ジュエリーメーカー社員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

ジュエリーメーカー社員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

ジュエリーメーカー社員の年収はいくら?気になる平均給与をまとめました。最初こそは学歴に左右されますが、その後は努力次第で逆転することもできるケースが多いようです。専門職であれば独立や開業をすることもできるので、それを目指して働き方を考えるのもいいかもしれません。本記事では、ジュエリーメーカー社員の初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

ジュエリーメーカー社員の初任給

それではさっそくジュエリーメーカー社員の初任給について紹介していきましょう。

初任給は18万~20万円

ジュエリーメーカー社員の初任給は、厚生労働省の労働白書を参考にすると18~20万円前後から貰える企業が多いようです。

総合職の場合、企画、営業、人事、経理など本人の希望と会社側から見た適性で配属先が決まりますが、最初の給与というのは基本的には変わらないといってもいいでしょう。

その後の給与として、仕事の花形でもある営業や企画で活躍している人はその分手当てが付く可能性がありますので、人事や経理と差が付くかもしれません。

製造職や技術職でジュエリーメーカー企業に入社する人は、総合職と比べて少しだけ下がり、初任給は18万円前後から始まる人が多いようです。

その代わり技術を身に着け、ステップアップをしていけばフリーランスや自ら会社を立ち上げることも可能ですので、腕のいい社員の時よりも多くの収入を得る可能性も十分にあるでしょう。

ただし学歴によって差が出てくる

ジュエリーメーカー社員の総合職は基本的には4大卒を求める企業も多いですが、中には短大卒、専門卒と様々な学歴の人を採用している会社もあります。

この場合、学歴によって基本給に差が出てくるため、大卒に比べて専門学校卒の方が、初任給が安いことも十分に考えられるでしょう。

ただ、その後の給与に関しては社内での評価はもちろん役職や実績によって大きく給与が上がる可能性もあります。

この辺りの事情は企業によって異なってくるので、応募する時の求人情報をよく確認しておいたほうがいいでしょう。

企業によっては各種手当で18~20万円を超える可能性も

初任給が18~20万円とお伝えしましたが、企業によっては各種手当で20万円を超える場合があります。

例えば、地方から東京や大阪に就職した人のために「家賃手当」だったり、仕事用とプライベート用で携帯を一緒に使うため「通信手当」など各種手当によって十分超える可能性があります。

また配属先によっては、どうしても残業しないといけないところもあると思いますので、その場合は残業代などが支給されますので、初任給20万円を上回ることも多いようです。

ただし、各種手当がもらえるからといって、大幅に上がるわけではありませんので、そこまで変わらないと思ってもいいでしょう。

ジュエリーメーカー社員の平均給与

初任給に関して説明してきました。次にジュエリーメーカー社員の平均給与について紹介していきます。

平均給与は30万円前後

ジュエリーメーカー社員の平均給与としては30万円前後のところが多いようです。これは業界自体がピーク時と比べると市場の縮小傾向が続いていて、景気の影響も受けやすいという事情があるので、平均給与は他の業界と比べて少なめになっているようです。

もちろん30万円前後というのは平均であり、個人によって差が出てきます。経験を積んで行き、スキルアップを行い、常に向上心を持ち続けていれば昇進していき、結果的に給与も少しずつアップしていくでしょう。

