ガス会社社員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

ガス会社社員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

意外と安定していると思われているガス会社社員の給与・年収はいくらくらいなのでしょうか?勤務先の規模によって変動しやすいガス会社社員の給与。学歴よりも経験に左右されるケースが多いと考えられます。本記事では、ガス会社社員の初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

ガス会社社員の初任給

新人ガス会社社員の給与は平均18~20万円

ガス会社社員として働く場合、初任給は18~20万円前後が相場と言われています。人気の職業と言われるガス会社社員ですが、初任給では一般企業に比べると平均的な金額といえます。

どこで働くかによって差はありますが、新人のころは専門的なガスの知識やスキルを身に着けないといけない事から対価は低めといえます。

転職したときの給与は経験や役職で左右されやすい

ガス会社社員として、レベルの高い企業で経験を積むために転職をする人は多い傾向にあります。転職をした場合の初任給は、ガス会社社員としての経験によって決まる傾向が多いです。

基本的にガス会社社員として10年以上働いているなどの一定経験年数があれば、新卒採用者と同じ給料になる事は少ないと考えられます。前職の給料水準を保証してくれるかは勤務先もよって異なるので注意しましょう。

ガス会社によっては、新卒採用者と同列の給料を提案されることもあるので、今までのガス会社社員としての経験をアピールするようにしましょう。

異業種からガス会社社員への転職は給与の確認を

異業種からガス会社社員への転職の場合には年齢に関係なく新卒と同列の給与になる傾向にあります。

ガス会社社員の営業として働く場合に他業種でも営業の仕事であれば、営業としての経験を考慮してくれる可能性はありますが、転職前の仕事内容によっては給与が大きく減ってしまう可能性もある事から判断するときは慎重に行いましょう。

ガス会社社員の平均給与

ガス会社社員の平均給与は約50万円

厚生労働省の平成29年賃金構造基本統計調査のデータによると、全国平均が約50万円となっています。

ガス会社社員の仕事は、安全に一般家庭や企業にガスを提供することです。生活の大切なライフラインになっているガスは、一歩間違えると大きな事故に繋がる可能性があります。ガス会社社員の仕事は責任も大きく、残業も比較的することも多いです。体力的にも精神的にもハードな仕事ではありますが、ガス会社社員の給与レベルは高めと言えます。

ガス会社社員として経験を積んでお客様に喜んでもらえたり感謝されたり、やりがいも大きい仕事です。給料だけに捉われて、心が折れないようにすることも大切になります。

勤務期間に応じて給料もアップすることが多い

ガス会社社員の給料は、勤務期間に応じてアップするのが一般的です。ガス会社社員は特に特別な資格を有していなくても業務に就くことが出来るので、最終学歴で採用時の給料が左右されることはあまりないといってよいでしょう。

求人を探す際は給与以外の手当もチェック

ガス会社社員全体の統計では、給与とは別に支給される賞与は年間で約139万円前後という結果が出ています。ガス会社社員の仕事は残業も多い現実の中で、企業によっては基本給以外の手当や残業代が支給されない場合もあります。

転職を検討する場合には、求人票の一覧で残業代が支給されるかを賞与や各種手当、昇給の有無を含めて確認することをお勧めします。

男女でも平均給与に差がある

ガス会社社員は男女ともに人気のある職業ですが、厚生労働省の統計によると男性と女性では平均給与に差があります。男性で見た場合には平均給与は働き盛りの30代で38万円なのに対して女性は28万円となっています。

男女で差が出やすいのは、女性の場合には結婚や出産で現場を離れることが多いからと言えます。落ち着いてから復職する人もいますが、その間のキャリアが中断してしまう事が大きなポイントと言えます。

平均給与はガス会社社員として働く場所の規模によって変動

ガス会社社員の給与は前述しましたが、あくまで全国的な数字です。勤務先の企業の規模によって、給与も大きく変わると考えられます。小さな規模のガス会社よりも東京ガスのような大手のガス会社社員の方が規模を考えても平均給与は大きくなると考えられます。

