ライターの仕事内容とは?記事や文章を書く仕事のやりがいや魅力

ライターの仕事内容とは?記事や文章を書く仕事のやりがいや魅力

ライターという仕事があるのは知っているけど、どんな仕事をしているのか詳しく知らないという人も多いのではないでしょうか?今回は、ライターの仕事内容についてご紹介します。ライターが具体的にどんな仕事をしているか知りたいという人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

ライターとはどんな仕事?

ライターの仕事は、文章を書くだけでなく、さまざまな仕事をこなす必要があります。

記事や文章を書くことがライターの仕事

ライターは、雑誌・書籍などの紙媒体やWebサイトに載せる記事や文章を書くことが主な仕事内容です。紙やパソコンを使って、テーマに沿った文章を執筆していきます。あらかじめ決められた構成の中で書くこともあれば、構成を考えるところから全て任されることもあります。

取材やインタビューの仕事もある

ライターはあるテーマについての文章を、紙やパソコンで黙々と書いていることだけが仕事ではありません。ときには記事を書くために、取材やインタビューをしながら文章を書くこともあります。さらに、取材やインタビューの際に、記事に使うための写真撮影もライター自身で行う場合があります。

出版社や編集者と打ち合わせをする機会もあるので、人とコミュニケーションを取りながら記事や文章を書いていく必要があります。

フリーランスや副業など、働き方はさまざま

ライターは正社員として会社に勤めている人だけではありません。何年かライターとして会社に勤めたあと、独立してフリーランスライターになる人もいます。また、主婦や学生など時間に余裕のある人は、副業としてライターをしている人もいます。

副業のライターは、パソコンとインターネット環境さえあれば初期費用などがかからずに始められる仕事なので、初めて副業を始める人にも人気の職種となっています。

未経験でもライターになれる

最近はクラウドソーシングサービスで、未経験でも出来るWebライターの仕事が増えています。最初は単価が低いですが、経験を積んでスキルをつけることでより単価の高い仕事がもらえたり、実際にインタビューや取材に行く仕事を任せてもらえたりと、未経験者もコツコツ継続していればステップアップすることが出来ます。

ライターの仕事の具体的な内容

ライターの具体的な仕事内容は、記事や文章を書くことです。しかし、記事や文章の内容は業界によってさまざまです。

下記の一覧は、ライターが働く主な業界と媒体です。

  • Web業界:雑誌、フリーペーパー、書籍
  • 広告業界:Webサイト、ブログ
  • 出版業界:広告記事、コピーライティング

Web業界のライターの仕事内容

Webライターは、Webサイトで公開する記事やブログなどを書くライターのことです。Webライターに特徴的なのはSEO(検索エンジン最適化)を意識してライティングを行う必要があるところです。また、インターネット社会となった現代では、Webライターのニーズが増えてきています。

Web業界のライターの仕事は幅広い

ライター自体、仕事の幅は広いですが、Webライターは特に幅が広く、まとめサイトの記事執筆、ブログ記事執筆、コラム執筆、メールマガジン、ECサイトの商品説明文の執筆など多岐にわたります。どれか1つに特化して書いているライターもいれば、さまざまな仕事を受けているライターもいます。

SEOを意識して書く

紙媒体の執筆と違うところは、SEOを意識した執筆を行わなければならないところです。Webサイトに公開された記事はより多くの人に読んでもらうために、検索結果の上位に表示されるような工夫が必要です。なので、Webライターとして仕事をするためにはSEOの手法や知識を身に付ける必要があります。

広告業界のライターの仕事内容

広告業界のライターの主な仕事内容は、コピーライティングです。コピーライティングとは広告の文章を書くことで、コピーライティングをしているライターをコピーライターと呼びます。この場合のコピーとは広告などで使われる広告文のことを指します。

コピーライターにはさまざまな仕事がある

コピーライターは、広告で使うキャッチフレーズなどを考えるだけではありません。まずは、クライアントと打ち合わせをして、広告にしたい商品についてなどを説明してもらいます。それをふまえて、商品を分析し、ターゲットを想定して、広告で何を伝えるのかを決めます。

さらに、ターゲットにその商品を魅力的に思ってもらうにはどういう言い方をすればよいか、を考えます。そして完成したキャッチフレーズが広告に載るのです。

このように、広告業界で働くコピーライターは文章を書く以外にもさまざまな仕事をこなす必要があります。クライアントがなぜ広告を出したいと思っているのか、広告を通して何を伝えたいのか、を汲み取って文章を書かなければなりません。

出版業界のライターの仕事内容

出版業界で働くライターの主な仕事内容は、雑誌の記事執筆、書籍執筆など、紙媒体で公開する記事の執筆です。多くのライターは、出版社に勤めています。そして、出版社のライターは編集者も兼任しているケースも見られます。

雑誌の執筆は短時間で書き上げる仕事が多い

雑誌の記事は、1冊に雑誌に載せるページ数が少ないので、必然と書く文章量も少なくなります。なので、数時間から数日程度で書き終えて納品する仕事が多いです。また、雑誌は発売日が確定している場合がほとんどなので、納期厳守です。

書籍の執筆は長期戦

雑誌の執筆と違って、書籍はページ数や文章量が多く、1つの仕事で長期的に執筆する必要があります。短時間で一気に書こうとするのではなく、じっくり時間をかけて書き上げます。

また、書籍の発売日は曖昧な場合が多く、さまざまな理由で突然発売日が延期になったり、逆に前倒しになったりします。それに合わせてライターも臨機応変に対応しなければなりません。

執筆も企画もこなすライターもいる

通常、編集者が企画、記事編集などを担当し、ライターは執筆のみを担当するという役割です。編集者から「こういう内容の記事を書いてほしい」という依頼が来るので、その依頼に合わせてライターが執筆をします。このように、基本的にはライターが企画を担当することは無いのですが、なかには企画や取材も全て担当しているライターもいます。

ライターの仕事のやりがい

自分の書いた文章を多くの人が読んでくれる

ライターのやりがいは、やはり自分の書いた文章が多くの人に読んでもらえることです。お金をかけて雑誌や書籍を購入して読んでくれたり、検索に自分の記事がヒットして読んでもらえたりするとやりがいを感じます。さらに、記事や文章とともに自分の名前が載ると、知名度も上がりますし、より達成感も得ることが出来ます。

クライアントが喜んでくれる

クライアントはお金をかけてプロのライターに文章を書くことを依頼しています。そのため、クライアントの要望にしっかりと応えられると、クライアントから喜びの声をいただくことが出来ます。自分の書いた文章で喜んでくれると、クライアントの役に立つことが出来たと実感することが出来ます。そして、そのクライアントから次の仕事も依頼してもらえるかもしれないので、さらに頑張ろうと思えます。

たくさんの人と関われる

ライターは1人で黙々と作業することが少なく、たくさんの人と連携を取りながら仕事をしていかなければなりません。そのため、いろいろな人と出会って刺激を貰ったり、自分の視野を広げたりすることが出来ます。経験を積むことでよりよい文章を書けるようにもなるので、文章力だけでなく人との出会いも大切にしましょう。

ライターの仕事内容まとめ

ライターの仕事は記事や文章を書くだけではない

ライターと聞くとパソコンや紙にひたすら記事や文章を書いているだけのイメージがあったかもしれませんが、他にもさまざまな仕事がありますし、業界によっても仕事内容が異なります。

ただ文章を書くだけでなく、より多くの読者に読んでもらえるような文章を書く工夫をしたり、クライアントの要望をくみ取って文章を書きあげたりするスキルが必要とされます。そして、自分の書き上げた文章や記事が世の中に出てたくさんの人に読んでもらえたときは、何よりのやりがいを感じられます。

ライターの参考情報

平均年収200万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種出版・報道

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ライターの関連記事

出版・報道に関する他の職業KANREN JOB