ガス会社社員になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

ガス会社社員になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

専門的なガスを扱うプロ、ガス会社社員になるには一体どんなスキルや資格が必要なのでしょうか。 今回はこの記事でガス会社社員に必要なスキルや持っていると役立つ資格、向いている人の性格的特徴についてご紹介します。

ガス会社社員になるには何が必要?

ガス会社社員になるにはいくつか必要な要素が考えられますが、まずはガスについて興味を持ち続け多くの人に安定して安全に供給したいという想いが必要と言えるでしょう。

単純にガス会社社員に興味があるだけではガス会社社員を目指す事はできても仕事を続けるのは難しいかもしれません。体力的にもハードな仕事ですし、日頃から学習をしていかないといけない日々の努力によって成り立っているからです。

ガス会社社員では時にお客様から呼ばれて休みの日でも出勤をしたり、サービス残業をしなければいけない事もあります。プライベートを犠牲にして仕事をしなければいけない事もあるかもしれません。

それでも積極的に努力を続け、ガスを安定して供給するという志があれば乗り越えられるはずです。

コミュニケーション力がガス会社社員の仕事に役立つ

ガス会社社員でなくても大切な事ではありますが、コミュニケーション力は大切な要素として挙げられます。ガス会社社員の仕事は当然上司もいれば先輩もいますし、細かな会話によって仕事が成り立っています。

ガス会社社員として、家庭や企業などのお客様とやり取りをする営業の場合は特にコミュニケーションは必要と言えるでしょう。様々な特徴がある上司やお客様、それぞれ臨機応変な対応する力が必要です。会話によって流れの主導権を握るために高いコミュニケーションが求められます。

責任感もガス会社社員として大切な要素

ガスと言っても一歩取り扱いを間違えれば重大な事故に繋がってしまうでしょう。自分が取り扱っているものに対する責任の重さを理解して仕事をしなければいけません。

ガス会社社員は設備や点検、営業、カスタマーサービスなど様々な職種の社員が活躍しています。お客様とダイレクトに接する事から共通して責任の大きい仕事言えるでしょう。ガス会社社員として責任感は求められます。

体力も必要なガス会社社員の仕事

ガス会社社員の仕事は意外とハードなので基礎体力がしっかりある事も大切です。ガス会社社員として、職種によっても仕事内容が異なりますが、残業対応や営業であればお客様の家庭に行かなければいけない移動も多いでしょう。サービス部門であれば24時間365日いつでも対応しなければいけないので長時間労働になりやすい特徴があります。

安心してガスを供給するためにも体が資本。自己管理をしっかりと行った体調を崩さないようにする事も大切です。

絶対必要ではないがガスに関する資格があるほうが有利

ガス会社社員になるには資格を取得しなければ業務につけないというわけではありません。

ですが、資格を取得していれば知識スキルの証明になるため就職や待遇の面で有利に働く可能性はあります。ガス会社社員として働く人が取得する資格で代表的なものはガス主任技術者や高圧ガス販売主任者第2種などがあげられます。

語学力でコミュニケーションの幅を広げる

ガス会社社員になるには英会話が出来ないといけない訳ではありませんが、日常的な英会話が出来れば仕事の幅が広がる可能性があります。

お客様は日本人ではなく外国人である事もありますし、スムーズに会話ができれば信用される事でしょう。ガスについての危険性などを英語で出来れば新しい仕事が出来る視野も広がるでしょう。

グローバル化が進む世の中ではガス会社社員として語学に意欲を持つ事はプラスになると考えられます。

ガス会社社員に向いている人、適性がある人

ガス会社社員になるには、持って生まれたセンスや性格的な部分も影響することが多いです。

学び続ける向上心はガス会社社員の適性のひとつ

ガス会社社員に求められる適性として、まずは向上心があげられます。ガスは目に見えないもので、取り扱いに不安を感じているお客様も多いです。そんな時にガス会社社員は正しい知識を持って説明しなければいけません。

