Webプログラマーになるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

Webプログラマーになるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

Webプログラマーになるためには特に資格などは必要ではありません。そのため、誰でもなることができます。ただし、集中力やプログラミングの知識などの適性は必要です。プログラミングは、大学や専門学校で基本的な知識を習得することができますし、民間の講座を受講することもできます。この記事では、Webプログラマーになるために知っておくべきことをご紹介します。

Webプログラマーになるには何が必要?

Webプログラマーに資格は不要!プログラミングを学ぶ姿勢が必要

Webプログラマーになるために絶対に必要な資格というものはありません。未経験でも就職できる可能性があります。インターネットの求人媒体やハローワークなどで検索して、未経験可と記載されている場合、挑戦してみてもいいでしょう。

企業によっては新人研修が充実しており一からノウハウを教えてくれる場合もあります。インターネットの使用が定着している昨今、Webプログラマーの人気は上昇傾向にあります。

将来的にも大きな可能性のある仕事ですから興味があるなら、初心者だから…という理由であきらめずトライしてみるといいでしょう。

企業によってはスキルと経験が重視される

Webプログラマーは無資格でもなることができますが、会社によっては経験値とスキルが重視される場合もあります。

Webプログラマーはプログラミングコードを駆使してWebソフトウェアを作り上げていくため、デザインやプログラミング言語に関する知見があれば就職・転職に有利になるでしょう。

特に大手企業の場合は未経験者の採用は行っておらず、経験者やWebプログラマーに関連する資格を持っている人に限っている場合もあります。

近年Webプログラマーの人気は高まっているので、他者との差別化のためにもスキルと経験が必要になる場合もあります。

プログラミングに関係する資格試験に合格すれば一歩リード

Webプログラマーになるにはプログラミングに関係する資格を持っておくと就職や転職の際、有利になります。

プログラミングに関係する資格はたくさんありますが、どのような資格を持っておくと有利になるのか詳しくご紹介します。

情報処理技術者試験

情報処理技術者試験は独立行政法人情報処理推進機構が開催している国家試験であり、情報処理の能力を試験します。

春と秋の年二回試験が開催されており、合格することで情報処理に関して一定レベル以上の知識をスキルを持っていることを証明できます。

また、この試験に合格したらもう一段階上のIPA応用情報処理技術者試験に挑戦してみてもいいでしょう。経験のあるプログラマーやシステムエンジニア向けに開催されており、技術力だけでなく管理・経営に関するノウハウまで学習します。

ITの業界において、高度な人材向けに用意されている資格をもっていればWebプログラマーとしても十分にアピールできるでしょう。

Oracle Certified Java Programmer

Oracle Certified Java ProgrammerはJavaの認定資格となっておりゴールド、シルバー、ブロンズの3段階に分類されています。

試験を受けたい人のレベルに合わせて受検できるためIT業界ではよく知られている資格試験です。

また、絶対に合格したい人のための研修制度も設けられているのでそれらを活用することもできます。

PHP技術者認定試験

PHP技術者認定試験には初級・上級などのレベルが設けられており自分の実力に合わせて試験を受けることができます。

PHP技術者認定機構が認定している試験なので、合格することで就職や転職の際、有利になるでしょう。

Ruby技術者認定試験

Ruby技術者認定試験はシステム開発に関係する知識と技術を証明できる認定試験であり、Rudyベースの問題が提出されます。この試験には二種類のコースがあります。

  • Ruby Association Certified Ruby Programmer Silver
  • Ruby Association Certified Ruby Programmer Gold

また、さらなる高みを目指す方のための上級者コースの設置も検討されているようです。

Webプログラマーに向いている人、適性がある人

Webプログラマーは資格がなくてもなることができますが、適性や素質は求められています。

適性を備えていない人がWebプログラマーになっても短期間で辞めてしまうかもしれませんし、自分の仕事に喜びを感じることが難しいかもしれません。

Webプログラマーになるためにはどのような適性が必要なのか詳しくご紹介します。

プログラミングに関する知識がある

Webプログラマーは、仕事の大部分をプログラミングに費やします。一からプログラミングを学習して習得することもできますが、ある程度の基礎知識を持っている人の方が馴染みやすいでしょう。

大学や専門学校では実用的なプログラミングの基礎を学ぶことができます。Webプログラマーとして活躍するためにはプログラミング言語の習熟が不可欠ですし、技術力も求められます。

すでに大学などでプログラミングに関する知見を深めているのであれば、適性があると判断できるかもしれません。

プログラミングが好き

好きこそ物の上手なれということわざもありますが、なによりもプログラミングが好きでないとWebプログラマーとして活躍することは難しいでしょう。プログラマーは長時間パソコンに向き合ってコードを書き、プログラムを打ち込んでいきます。

長時間の作業が楽しいと感じるかどうかは、プログラミングが好きかどうかによって変わってきます。好きな人は自然に作業に集中できますし、仕事量も増えていきます。

結果としてスキルが向上し、大きなプロジェクトも任してもらえるようになります。自分がプログラミングの仕事をどう思っているのか、客観的に見つめなおしてみるといいでしょう。

学習意欲が高い

Webプログラマーとして成功している人の多くは学習意欲の高い人です。ある程度のスキルと経験を得たとしても、日々進化するネット業界に後れを取らないために日々学習を続けています。

特別な資格が必要ではない分、完全な実力社会と言ってもいいでしょう。実力を保持するためには、新しい言語の学習やプログラミングのスキルを磨き、向上させていく必要があります。

忙しい仕事の合間を縫って学習を続ける人が一流のWebプログラマーとして成功することができ、高額収入を実現させることができるのです。新しいことに挑戦する態度や、苦手な分野を克服する努力などが適性として必要になるでしょう。

論理的に物事を考えられる人

プログラミングはすべて論理的な回路に基づいて設計されます。一部分でもミスがあれば必ずエラーが発生しますし、問題を解決しないかぎり作業が中断してしまいます。

どんな優秀なプログラマーでもエラーが発生します。その時、エラーの原因は何か、修正するためにはどこを調整しなければいけないのかなどを迅速に見極める必要があります。

物事を論理的に考えられる人の方がエラーがバグの修正に対応しやすいと言われており、Webプログラマーとして欠かせない適性となります。

大きな壁にぶつかったとしても冷静に一つずつ問題を解決していく論理的思考は大きな武器となるでしょう。

コミュニケーション能力が高い

Webプログラマーは人と話さず黙々とプログラミングをしている…そんなイメージを持っている人も多いかもしれません。しかし、プログラミングの仕事を完成させるためには他の部署との連携が重要になり、個人プレーというよりはチームプレーが重視される場合が多いようです。

会社全体で意思を通わせる必要があったり、クライアントと話し合いお互いのイメージをすり合わせることも求められます。自分一人では問題を解決できない時、他の人にアドバイスを求めたり、援助を依頼する必要もあるでしょう。

コミュニケーション能力が不足しているといつまでも自分一人で問題を抱え込んでしまい、プロジェクト全体のスピードが遅くなるかもしれません。Webプログラマーとして成功するためには意思疎通の能力が求められます。

基本的な英語力を持っている人

Webプログラマーとしてプログラミングを行うときは英語を使用します。と言っても英検などに出てくるような高度な英語力が求められるわけではありません。基礎的な英語力とアルファベットに対する苦手意識がなければ大きな問題にはならないでしょう。

しかし、英語は大の苦手、アルファベットを見るのも嫌という人は少し難しいかもしれません。プログラミング言語やコードの学習の前に英語でつまづいてしまい、挫折してしまう可能性があります。

もし英語に対する苦手意識を持っているのであれば、早い段階で克服できるように英語に触れる時間を増やしておくといいでしょう。

将来的に独立したいと思っている人

すべてのWebプログラマーが独立するわけではありませんが、実力が伴ってきた段階でフリーランサーとして活動することも可能です。独立して成功すれば年収1000万円以上も夢ではありません。

何事も向上心のある方が上手になります。将来高額収入を得るため独立したいと思っている人は自分から意欲的にプログラミングの開発に取り組みますし、いろいろな仕事に挑戦していくでしょう。

挫折を経験したとしてもそれらを乗り越える動機付けにもなります。将来的にキャリアップを図り、高い報酬を得たいと思っている方は挑戦してみるといいでしょう。

集中力がある

Webプログラマー仕事には集中力が必要です。パソコンに向かい正確にコードを書き続けるための集中力は適性の一つと言えます。

この仕事に限ったことではありませんが、一つのことに集中できる素質はどの仕事でも成功する要素になります。

多くのプログラマーが実感していることですが、長時間椅子に座って作業し続けるというのは誰にでもできることはありません。

あなたに長時間の集中力があればWebプログラマーとしての適性を備えているのかもしれません。

想像力が高い

インターネット上のサイトを作り上げていくために想像力は不可欠です。ユーザーにとって実用性のあるサイトとはなにか、どのようなシステムであれば利便性が増すのかなどはエンジニアの想像力から生まれるものです。

また、プログラミングをするときにも入力するコードとシステムの動作関係を想像しながら作業するとミスも少なくなるでしょう。

自分の行動の結果がどのように反映されるのかをリアルに想像できるかどうかがWebプログラマーとしての成功に関係してくるのです。

物を作るのが好き

Webプログラマーはサイトを作り上げる仕事なので、モノ作りが好き!という人が向いています。

価値あるものを作るためにはクリエイティブ性が重要になってきますが、強いられてモノづくりを行っていても他者を魅了するような創造性は生まれません。

ただ機械的に同じ作業を行っていればいい、という感覚ではWebプログラマーとしてのモノづくりは成功しにくいのです。

手掛けるプロジェクトによって使用する言語も異なりますし、コードの使い方も変えていかなければいけません。モノづくりが好きな人であればそれらを楽しみながら行えるでしょう。

Webプログラマーになるための学校や講座

Webプログラマーとして活躍したいのであれば、学校や講座を受講するのが近道でしょう。成功するための学校選びを解説します。

大学または短大卒は、一流企業への就職で有利になりやすい

Webプログラマーになるために大学または短大に行くのであれば、情報系学部か理工学系の学校になるでしょう。

大学・短大はWebプログラマーになるための勉強というより、プログラミングや情報処理に関する知識を技術を習得することになります。

幅広い知見を深めた後でWebプログラマーとして就職することになります。一流企業では大学・短大卒業の新卒Webプログラマーを積極的に採用している場合があります。

最近ではWebプログラマーになるための学科を導入している学校もあるようですから、どのようなカリキュラムが取り入れられているのか事前に確認しておくといいでしょう。

専門学校に比べて時間がかかるというデメリットがありますが、しっかりと基礎を押さえておきたいという人にはおすすめです。

専門学校は、プログラミング関連の資格取得が比較的容易

Webプログラマーとして活躍したいしたい場合、専門学校に通うという方法もあります。大学に比べてより実践に近い形式で授業が行われ、就職したのち即戦力となれるように訓練されます。

プログラミング言語だけでなく、データベースやネットワーク関連のカリキュラムも設けられており、幅広い知識を身に着けることができます。

なお、専門学校によって習得できるプログラミング言語は異なってくるので、どのようなカリキュラムが組まれているのか事前に確認しておきましょう。

また、専門学校にもよりますが、資格取得をメインに掲げている学校もあります。Webプログラマーに関係する資格を在学中に取っておくと自分を有利にアピールできますし、Webプログラマー以外の職種に転向することもできるでしょう。

大学卒業者に比べると給与が低いというデメリットがありますが、より実践的な環境で学習したいという方におすすめです。

民間のWebプログラマー養成講座で学習

Webプログラマーとして活躍したいけれど大学や専門学校に通う時間がないという方は、民間のWebプログラマースクールに通うという方法もあります。

Webプログラマーの需要が増えている傾向を受けて民間のスクール数も増えており、講座内容も充実しています。プログラミング言語に関する知識だけでなく、資格取得に力を入れているスクールもたくさんあります。

基本的にはオンラインで授業を受けて、教科書を見ながら授業を進めていくタイプが多いようです。ある程度の基本知識を持っている人から全くの初心者まで、個人レベルに合わせた授業が行われますので興味のある方は資料請求などをしてみるといいでしょう。

大学や専門学校に比べて費用も安くすみますし、比較的短期間で基礎的なことを学ぶことができます。社会人の方や、忙しくてまとまった時間が取れないという方におすすめです。

Webプログラマーになるには?まとめ

Webプログラマーは経験とスキルが重視される世界

Webプログラマーになるためには特別の資格は必要ではありません。やる気と適性が備わっていれば誰にでもチャンスがあります。

大学や専門学校でプログラミングの基礎を学習しておけば就職に有利になりますし、会社に入ってからも即戦力として活躍できるでしょう。

今後もインターネット業界は進展していくと思われますからWebプログラマーの需要が大きくなっていくと思われます。

自分の可能性を最大限に活かしたい方は挑戦してみるといいでしょう。

WEBプログラマーの参考情報

平均年収350万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種コンピューター

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

WEBプログラマーの関連記事

コンピューターに関する他の職業KANREN JOB