経験や実績によっては給料アップにつながることも

ガス会社社員の給与は一般的にみると高い方ですが、経験を積んで実力を積むことで、さらなる給料アップが見込めます。転職する場合には規模の大きな企業での経験や役職に就いていた経験があれば給料に実績を考慮してもらえる可能性は高いでしょう。

資格取得が給料や手当に反映されるケースも

ガス会社社員の仕事はスキルレベルが給料に反映されやすい職業と言えます。資格取得をしていれば、採用に有利に働くことに加えて給与アップの可能性にもつながるでしょう。将来のことを考えて資格を取得することは有意義な事と言えるでしょう。

ガス会社社員の資格の中で給料への評価に繋がりやすいのは、管工事施工管理技士やガス主任技術者の資格です。ガス会社社員として多くの人に安心してガスを使ってもらう為に必要な資格と言えるでしょう。持っていれば十分なスキルがある証拠にもなります。

資格取得が給料アップになるかどうかは勤務先次第というのが実情です。それでも取得した資格を活かす為にも、就職や転職をする場合には資格手当の支給がされる企業を探す事が大切になりそうです。求人票を確認すれば資格手当が出るかどうか記載されているので細かく確認してみましょう。

ガス会社社員の平均年収

ガス会社社員の年収は500~700万円前後

ガス会社社員の平均年収を厚生労働省の統計一覧の平均給与と年間賞与から算出すると約642万円になります。

新人の場合には月々の給与が18~20万円であれば、年収は200万円台になることも考えられます。ですが、ガス会社社員として経験を積んでいけば給与がアップしていき、ガス会社社員の一般的な年収は500~700万円になります。

さらに役職が上のポジションになるにつれて多少の給与アップは見込めます。残業も多く責任の大きな仕事ではありますが、年収レベルは高めの傾向にあると考えられます。

昇格すれば平均給与以上の給与や年収の可能性も

ガス会社社員として平均以上の給与や年収を稼いでいる人の多くは、昇格して役職に就いている人が多いです。課長以上の役職に就くことが出来れば大幅な年収アップを目指す事も夢ではありません。

ガス会社社員として課長になれれば平均年収は約910万円、部長になれば平均1001万円と1000万円クラスの年収を獲得出来ます。

とはいえ、昇格するには知識やスキルの高さとともに人を引っ張っていくリーダーシップ、コミュニケーション力も必要になるでしょう。成功の道は簡単ではありませんが、地道な努力を重ねて実力をつけることで、少しずつ実力は認められていくはずです。

職種によってガス会社社員の年収は異なる

ガス会社社員と言っても仕事内容はその中で大きく分かれています。営業をする人や管理をする人などそれぞれの職種によってもガス会社社員の年収は異なります。

総合職であれば平均年収は700~800万円、技術職は500~600万円という結果が出ています。事務などをメインしてガス会社の管理を行う一般職の平均年収は約500~600万円という結果が厚生労働省の賃金推移から出ています。

あまり大きな差はありませんが、より高額な年収を目指すのであればガス会社社員の総合職を目指すのが良いと言えるでしょう。

ガス会社社員の給与・年収まとめ

ガス会社社員の年収レベルは高め。やりがいを得られる仕事

ガス会社社員の平均給与や年収レベルは、精神的にも肉体的にもタフさが求められる仕事内容と比較すると高めの傾向と言えます。各種手当や残業代がある就職先かという事でも差が出やすいでしょう。

ガス会社社員は経験を積むことで給与アップが見込めます。資格を取得したりコツコツと努力をすることで好待遇で転職出来る可能性もあるでしょう。昇格して平均以上の年収を獲得できるチャンスもあるかもしれません。

ガス会社社員という職業は、ガスを多くの人に供給したいという熱い気持ちを持って努力を続ければ自分の夢が叶うかもしれない魅力の仕事と言えるでしょう。

ガス会社社員の参考情報

平均年収500万円~700万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ガス会社社員の関連記事