ガス会社では一般の人には馴染みのない専門用語も多く出てきます。ガス機器や住宅設備に関する専門知識が必要になるので日々勉強をする必要があります。

ガス会社社員として文系職だとしてもお客様の質問は正確に答える必要があるので、専門的な知識は習得が必須です。専門知識を日々学び学習出来る向上心がある人にはガス会社社員として適性があると考えられます。

チャレンジ精神に富んでいる人

2017年にガスの自由化がスタートした事によって新規事業への挑戦や組織改革が進められていて行動力のある人材の活躍が求められています。

そんな中で自ら考えて行動をする主体性を持って、小さなことでもチャレンジ精神を発揮してより良くしていこうという人はガス会社社員として適性があると考えられます。

公共性の高い仕事がしたい人はガス会社社員向き

ガスは生活に欠かせないライフラインの一つです。ガス会社の仕事は、人のために会社のためにという要素が色濃いので、誰かに必要とされる仕事をしたいという気持ちがある人はガス会社社員として適性があります。

協調性を持って取り組める人

ガス会社の仕事内容はそれぞれどの職種かによって異なりますが、お客様の為に遂行している事は変わりありません。

専門的な知識や技術が求められる事から他の部門の協力を仰いだり、先輩や上司に助けてもらって解決する事も多いです。自分一人で解決できれば良いですが、ガス会社の仕事では殆どありません。いかに他の社員と連携して仕事を成功させるかが重要なポイントになるでしょう。

協調性をしっかりと考えて、他の人と一緒に仕事が出来る人はガス会社社員として向いていると考えられます。

ガス会社社員になるための学校

ガス会社社員になるために学校に通う事は、自分と同じようにガス会社社員を目指すに仲間に出会う事が出来ます。お互い刺激しあい仲間としてライバルとして成長出来る事は魅力です。

ガスについての基礎が学べる専門学校

ガス会社社員になるには、専門学校を卒業して目指す人が多いです。職業柄、専門的な知識が多く責任も大きい仕事です。専門学校に通う事で、ガス会社社員として必要な知識を学びスキルを身に着ける事が出来ます。

カリキュラムやサポート内容を比較して学校選びを

ガス会社社員になるために専門学校は全国にある事から選択肢は豊富にあると考えられます。学校によっては現役のガス会社社員を呼んでの授業を受けることが出来たり、実習がメインのカリキュラムが組まれていることがあります。より現場に近い雰囲気を感じられるメリットがあります。

その他にも資格取得支援や手厚い学校や就職率の高い学校であれば、卒業後の進路の不安も軽減されると考えられます。社会人として昼間働いている人は夜間コースのある学校を選ぶと良いでしょう。

学校によってカリキュラムやサポート内容は大きく異なります。自分の目指すガス会社社員像に近づけるように比較をじっくりと行い選択しましょう。

大学でもガス会社社員になるための勉強が可能

ガス会社社員になるために学校に通う選択肢として、専門学校以外には大学を卒業して目指すことも出来ます。ガス会社社員を目指す場合には理工学部などを選ぶようにしましょう。営業や事務をメインでガス会社社員として働きたい人は特に指定の学部を卒業する必要はなさそうです。

ガス会社社員になるには?まとめ

資格があればベター。情熱とコミュニケーション力がガス会社社員を続ける原動力に

安心して使えるようにガスを供給したいという想いとコミュニケーション力。ガス会社社員になるには、どんなに仕事がハードでも続けられる力が必要です。加えて、責任感や協調性がある人は、専門的なガスのプロとして強い武器になると考えられます。

未経験でも仕事に就くことは可能な職業ですが、資格があればベターです。専門学校や大学で、ガスについての知識を学んだりガス主任技術者などの資格を持っていれば就職や現場で有利になる可能性は高いです。

ガス会社社員への転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

ガス会社社員の参考情報

平均年収500万円~700万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ガス会社社員の関連記事