ジュエリーメーカー社員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ジュエリーメーカー社員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

美しい宝石を作り提供するジュエリーメーカー社員の仕事。勤務先はオフィス、工場、店舗など幅広く、職種によって仕事内容も異なり、販売職や製造職以外にも多くの人が関わっています。本記事では、ジュエリーメーカー社員の具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

ジュエリーメーカー社員とはどんな仕事?

まず始めにジュエリーメーカー社員とはどんな仕事なのかを紹介していきます。

ジュエリーメーカー社員の仕事は4種類

ジュエリーを取り扱う企業は人々が身に着ける貴金属や宝石を製造し、加工を行う企業となりますので、製造や技術職にどうしても目が行きがちです。

しかし、ジュエリーメーカー社員の中には製造加工だけでなく、企画の段階から自社で手掛けているところも少なくありません。

また、大手企業(ハイジュエリーブランド)では自社製品を専門的に取り扱う店舗も持っていることが多いので、販売まで一貫して行うことが多いです。

これらの業務範囲は企業の規模によって多少異なりますが、そこで働く人達の仕事内容としては4種類があげられ「企画・デザイン」「製造」「販売」「管理」の順番で分類することができます。

原材料を調達する仕事、他店舗でジュエリーを仕入れてもらおうとする営業、製品を検品する仕事、経理など、多様な役割を持った人達がジュエリーメーカー社員として働いているのです。

ジュエリーメーカー社員の仕事の具体的な内容

次に、先ほど紹介した「企画・デザイン」「製造」「販売」「管理」の4つの仕事について一つずつ説明していきます。

企画・デザイン

どのようなジュエリーを使うか、どれを使えば最適な商品として形になるかをデザインに起こすのが基本的な仕事となります。

この他にも、現在の売れ筋商品だったり、世の中のニーズ・トレンドを追って、誰も考えつかない独創性のあるジュエリーの企画を考えたりしますので、製造職のように実際に作る側になるわけではありませんが、クリエイティブな発想が求められます。

メーカーが自社ブランドを展開しているのであれば、そこのブランドらしさを出すことも大事な要素となってくるでしょう。

ジュエリーの原型作りは紙で行っていましたが、最近ではデジタル化されているところも多くなり「3D-CAD」を使うところも増えてきています。

製造職

ジュエリーメーカー社員の主な仕事としてイメージされるのが、製造などの技術職だと考えられます。

企画が作ったデザイン画の通りにジュエリーを現物へと仕上げていくのが基本的な仕事内容となり、工場での勤務が主となります。

また、経験を積んでくると幅広い見識を持つことになるので、自らがデザインをして企画職に提案することもあります。そのため、製造といってもただその通りに物を作るだけが仕事ではないのです。

大手・中小企業でも自社で工場を持っており、量産体制が整っていて必要なところ以外は機械で任せるところもあれば、最初から職人の手作りを売りにしているところもあります。

どちらにしてもジュエリー製作では、仕上げにいたるまでに人の手が必要となる細かな作業もたくさんあり、確かな技術力を求められることになるでしょう。

さらに、お客様が購入したジュエリーのメンテナンスや修理を担当することもあります。

販売職

自社のブランドを持つ企業であれば、製造したジュエリーを直営店でお客様に販売するのが販売職の仕事となります。

お客様へ直接接客することができるので、喜びの声や様々な意見を聞くことが可能となります。

そのような声は、製造や技術職はもちろん企画や営業にも共有をして、お客様が今何を求めているのかをリサーチしていくのも仕事の一つです。

販売職は様々な商品知識・ジュエリー知識だけでなく、その商品一つひとつの魅力を伝えていくことが使命といえるでしょう。

管理職

人事、情報システム、経理、総務など会社の経営や販売職・製造など第一線で活躍している人達を裏方で支える仕事なります。

仕事内容は職種によって異なってきますが、情報システムであればネットワークなどの知識が必要になったり、経理であれば簿記の資格が必要になったり、人事であれば一人ひとりの適性を考えたりしないといけないので、裏方とはいえ、とても重要な仕事が多いといえるでしょう。

また、これらの職種に企画、営業などを加えて「総合職」として扱っている企業も多くありますので、自分が望む配属先に行くかどうかは努力次第になることが多いようです。

ジュエリーメーカー社員の仕事のやりがい

前項では、ジュエリーメーカー社員の具体的な仕事内容について説明してきました。次は、仕事のやりがいについて紹介していきます。

ジュエリーについてどんどん詳しくなれる

ジュエリーメーカー社員として働く人のジュエリーについて興味があり、好きだからというケースが多いでしょう。

企画・製造・管理など様々な業務・職種がありますが、共通して言えることは毎日ジュエリーについて考え、触れていくことでそれに関する知識が自然と身につきます。

「最新トレンドのもの」「若い人に人気のもの」「結婚式で人気のもの」などニーズに詳しくなり、宝石の扱い方など、一般の人が知らないことを多く学ぶようになります。

自分の好きなもの、好きなことで仕事として扱っていけるのもジュエリーメーカー社員にとって大きなやりがいになるのではないでしょうか。

笑顔にするものを提供できる

ジュエリーは、人が生きていくうえで必ず必要になるものというわけではありませんが、特別な日のアクセントであったり、安らぎや満足感などプラスの気持ちを与えたりすることができる力を持っています。

結婚式など輝かしい日を引き立てる商品を自分たちの手で様々な人に提供していくことができるのは、ジュエリーメーカー社員として働く喜びとやりがいになるといっても過言ではないはずです。

自分たちが勤めている企業のジュエリーを手に取って笑顔になってくれるお客様を想像することでモチベーションにも繋がり、日々の仕事を前向きに行うことができるようになるでしょう。

お客様の声が励みになる時がある

工場で作られたジュエリーは、販売店などで商品として扱われ、お客様の元へ届きます。

販売職ともなると、直接お客様の反応を見る事ができますし、街で自分が関わっている商品が店頭に並んでいるのを目にする機会も増えますし、その商品をお客様が笑顔で手に取っている様子を見ているだけでも嬉しくなるものです。

たとえ、お客様の声が直に聞こえないところにいたとしても、自分が手掛けたジュエリー商品の売れ行きがよかったり、メディアなどで取り上げられたりした時は、何ともいえない気持ちになるでしょう。

ジュエリーメーカー社員の作り出すもの先には必ずお客様がいます。その人達から良い支持をされたとわかったときは大きな喜びとなりやりがいを感じるようになるはずです。

お客様がリピーターになってくれる喜び

ジュエリーは高額な商品なものが多く、特別な日に買うことが多いので、同じお客様を相手にするということは基本的にありません。

自分の対応を良く思ってくれたり、以前に購入した商品が本当に良かったので再度、足を運んでくれたり、お客様のリピーター理由は様々ではあります。

ただ「この前もここで購入させてもらいました」という声を聞くことで、自社の製品・ブランドを気に入ってくれたと思うようになり、やりがいを感じるようになるでしょう。

ジュエリーメーカー社員の仕事内容まとめ

ジュエリーメーカー社員の業務は様々だが想いは一つ

ジュエリーメーカー社員の業務は製造・販売だけでなく、情報システム、総務などたくさんあり、仕事内容は多岐に渡ります。

しかし、どの職種に就こうが、どんな業務内容になろうが「ジュエリーを通してお客様を笑顔にする」という想いは全ての社員が持っているはずです。

直接お客様と触れ合うことができる販売職、喜ぶ姿を想像してジュエリーを作る製造職、それらを裏で支える管理職の全員が想いを一つにして、ジュエリーに対して情熱を注ぎ、お客様に提供して、特別な日をより輝かしくできるのは何よりのやりがいに感じられることになるでしょう。

ジュエリーメーカー社員の参考情報

平均年収350万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ジュエリーメーカー社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB