Webプログラマーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

Webプログラマーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

Webプログラマーの初任給は20万円前後となっており、IT業界の平均水準となっています。また、年収は350万から500万円程度になる見込みです。経験とスキルが重視される業界なので、役所勤務のサラリーマンのように勤務期間が長くなれば自動的に給料が高くなるというわけではないようです。プログラミング言語の習得や独自の発想力を極めていけば、サラリーマンの平均年収以上を得ることもできるでしょう。

Webプログラマーの初任給

Webサービスの基盤を構築するWebプログラマーの年収、給与はどのくらいなのでしょうか。まずはWebプログラマーの初任給に関して解説したいと思います。

Webプログラマーの平均初任給は20万円前後

就職する会社や個人のスキルによっても多少の違いが出てきますが、平均的なWebプログラマーの初任給は18~22万円程度となっています。コンピューター系の仕事と比較してみても平均的な初任給と言えるでしょう。

新卒採用で就職する場合は、大学や短大・専門学校を卒業したのちの就職する人が多いようです。在学中、プログラミングに言語に関係する資格を取得しておくと就職採用での評価で有利に働きますし、場合によっては給与面での待遇を受けることができるケースもあるかもしれません。

Webプログラマーは無資格で始めることができる仕事ですが、スキルと経験が重視される職場です。資格取得のための勉強や経験を通じ、しっかりした土台を据えておくことで、将来的なキャリアップにつながる可能性は少なくありません。

高い初任給を目指すなら大卒が有利

Webプログラマーに限ったことではありませんが、高校卒業者よりも大学または短大卒業者の方が初任給が高くなります。一概には言えませんが、1万円から1.5万円ほど高い場合もあるようです。

大学では就職した際、即戦力として活躍できるように専門的な教育を受けます。特定の専門学校の場合は、プログラミングの資格取得に特化している場合もあり、就職してからの活躍が期待できるというのが初任給が高い理由です。

大手のシステム会社やWeb制作会社では、大卒者のみを採用しているところもあるようです。未経験から始められる職業とはいえ、ある程度の経験を知識を求められることもあるでしょう。

大都市の方が初任給が高い

厚生労働省が発表している都道府県別の平均給与比率を参考にすると、大都市の方が地方都市よりも初任給が高い傾向があります。

Webプログラマーの業界でも東京や大阪、福岡などの大都市で就職した方が初任給が数万円高い傾向があります。

大都市にオフィスを構えている企業の場合、初任給が23万円以上に設定されていることもありますが、地方になると20万円以下で求人が掲載されている場合もあります。

もちろん、初任給が低くてもキャリアを積んで実力が認められれば、高額収入を実現させることも可能です。コツコツ地道に頑張りましょう。

Webプログラマーの平均給与の統計

Webプログラマーの平均給与は30~40万円

Webプログラマーの平均給与は30~40万円前後といわれていますが、あくまでも平均的な数値になっており、勤務する会社や個人の力量によって大きく変わってくるようです。

参考までに企業のレベルによって給与がどのように異なるのかまとめました。

企業別Webプログラマーの参考給与

企業規模 平均月額給与
大企業のwebプログラマー 35.5万円
中企業のwebプログラマー 29.4万円
小企業のwebプログラマー 26.6万円

やはり、大企業に勤めるWebプログラマーになれば35万円程度の平均給与がありますが、小規模企業であれば26万円程度の給与と、大中小と多くの会社がある分、企業規模によって給与にも差は出ます。

国税庁が発表している民間給与実態統計調査によって示されているサラリーマンの平均給与と比較すると、平均的な水準という結果になります。

取り扱うプログラミングの言語によっては給与アップ

プログラマーの仕事範囲はとても広いため、Webプログラマーによって取り扱えるプログラミングの言語スキルが異なります。

例えばCSSやHTMLなどは比較的難易度の低いプログラミング言語であり、アウトソーシングでも報酬単価は下降傾向にあります。したがって、高額給与を目指すのであればこれらのプログラミングスキルだけでは難しいと言えます。

Webプログラマーとして十分に活躍するためには、JAVAやPython、MySQLやoracleなどのOB系の言語に精通している必要があります。これらのスキルをマスターしておけば、将来的にエンジニアとして活躍できる可能性もあり、50万円以上の月給も夢ではありません。

最近はゲーム関係のWebプログラマーが高月給

Webプログラマーの就職先としてはWeb制作会社やシステム開発会社が主流でしたが、近年ゲーム関係の企業に就職するWebプログラマーも増えているようです。

ゲーム開発に従事するWebプログラマーの場合、JAVAやC++、Ruby on RailsやObjective-Cなどのゲーム開発言語が必要です。これらの言語を習得できている場合、平均よりも高い給与水準も期待できます。

派遣勤務の場合は月給が低くなる可能性あり

Webプログラマーは、サイト用のプログラミング言語を使用してインターネット上で動作するように開発するエンジニアですが、働く環境と勤務形態によっても給与が大きく変わります。

先にも紹介したように有名な大手企業で働いているWebプログラマーの場合、30~40万円以上の月収が期待できますが、一般派遣として勤務しているWebプログラマーの場合、月給も少なくなります。

さらに派遣勤務の場合、時給計算で報酬が支払われるので月収23~25万円程度になるのが一般的です。

未経験者の場合、始めは派遣形態で働きスキルと経験を得た後、キャリアアップを図っていくのもひとつの手です。IT業界専門の転職エージェントなどもありますから、上手に活用することで高額給与を目指すこともできます。

勤務年数に応じで自動的にキャリアアップするわけではない

通常のサラリーマンの場合、勤務年数が長くなれば年功序列に応じで自動的に月給がアップしていきます。サラリーマンとして勤務するWebプログラマー場合、ある程度の勤務年数は考慮されますが、重要なのは経験とプログラミングのスキルです。

そのため、勤務年数が長くなれば自動的にキャリアアップが約束されているわけではなく、日々自分のスキルと知識を向上させていかなければいけません。

言い換えるなら、実力があれば短期間でも昇給し、平均以上の月給を得ることも可能なのです。自分のスキルと経験値を最大限に高めていきたい方には魅力的な職業と言えます。

Webプログラマーの年収統計

Webプログラマーの平均年収は350万円〜500万円程度

Webプログラマーの平均年収は350~500万円程度と言われており、他のIT関係の職種と比較しても大差はありません。

一概には言えませんが、参考として国税庁の年齢別階層年収と比較してWebプログラマーの平均年収をまとめました。

年齢 年収 ボーナス
20~24歳 279.3万円 69.8万円
25~29歳 297.9万円~347.9万円 87.0万円
30~34歳 282.2万円~382.2万円 95.6万円
35~39歳 332.1万円~436.1万円 109.0万円
40~44歳 369.0万円~490.0万円 122.5万円
45~49歳 426.8万円~548.8万円 137.2万円
50~54歳 478.0万円~588.0万円 147.0万円
55~59歳 473.1万円~583.1万円 145.8万円
60~65歳 296.9万円~583.1万円 99.2万円

やはり20代は見習い、または修業期間ということもあり年収は低めです。350万円が上限となっていますが、悲観するほどの低年収というわけでもないでしょう。

年齢を重ね、スキルと経験が身についてくると年収も400万~500万とアップしていきます。初めの数年はコツをつかむのに時間がかかったり、プログラミング言語を習得するのに努力が求められますが、地道に学習を続けられれば、高水準の年収を得ることも可能です。

できるだけ短期間で高額年収を得るには?

Webプログラマーとして活躍し短期間で高年収を得るためにはどうしたらいいのでしょうか?Webプログラマーの需要は増加傾向にありますが、多くの企業は育成に時間をかけることなく即戦力として活躍できる人材を探しています。

また、ベンチャー企業などでは総合的にタスクをこなせるWebプログラマーを探している傾向があり、働き方次第では短期間で平均年収超えを達成できるでしょう。

就職する企業の選択で年収は大きく変わります。自分が活躍できるだけのニーズがあるか、将来的に自分のスキルを磨くことができる環境が整っているかなどを入念にリサーチしましょう。

加えて、プログラミング言語の学習に時間を当てることも必要です。プログラマーとしてやっていくのであれば、他者との差別化を図るためにも、日進月歩でアップデートされているプログラミング技術の知識を吸収し、学び続ける継続力は不可欠です。

年収1000万円を目指すには独立がおすすめ

WebプログラマーはWebサービスの基盤を構築していきますが、年収1000万円以上を目指すためにはブラウザーやサーバー、データベースなどに関する知識とスキルも必要になります。

会社勤務のWebプログラマーの場合、最高でも500万程度の年収になりますが、フリーランサーとして独立した場合は1000万円以上の年収も可能になります。

フリーランサーとして独立したWebプログラマーの口コミを調べてみると最初は顧客の獲得や経理処理、リスク管理など大変な業務もたくさんありますが、確かなスキルと経験が伴っていれば信頼を獲得してより多くの年収を得ることもできるようです。

より多くの年収を得たいと思っているのであれば、将来的に独立することを目指して日々の精進に励むといいでしょう。

自作ツールの作成で億単位も夢じゃない!

Webプログラマーの強みは自分のイメージや発想を形にして表現できることです。Webプログラマーとして働いている中で「もっとこうした方が便利なんじゃないか?」と思うこともあるでしょう。

たぐい稀な発想力と行動力があれば、自分で思いついたツールを制作してインターネットを介して販売することもできます。ごく一部の少数派の人ですが、自作ツールを販売したら大ヒットして数千万円~億単位の収入を得ている人もいます。

Webプログラマーにはいろいろな働き方があり、大きな可能性を秘めている職業です。

Webプログラマーの給与・年収まとめ

Webプログラマーの給与・年収はスキルと経験によって変わる

今回はWebプログラマーの年収と月給について特集しました。基本的にはIT関係の他の職種と大差のない給与体系になっていますが、Webプログラマーならではの将来性があり、うまくいけば年収1000万円以上も期待できる職種です。

WebプログラマーはIT業界で活躍できる仕事ですし、自分の創造力や発想力を最大限に発揮できます。コンピューター関係に興味があり、将来的に大きな成功をつかみたいと思っている方は挑戦してみることをおすすめします。

WEBプログラマーの参考情報

平均年収350万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種コンピューター

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

WEBプログラマーの関連記事

コンピューターに関する他の職業KANREN JOB