財務専門官になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

財務専門官になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

財務専門官は金融業界のプロフェッショナルです。さまざまな金融機関や企業の違法行為を監視する、地方都市、大都市を活性化させるためにはどうすれば良いかをあれこれ考え取り組む仕事など、さまざまな任務が課せられます。財務専門官になるためにはどのようなスキルが必要なのでしょうか。

財務専門官になるには何が必要?

財務専門官になるためには、どのようなことが必要なのでしょうか。財務専門官は国家公務員のため、年に1度行われる財務専門官採用試験に合格をする必要があります。しかし、合格をするだけでは、財務専門官になれても途中で仕事が嫌になってしまい諦めてしまう可能性もあります。

このようなミスマッチを避けるために、財務専門官になるためには次のようなスキルが必要不可欠であることを覚えておきましょう。

お金の知識

財務専門官はお金のスペシャリストです。経済の動向を把握していることはもちろんのこと、日本の金融がどのような動きをしているのかを事前に知っておくと良いでしょう。また、それだけではありません。財務専門官はお金の知識を活用して、悪さをしようとしている企業を取り締まることもあります。

そのため、お金の良い使い方、悪い使い方を熟知しておく必要があります。お金にまつわるさまざまな知識を習得しなければならないため、お金に対して関心がなければ務まらない仕事であると言えます。

学力が必要

財務専門官になるために必要な学歴はないものの、試験に突破するためのある程度の学力が必要になります。お金を管理する上で必要な数学の勉強はしておくと良いでしょう。また、法律についても問題が多く出題されるため、経済や数学の偏った内容だけでなく、お金にまつわる法律の勉強をしておくことをオススメします。

やる気

財務専門官は、面倒な仕事や地味な作業が多いため、高いモチベーションがなければ仕事を続けることが難しいと言えます。そのため、財務専門官にどうしてもなりたいという熱意を持った上で、財務専門官への試験勉強をするようにしましょう。

財務専門官に向いている人、適性がある人

財務専門官に向いている人と適性がある人はどのような人物なのでしょうか。ここからは財務専門官に向いている人、適性がある人の特徴について詳しく紹介していきましょう。

向いている人

財務専門官に向いている人は次のような人物です。どちらかというと「お金に興味がある」という方よりも、次のような意識を日頃から持っている人が向いている仕事だと言えます。

責任感が強い人

財務専門官の仕事は責任感が伴う仕事です。さまざまな業務に対して責任を持った上で取り組まないと取り返しができないミスを生むこともあります。また、キャリアを積んでいけば責任感がかかる仕事を任されることになるため、責任感が必要になります。

熱意のある人

財務専門官の仕事は、金融のさまざまな仕事を扱うことになるため、面倒な業務も多くあります。また仕事内容によっては残業や遅くまで仕事をすることもあります。そのため、財務専門官への熱意がなければ仕事を最後までやり通すことは難しいと言えるでしょう。

また、どのような仕事に対しても全力で取り組むことができるようなタイプの人でなければ、財務専門官の仕事はできないと理解しておきましょう。

協調性がある人

財務専門官の仕事は、1人で取り組む仕事でなくチームで取り組む仕事ばかりです。監査をするにしても、チームで協力をしながら行う必要があるので、自分の能力が優れていれば正しい監査を行うことができるということではありません。

仲間を尊重しながら同じ目標に向かっていく上で励ます、アドバイスができるような人物が財務専門官には向いています。また、チームで取り組むと時に妥協をするべきかどうかで頭を悩ませてしまうこともあります。このような場合でも、妥協をすることなくチームを鼓舞するような能力が求められます。

粘り強い人

財務専門官の仕事は、結果をなかなか出せずゴールが見えない状況になることもあります。このような状況下でも粘り強く仕事に取り組むことができるような気持ちを持っている方が、財務専門官には向いていると言えるでしょう。

適性がある人

財務専門官に適性がある人とはどのような人なのでしょうか。財務専門官に適性のある人物像について紹介していきましょう。

正義感が強い人

財務専門官の仕事の中には、企業・銀行を監視して違法な行為をしていないかを取り締まる仕事もあります。このような仕事では、正義感が無ければ些細なミスを見過ごすこともあるので、正義感が強くなければ財務専門官としての仕事をやり遂げることができない可能性があります。正義感の強い方は、財務専門官になることをオススメします。

客観的な判断力がある人

財務専門官の仕事は、主観的な視野で仕事をすると企業によって偏った監査をしてしまう可能性があります。このような事態になってしまうと、財務専門官として疑われてしまうため、常に客観的な判断を下すことができなければなりません。財務専門官には、客観的な判断力が必要であることを覚えておきましょう。

最後までやり通す力がある人

1度決めたことを最後までやり通す力が財務専門官には求められることもあります。最後までやり通す力も必要です。やり通す力が難しい仕事を可能にさせることができます。

人と接することが好きな人

財務専門官のどの仕事も人と接することをベースとした仕事となっています。そのため、人とのコミュニケーションが苦手であれば、仕事をやりきることができません。人とのコミュニケーションが好きな方には財務専門官の仕事がオススメであると言えるでしょう。

財務専門官になるための学校・教室

財務専門官になるためには、どのようにすれば良いのでしょうか。財務専門官採用試験を突破するために通うべき学校を紹介します。

資格の専門学校に通う

資格の専門学校に通い、財務専門官に必要なスキルを学ぶ方法があります。専門学校の良い点は、試験に向けての対策をしっかり行うことができるので、難関な試験でも高い確率で合格することができるところです。合格をしたいのであれば、専門学校に通いましょう。

特に、士業を中心に開講している専門学校がオススメです。過去の問題を元に効果的な学習ができるだけでなく、疑問を学校で解決することが可能なので、独学だけに頼らず専門学校に通い、試験対策をしましょう。

過去の問題を解くだけでなく実践的な対策が可能

専門学校では、過去に出題された問題をただ解くのではなく、試験後も知識として使えるようなわかりやすい解説をしてもらうことができます。また、苦手分野を集中して勉強することができるため、独学よりも効率よく勉強していくことが可能です。

大学で学ぶ

大学によっては、大学が資格対策講座を開講しているケースもあります。このようなセミナーに参加をすれば、過去の出題傾向を知るだけでなく、学校の影響が出ない程度にマイペースに資格対策の勉強をすることが可能です。

授業料も通常の専門学校に比べて安く受講することができるため、学校で開講している場合は積極的に受講することをオススメします。オススメは大学3年生になった頃から一気に集中して勉強をすることをオススメします。

大学生は社会人に比べて時間があるだけでなく、高い集中力で勉強に臨むことが可能なので、大学3年生であれば、このような方法で勉強をすることをオススメします。

財務専門官になるには?まとめ

金融のプロになるためには強い精神力が必要

財務専門官は、お金を扱うプロフェッショナルです。しかし、お金の知識よりも粘り強い精神力や、強い正義感が求められます。

これから財務専門官を志すのであれば、強い精神力を持った上で志すようにしてください。強い気持ちで臨めばきっと良い財務専門官になることができるでしょう。

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

財務専門官の関連記事

公務員に関する他の職業KANREN JOB