ジュエリーメーカー社員になるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

ジュエリーメーカー社員になるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

結婚式・お祝い事などで買うことが多いジュエリー。ジュエリーを取り扱う企業に勤めるジュエリーメーカー社員になるには、ジュエリーに関する知識や経験はもちろんですが、常に学び続ける向上心が必要になってきます。本記事では、ジュエリーメーカー社員になるために求められること、向いている人の特徴などについてご紹介します。

ジュエリーメーカー社員になるには何が必要?

それでは、さっそくジュエリーメーカー社員になるためにはどんなことが必要か紹介していきましょう。

ジュエリーに対する熱い情熱

ジュエリーメーカー社員になるために一番重要なものは情熱だと考えられます。例えどれだけジュエリーの知識があったとしても、他の能力が優れていたとしても、大事な部分が抜けていれば認めてもらえるものも認めてもらえなくなる可能性が出てきます。

知識や経験というのは後々必要にはなってきますが、まずはジュエリーに対してどれだけ情熱を注げるのか、向上心を持ってスキルアップしていくのかが大切になってくるでしょう。

職種によって必要なスキルが変わってくる

ジュエリーメーカーの社員になるには学校を卒業してからジュエリーメーカーへ就職しなければなりません。

様々な職種があり、デザイン・設計・営業・管理など多様な職種に就く人が働いているので、求められる基礎的な知識やスキル、資格や応募条件が変わってくることがあります。

職種によって仕事内容も異なりますので、どのようなことをしたいのか、目指していきたいものをしっかりと考えるといいでしょう。

営業や企画したいなら総合職

営業や企画をしたいと考えているのであれば「総合職」として募集されることがほとんどです。この他にも、マーケティング、人事、経理などもありますので様々な経験をしてスキルをあげていきたいのであればおすすめです。

総合職は一括採用され、研修などを行い本人の希望・適性、会社の状況などを踏まえて配属先が決まるのが一般的ですので「営業職をしたい」と思って企画の方が向いていると思われた場合は、そちらに就く可能性も十分にあります。

必ず自分の希望した配属先に行けるわけではありませんので、そこは注意が必要になります。

ただし、経験を積んで行きステップアップの為に、企画職が必要と会社から認められれば配属先が変わる可能性も十分になりますので、希望していないところに行ったとしても頑張ればチャンスは回ってくるでしょう。

総合職は支店や本社などに勤務することになるのでオフィスワーク中心となることが多いです。

専門職や技術職で腕を磨く

製造・技術開発・デザイナー・設計といった技術職では職種別に採用が行われることが多いです。

技術職はジュエリー関連の知識や経験がない人でも応募することも可能ですが、専門学校の卒業生、美術大学や工芸大学でデザイン・設計の勉強をしてきた人が中心に採用されます。

また、会社の中には外部には公開しないでジュエリーの専門学校にだけ求人を届けることもあるそうです。

製造現場での勤務がメインとなりますので、総合職に比べて、より技術が重視される仕事となります。

ジュエリーメーカー社員に向いている人、適性がある人

それでは次にジュエリーメーカー社員に向いている人、適性がある人について紹介していきます。これに当てはまれば、もしかすると天職かもしれません。

ジュエリーに興味があり、常に向上心がある人

ジュエリーメーカー社員といっても、営業をする人、経理をする人、デザインをする人、手を動かして実際に作る人、販売して売る人など、職種によって役割は異なり、適性も若干変わってくると言えるでしょう。

ただ、共通していえるのはジュエリーに対して興味があり、常に向上心を持っている人が続けられる要素となります。

様々な素材で作られており、ものによっては特徴・特性も変わってきますので適切な扱い方を知っている必要があり、流行に左右される一面もあるため、常に勉強が必要です。

そのためには、ジュエリーに対して興味があり、これがどれだけ人の心に満足感や幸せを与えるものなのかを知り、向上心と探求心を持って常に学び続けられる人がジュエリーメーカー社員に向いていると言えるでしょう。

ただし、細かい作業が得意な人でないと厳しい

ジュエリーがどれだけ好きであったとしても大雑把な性格の人には向かない可能性があります。

なぜなら商品の中には壊れやすいものもあり、高額なものも多いため取扱いには厳重な注意が必要となります。

またジュエリーを買うお客様というのは特別な日のために買うことがほとんどですので、その意味を汲み取っていくことが必要です。

そのため、どれだけ好きであったとしても慎重に物事に取り組めない人、商品や物を大雑把に扱ってしまう人は向いていない可能性がとても高いといえるでしょう。

どんな業界でも慎重さや丁寧なさは必要となりますが、ジュエリーメーカー社員はそうした姿勢が他よりも求められているといっても過言ではないのです。

誰かの笑顔を素直に喜べる人

ジュエリーは日用品とは大きく異なり、とても高額なものとなるため、結婚、お祝い事といった特別な時に購入する人が多いです。だからこそ長年大切に使い続けたいと思うお客様がほとんどです。

ジュエリーメーカー社員は、そうしたお客様の想いに寄り添っていき、本当の笑顔が出せる商品を作ったり、提案したりすることが求められます。

人と直に関わる販売職であれば尚更ではありますが、それ以外でも「誰かに喜んでもらいたい」や「ジュエリーを通して人々を笑顔にしたい」という気持ちが強い人は適性があるといえるでしょう。

ジュエリーメーカー社員になるための学校・教室

ジュエリーメーカー社員に向いている人・適性のある人について説明してきました。細かいことにも気を配り、誰かの笑顔を素直に喜べる人が天職かもしれません。

次はこの業種で働くために役立つ学校や教室について紹介していきましょう。

総合職なら4大卒が必要になる

総合職で社員になりたい場合は、大手ジュエリーメーカーを中心に4年制大学卒業以上の学歴が必要になってきます。

総合職は営業や企画といった様々な職種がありますので、4年制の大学であれば、基本的に応募条件を満たしているため、特別なスキルは必要ありませんが、美術大学などで工芸やデザインを学んでいる方が多少有利になると考えられています。

中小企業の中途採用になりますと学歴よりも経験やスキルが求められる可能性も十分にありますので、高卒・専門学校卒でも採用される可能性は十分にあるでしょう。

ただし販売職なら高卒からでも受け入れている企業が多い

ジュエリーメーカー社員の総合職は4大卒の学歴が必要になりますが、店舗で直接お客様と関わる販売職であれば高卒からでも受け入れている企業が多いです。

お客様の喜ぶ顔を直に見たい、直接提案したい人には向いていますし「家庭の事情で大学に行けなかったけど、ジュエリーメーカー社員としてステップアップしていきたい」と考える人もいるでしょう。

販売職から始めて経験を積んで店長になることも可能ですし、総合職として企画など配属される可能性も十分にあります。

学歴で総合職の応募条件を満たしていなくても、まずは販売職から経験を積んで希望のところに配属されるのも一つでしょう。

専門職に行きたいならデザイナーの学校や工芸大学

専門職や製造職に関しては絶対に必要となる学歴はありません。ただし、採用される人の大半はジュエリーに関する専門学校・工芸大学・美術大学などでデザインや設計について専門的に学んできた人が採用される傾向にあります。

中にはデザインや設計について学んでいなくても就職後に教えてくれる会社もありますので、絶対にそういった学校に行かないといけないわけではありませんが、基礎を勉強してきた人達とスタートが違いますので、人一倍の努力が必要になってくるでしょう。

ジュエリーメーカー社員になるには?まとめ

学歴も必要だが、それ以上にジュエリーに対する情熱があるか

ジュエリーメーカー社員になるには、総合職であれば4大卒、専門職・技術職であればデザイン系の学校に行く必要があり、ある程度の学歴が必要になってきます。

職種によって仕事内容も変わってきますので、自分がどのような仕事をしたいのか予め決めておき、その部分のスキルを少しでもあげていれば就職や現場で有利なる可能性があります。

しかし、それ以上に大事なのはジュエリーに対して情熱があり、常に勉強していけるだけの向上心があるかどうかです。そこをアピールしていけば、ジュエリーメーカー社員として活躍できるようになるでしょう。

ジュエリーメーカー社員の参考情報

平均年収350万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ジュエリーメーカー社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB