テニス選手の給与・年収は?トッププロ以外も含めたテニス選手の収入を紹介

テニス選手の給与・年収は?トッププロ以外も含めたテニス選手の収入を紹介

テニス選手の給与・年収について、トッププロ以外のテニス選手も含めて紹介いたします。トッププロとなれば数十億単位の収入も望めますが、さほど実績のないテニス選手がどうやって収入を確保しているのかなど、テニス選手の収入について詳しくお伝えしていきます。

テニス選手の給与・年収について

テニスの世界は実力がモノを言う世界で決まった給与・年収というものはなく、平均給与や年収を割り出すことはできません。世界のトップ選手ともなると獲得賞金だけで数十億円という金額になりますが、現在、日本人で世界のトップ選手と呼べるのは錦織圭選手と大坂なおみ選手だけです。

ゴルフやプロ野球などと比べても1億円プレーヤーは少なく、世界を飛び回る日本人のツアープロの中でも、獲得賞金が1,000万円に満たない選手も多いというのが現実です。

ここではツアープロのような世界を飛び回るテニス選手の給与・年収、テニスコーチやインストラクターとして仕事をしているテニス選手の給与・年収について紹介していきます。

テニスだけで生活できる選手は少ない

プロのテニス選手になるには日本ランキング100位以内に入り、日本テニス協会に申請することですが、ほとんどのプロ選手がジュニア時代や高校時代に好成績を収めていた選手です。高校を卒業する前に日本テニス協会に申請して、プロのテニス選手となるケースが多いようです。

しかし、テニス大会で賞金を獲得し、スポンサー契約をしてテニスだけで生活しているプロのテニス選手は、錦織圭選手や大坂なおみ選手を含めても、それほど多くはいません。錦織圭選手の年収は37億円ともいわれていて、大坂なおみ選手は日本人女子シングルスではじめてのグランドスラム制覇を成し遂げ、その年は約4億1000万円の賞金を手にしています。

世界ランキング100位以内のテニス選手の給与・年収

錦織圭選手や大坂なおみ選手はテニス選手の中でもトッププロといえるプレーヤーで、あまり参考にならないかもしれません。そこで、世界ランキング100位程度のテニス選手のケースを紹介していきます。

世界ランキング100位以内の選手の場合、年間獲得賞金が1,500万円から2,500万円、スポンサー契約も合わせると年収は4,000万円から5,000万円ほどになると予想されます。

先に錦織圭選手の年収を紹介しましたが、スポンサー料の割合が年収の9割近くを占めるともいわれていて、いかにスポンサー契約が重要かということがわかります。

スポンサー契約について

テニスの世界は実力がモノを言う世界ですから、多くの大会で勝利することができれば、それだけ多くの賞金を手にすることができます。実績を残すことができれば、多くのスポンサー企業と契約することができ、年収を何倍にも増やしていくことが可能です。

スポンサー企業は自社のアピールのためにテニス選手と契約しますが、さほど実績を残していないテニス選手と契約するケースもあります。この場合、選手の遠征費用や滞在費を負担するといった契約になりますが、選手の将来を見越して契約し、選手は世間に認められる強いテニス選手となって恩返しをするということもあるのです。

世界ランキング100位圏外のテニス選手の給与・年収

テニスコーチで生計を立てるテニス選手

世界ランキング100位圏外のプロのテニス選手の中にはテニスコーチやテニスのインストラクターをして生計を立てている人も多くいます。そのような人たちは、基本的にはアルバイトや契約社員といった雇用形態で仕事をしていることが多く、その給与・年収は一般的なサラリーマンよりも少ない場合があります。

以前テレビで取材を受けていたプロのテニス選手で、年収50万円でビリという方もいましたので、いかに実力次第の世界か、というのがよくわかります。テニス選手としての収入だけでは、生計を立てるのが難しいという方は非常に多いようです。

サラリーマンよりも少ない収入を補うためにテニス大会で賞金を稼いだり、テニスコーチの資格を取得したりしています。一般の会社に勤めるテニス選手もいますが、ほとんどの場合、テニスに関係する仕事をしながらプロのテニス選手として活動しているようです。

テニスコーチの給与・年収はいくら?

テニスコーチの給与・年収としては、アルバイトや契約社員など雇用形態にもよりますが、月に10万円から20万円、年収で150万円から300万円とかなり幅広くなります。

テニスコーチの仕事は、テニススクールに勤務して一般会員や子供たちにテニスの技術を教えていきます。週に数回のレッスンを行いますが、プロテニスコーチともなれば、1時間のレッスンで1万円以上のレッスン料となることもあるそうです。

プロテニスコーチになることができれば、年収600万円から700万円の年収も期待できますが、一般的なテニスコーチの仕事だけでは生活していくのは厳しいといえるかもしれません。

テニス選手の給与・年収まとめ

テニス選手として生活していくために必要なこと

テニス選手の給与・年収についてお伝えしましたが、テニスの世界は実力次第でいくらでも上を目指すことができます。しかし、トッププロとなれるのはごく限られた人だけで、多くの人は途中で諦めてしまうことになるでしょう。

プロのテニス選手として生活していくためにはスポンサー企業を見つけることも重要です。そのためにはテニスの実力だけでなく、コミュニケーション力やプレゼンテーション能力を高めることが必要になるかもしれません。

テニス選手の参考情報

平均年収300万円〜4000万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種スポーツ

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

テニス選手の関連記事

スポーツに関する他の職業KANREN JOB