しておくと対応力に幅を利かすことができます。

画面の作成

Webプログラマーはユーザーが実際に見る画面を作り上げます。デザイナーが書き上げたものをWebサービス訪問者から見て分かりやすいものにするために、レイアウトの調整やテキストの変更などを行ないます。

Webプログラマーが制作するのは静止画だけでなくアニメーションなどを取り入れることもあります。画面の作成はWebサービスの顔ともいえる部分なのでWebプログラマーの腕の見せ所と言ってもいいでしょう。

実際、Webサービス内の文字の配置や画像の選択で集客率が変わったり、ショッピングサイトであれば購買効果も変わってくるようです。Webプログラマーが行う画面の作成は非常に重要な部分です。

サービス機能の追加作業

ユーザーにとって使いやすい仕様にするためには実用性の高いサービス機能を付け足していかなければいけません。

ユーザーの具体的なニーズを判別してWeb上に追加していくのもWebプログラマーの仕事です。サイト内の検索窓の設置や決済機能を追加して購買意欲を高めることを目指します。

テスト検査

構築したプログラミングが問題なく作動するかどうかを確認する作業もWebプログラマーの仕事の一環です。プログラミングの性能をチェックするため、Webプログラマーはテストコードを呼ばれるものを作り、バグがないかの判別と修正を行います。

要件定義の打ち合わせ

クライアントからの要求に対応することが求められる要件定義の打ち合わせはSEなどの上流職種の専門家が担当することが多いようです。

しかし、実績がありクライアントからも信頼を得ているWebプログラマーの場合、要件定義の打ち合わせの場にも出席して、質の高いWebサービスの構築に貢献します。

Webプログラマーは現場で追加った知識や経験を活かし、SEをサポートする形で要件定義を進めていきます。信頼されているWebプログラマーだからこそ成せる仕事の一つです。

Webプログラマーの仕事のやりがい

細かい作業と根気強さが求められるWebプログラマーですが、どのようなやりがいがあるのでしょうか。実際のWebプログラマーの意見を参考にしてまとめました。

プログラミングが完成した時の達成感

Webプログラマーが大きなやりがいを感じるのはプロジェクトが完成した時でしょう。

何カ月もかけて仲間と共に作り上げてきたプログラミングが完成し、クライアントに納品された時にはほっとした気持ちになると同時に大きな達成感を味わえます。

自分の手掛けた作品がネット上に公開され、大きな反響を受けた時は「この仕事をやっててよかった!」と感じるでしょう。

Webプログラマーはデザイナーやディレクターなどと力を合わせて仕事を行います。仲間意識が強くなりますし、共に喜べる同僚がいることでさらにやりがいの度合いも強くなるでしょう。

人の役に立つWebサービスを作ることができる

Webプログラマーが作り上げるWebサービスは人々の生活を便利にするものです。買い物をしやすくしたり、困りごとを解決することができます。人の役に立っているという満足感は何にも代えがたいやりがいを与えてくれるでしょう。

例えばホテルの予約サイトを作成している時、このサイトがどのようにユーザーに使用され、多くの人の生活に影響を与えるのかを想像しながらプログラミングを完成させていくWebプログラマーも多いようです。

そのようなモチベーションが品質の向上にもつながりますし、Webプログラマーとしてのスキルアップの原動力にもなります。

将来的に大きなキャリアップが見込める

インターネットの普及が進むにつれてWebプログラマーの需要は大きくなっていくでしょう。最近では人工知能AIの研究も進んでいますが、やはりプログラミングの世界では人間の技術力の方が勝っているようです。

ITの技術が日進月歩で変化している中でWebプログラマーの仕事が無くなることはないともいわれています。若くてもスキルと経験を積み、クライアントから実力を認められている場合、大きなプロジェクトに参加して自分の名を広めることもできます。

最終的にはフリーランサーとして独立し、年収1000万円以上を目指すこともできるでしょう。将来的に大きな可能性のある仕事と言えます。

自分のイメージしたものを作品化できる

Webプログラマーの強みは自分のイメージしたものを作品化できることです。こんなWebサービスがあったら便利だな、もっとこうした方が使いやすいのに…という閃きを実際に作り上げていくことができます。

それらをくり返すうちに知識とスキルの向上して、他には負けない独創性の高いWebプログラマーになれるかもしれません。自分がイメージしたものを作品化していくうちに仕事の引き出しが増え、技術力の高いプログラマーを目指せるもの大きなやりがいの一つです。

Webプログラマーの仕事内容まとめ

WebプログラマーはWEBサービスの基盤を構築する専門家

Webプログラマーの仕事は、インターネット上のサイトなどWebサービスを作り上げることであり、世の中の役に立つ職業です。

ユーザーの旅行や買い物を手助けすることになり、自分の仕事が人々の役に立っていると実感しながら働くことができるでしょう。

また、経験と知識をしっかりと蓄えれば独立の道もありますし、大企業からの引き抜きの可能性もあります。

大きな可能性を与えてくれるWebプログラマーですから、興味のある方は一度トライしてみるといいでしょう。

WEBプログラマーの参考情報

平均年収350万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種コンピューター

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

WEBプログラマーの関連記事

コンピューターに関する他の職業KANREN JOB