また、各種手当が充実している企業では、基本給以外で比較的良い収入を得ている人もいます。

それでも、役職を持たない一般社員が飛びぬけて高額な収入を得るのは余程いい成績をあげる営業以外では基本的には難しいと言えるでしょう。

年齢別の給与

ジュエリーメーカー社員の年齢別給与は下記となります。

年代 平均月額支給額
20代 20万円~25万円
30代 25万円~30万円
40代 25万円~40万円
50代 30万円~45万円

となります。

基本的に20代に関しては、企業によって給与が大きく変わる傾向はありませんが、30代から40代にかけて大きな差が出てくるのがわかるでしょう。

なぜ、この辺りから給与の差が出てくるのか、という理由については次で紹介していきます。

差があるのは企業や役職によって変わるため

30代から40代にかけて、給与に差が出てくるのは企業の規模によって各種手当や昇給幅が大きく異なってくるからです。

日本経済団体連合会が調査したところ、大手の平均昇給額は6,000円~7,000円で中小企業3,000円~3,500円と2倍近くの差があることがわかります。

そのため、30代~40代になりますと勤めている企業によって貰える給与に大きな違いが出てくるのです。これ以外にも30代~40代ともなれば、会社でも責任ある立場に任されることも多くなり、役職を任され、人の上に立つ立場として、相応の手当が貰えます。

同じ30代~40代でも、一般社員と課長・次長といった役職を持った人たちでは、給与に大きな差が出るのは当然でしょう。

ジュエリーメーカー社員の平均年収

ジュエリーメーカー社員の給与の統計について説明をしてきました。次は平均年収について紹介していきましょう。

ジュエリーメーカー社員の平均年収は370万円~485万円

ジュエリーメーカー社員の平均年収は厚生労働省の「労働白書」を参考にしてみますと、370~485万円前後となっています。

平成29年度の平均年収は「421万円」となっており、ジュエリーメーカー社員でも努力を続けていれば十分に超えることが可能です。

ただし、平成29年度の男女別の平均年収としては男性が「531万円」女性が「287万円」となっているため、男性がジュエリーメーカー社員になった場合は、少し低めの年収なってしまうのが現状のようです。

大手企業では500万円を超えることもある

ジュエリーメーカー社員の平均年収についてお伝えしましたが、もちろんそれ以上に貰える可能性も十分にあります。

大手企業に勤めることができるようになれば、500万円を超えることも十分にあります。業界自体に市場が縮小傾向にあったとしても、中小企業と比べて基盤は安定しているので年に2回のボーナスは貰えるでしょうし、場合によっては春にもボーナスをくれる会社もあるかもしれません。

そういうところに勤めることができれば、ジュエリー業界の平均年収を超えることも可能となります。

独立をして収入を増やす人も

総合職では厳しいかもしれませんが、ジュエリーメーカー社員として勤務する人のうち、デザイナーや製造といった専門・技術職の場合は経験や実績を積んでいき、スキルを身に着けることで独立することができます。

自ら会社を立ち上げたり、フリーランスになったりすれば、自らのセンスや技術力で勝負することになりますので、会社員として働いていた頃よりも多くの収入を得ることもできるようになり、年収1,000万・月額100万以上も稼ぐことも夢ではありません。

しかし、会社に勤めていた頃のように毎月必ず給与を手にするわけではありませんので不安定な生活になることもあるでしょうし、勝負の世界に足を踏み入れることになりますので生き残っていくために想像以上の努力が必要となります。

独立は夢のあることかもしれませんが、その分リスクがあることを覚えておくといいかもしれません。

ジュエリーメーカー社員の給与・年収まとめ

他の業界と比べて給与は低め、しかしやりがいのある職業なのは間違いない

他の業界と比べて給与は少なめになってしまうのが現状です。しかし、お客様は結婚式などの特別な日のためにジュエリーを買うことがほとんどです。

ジュエリーメーカー社員は、その特別な日をジュエリーというアイテムを使って人々を笑顔にし、幸せにすることができるとてもやりがいのある仕事と言えるでしょう。

また、専門職であればコツコツ技術を磨きスキルアップしていくことで、独立をして自分のお店やブランドを立ち上げるなど成功を掴むチャンスもあるかもしれません。

ジュエリーが好きという強い思いがあり、努力を続けていけば理想が叶うかもしれない夢のある職業と言えるでしょう。

ジュエリーメーカー社員の参考情報

平均年収350万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ジュエリーメーカー社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB