システムアナリストの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

システムアナリストの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

システムアナリストの仕事内容は、IT開発における最上流工程に関わるもので、システム導入のための評価や解析を行ないます。クライアントが抱えている問題を的確に把握して、作業を効率化するためのシステム導入などを提案します。その際、企業の役員陣が納得できるようにプレゼンテーションするのもシステムアナリストの仕事です。この記事では、システムアナリストの具体的な仕事内容、やりがいなどについてご紹介します。

システムアナリストとはどんな仕事?

ITのシステム開発において最上流工程を担当するのがシステムアナリスト

システムアナリストの仕事内容とは、ITのシステム開発において最上流工程を担当するものです。端的に言うと、クライアントが抱えている問題点を把握して、解決するためのシステム開発の導入などを提案します。

また、システムアナリストはシステムの分析や評価、解析を行うので、システムプランナーやシステムデザイナーと呼ばれることもあります。

システムエンジニアよりもさらに高度なスキルと知識が必要になり、システムアナリストの仕事を全うするためには、ITエンジニアとしてトップクラスの技術力が求められます。

営業に同行して、システム開発をプレゼン

システムアナリストは営業担当者に同行して、クライアントに対してヒアリング、課題改善のためのプレゼンテーションを行ないます。

現在、使用しているシステムの改題点や解決方法を提示して、新規のシステム開発を導入することでどれほどの効果が上がるのが専門家の立場から説明します。

例えば、どの部分にコンピューター制御を導入すれば効率よくなるのか、既存のシステムのどの部分を新しくすればコスト削減につなげることができるのかを分かりやすく解説します。

IT業界に詳しくないクライアントに対しても、熱意あるプレゼンテーションを行うためには高いコミュニケーション能力が必要です。

システムアナリストのプレゼンテーション

システムアナリストはクライアントの課題を聞き出し、ライバル企業と差をつける方法や企業システムの課題をプレゼンテーションします。例えば、以下のような問題について話し合います。

  • 営業マンが管理しているエクセルデータを共有するのに手間と時間がかかっている。総務でデータをグラフや表にして役員に提出するのに人件費がかさんでいるので解決したい
  • 企業プロジェクトの進捗状況をメールで行っており、全体との協調性が取れていない
  • お客からのクレームが届いたときの管理方法がまとまっておらず、サービス向上につなげられていない
  • インターネットを利用した電子決済を導入したい

システムアナリストは企業規模や社員数、バジェットを考慮したうえで最適なシステム企画の導入を提案します。

システムアナリストが活躍できる場所

システムアナリストは、ITコンサル会社やIT企業など幅広い場所で活躍できます。ITのコンサルティング業務を担当している企業のなかには、開発部門を設置せずにアドバイスのみを行っている企業やIT戦略の立ち上げからシステム開発までを総合して請け負う会社もあります。

また、大手のIT企業から独立して、特定のクライアントにコンサルティングをする場合やシンクタンク系コンサルティングファームとして民間企業にコンサルを行う企業も少なくありません。他にもシステムインテグレーターやベンダー企業で活躍するシステムアナリストもいます。

システムアナリストの主な仕事内容

ITエンジニア業務

システムアナリストはITエンジニアとしてITシステムの評価や分析を行います。

例えば「過剰な費用が掛かり維持・運用が難しい」「クライアントが上手に使いこなせない」など、既存のシステムが抱える課題に、ITエンジニアとして介入し、解決のための提案を行います。

新しいシステムを導入した方がいいのか、それとも既存のものを修正することで効果性が上がるのか、システムアナリストとして分析して、解決策を提示することで新規顧客の獲得につなげます。

システム開発の研究

システムアナリストは、現場での問題解決を図るだけでなく、IT研究者としての役割も果たさなければいけません。移り変わりの速いIT業界において、的確な提案と解決策を提示するためには、トレンド傾向や業界内の状況などを把握する必要があります。

また、システムアナリストとして知名度を上げるためには、クライアントの業績を伸ばす必要がありますが、将来のITとビジネスの関わりを幅広く展望できる視野が必要です。

コンサルティング業務

コンサルティング業務に力を入れている企業で働くシステムアナリストの場合、営業先のクライアントが抱えている問題を的確に指摘して、解決策を提示する必要があります。

ITコンサルとしての手腕を発揮するためには、高度なコミュニケーション能力が必要です。専門性の高い話題をどのように分かりやすく解説するか、例えや図表、絵などを使って説明する必要もあるでしょう。

新規クライアントの開拓

システムアナリストは、システムの開発だけを請け負うのではなく、新規クライアントの開発営業も手掛けます。基本的には営業マンに同行することになりますが、ITの専門家としての営業力が問われます。

特に、これまでシステム開発を行ったことないクライアントに対しては、システム化にすることでどのくらいの効果が見込めるのか、問題点の解決にはどのくらいの費用が掛かるのかなどを説明します。システムアナリストは、営業マンとしての仕事もこなさなければいけません。

システムアナリストの仕事のやりがい

ITのスペシャリストとして働ける

システムアナリストは、IT・クライアントの経営・ビジネス運用に至るまで、広範で総合的な理解が求められる、高度な専門性が必要な仕事です。

必要なスキルと経験も特別なものが求められますが、ITのスペシャリストとして、自分の能力を総動員して働くことができる感覚はシステムアナリストならではと言えるでしょう。

この仕事は、システムエンジニアやプログラマーとしてIT業界に入り、スキルと経験を磨き上げてきた人だけが到達できる領域です。高い技術力でクライアントを満足させられた時、深い満足を覚えることができます。

高い年収が期待できる

個人差がありますが、システムアナリストは高額年収が期待できる仕事です。平均年収は550~650万円程度と言われており、IT戦略に関わるプロジェクトを成功させればインセンティブとしてさらに報酬を受け取れる場合もあります。

さらに、システムアナリストとして実績を積み重ね、大手の外資系の企業などで働く場合、1,000万円以上の年収に達することも可能です。

十分な実力を備えた後、フリーランサーとして独立し、自分の会社を立ち上げることも夢ではありません。大きな可能性を与えてくれるのもシステムアナリストならではのやりがいです。

ITの高度な知識を学習できる

システムアナリストの仕事内容には、関係する業界情報やIT界の展望など、幅広い知識と視野が必要です。そのため、IT界の知識を幅広く取り入れていきたいと思っている人にとっては知識欲を満たせるのでやりがいになります。

特に、新しいクライアントに提案書を提出する時には、業界のビジネス環境やライバル会社の業績などを考慮する必要があり、ITエンジニアとしての知識が深まれば深まるほど、システムアナリストとして活躍できます。

ビジネスパーソンとして活躍

システムアナリストは、社長や経営者、役員陣と接する機会が多いので、ビジネス思考を持っている人の影響を受けて成長できます。

接する人たちの経営視点やマネジメント思考など、ビジネスパーソンが持つ能力を間近で感じることによって自分自身のビジネス思考を開花させることが可能です。

特に、経営陣を相手にプレゼンテーションを行なうときには、よく勉強しなければいけません。ビジネスパーソンを納得させるために自分の能力に磨きをかけることで、将来、独立のきっかけを作ることができるでしょう。

システムアナリストの仕事内容まとめ

システムアナリストの仕事は、コンサルティング業務や新規営業も担う

システムアナリストの仕事内容はIT界における最高峰と言ってもいいでしょう。

ITエンジニアとして、システム開発やプログラミングを手掛けるだけでなく、システム導入のためのコンサルティング業務や新規開拓営業も担当します。

クライアントが抱える問題の解決策を提示するためには、コミュニケーション能力やITの高度な知識が求められます。システムアナリストは高いスキルと経験が必要になる仕事であり、高い年収を目指すことも可能です。

IT界に興味があり、自分の可能性を最大限に伸ばしたいと思っている人にはおすすめの職業です。

システムアナリストの参考情報

平均年収600万円~1000万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種コンピューター

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

システムアナリストの関連記事

コンピューターに関する他の職業KANREN JOB