翻訳家の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

翻訳家の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

翻訳家の仕事は一言で言うと、外国で作られた文芸作品や映像作品を日本語に訳す仕事です。単なる機械的な直訳ではなく、外国の文化や表現方法に精通している翻訳家にしか生み出せない、作品の世界観や雰囲気を表現するのに最適な日本語への翻訳が求められている仕事です。翻訳家の仕事内容について紹介します。

翻訳家とはどんな仕事?

翻訳家の仕事とは、簡単に言えば外国で作られた本の文章や映像作品のセリフを翻訳して日本語に訳す仕事です。

近年ではインターネット技術の発達によって自動翻訳の精度も飛躍的に向上していますが、翻訳家が訳した文章と比べると日本語としての不自然さが目立ちます。翻訳家の仕事は外国語で出来ている作品を違和感のない日本語に訳すことが強く求められています。

そのため、外国語に精通していることはもちろんですが、日本語の多種多様な表現方法を詳しく知っていて、外国語を訳すときにその言葉の訳として最適な日本語を当てはめられる語彙力も持ち合わせている翻訳家が、優れた翻訳家であると言われています。

文化交流の大切な橋渡し役

翻訳家の大切な役割の1つが外国との文化交流のための仕事であるという点です。

インターネットの発達によって以前よりも多くの人々が外国の文化に触れることが出来るようになってきていますが、文学作品や映像作品を翻訳なしで楽しむことが出来る人は多くありません。

そのため、外国の文化を日常的に楽しむ生活をしている私たちにとって、翻訳家の方々の質の高い仕事は必要不可欠であると言えます。

また、日本の文学作品やアニメ、漫画などが海外で一定の評価を受けていることも、評価してくれている国に優秀な翻訳家がいることを示しています。

いくら作品自体が優れていても、翻訳される際に発売される国の文化や表現方法に精通していなければ、本当の作品の面白さを伝えることは出来ないからです。

翻訳家の仕事の具体的な内容

翻訳家の仕事は様々な外国語の文章やセリフを日本語に訳すことです。

仕事によってジャンルは大きく異なりますが、翻訳する作品の種類は大きく分けて3つに分類することが出来ます。

文学作品や楽曲の歌詞の翻訳などをする文芸翻訳

海外で出版された文学作品や雑誌、楽曲の歌詞などの様々なジャンルの文芸作品を翻訳することが文芸翻訳です。

どの翻訳の仕事でも正確さが求められているのは同じですが、特に文芸翻訳ではその作品の世界観を壊さないようにしつつ、雰囲気を上手く表現することが求められます。外国語が堪能で、すぐに訳すことが出来たとしても日本語の表現力が乏しければ、優れた文芸翻訳は出来ません。

同じような言葉の意味であっても微妙にニュアンスが異なっているので、使っている人物や世界観などの背景により最適な日本語表現を使いこなさなければなりません。

企業や研究機関が利用する実務翻訳

企業がビジネスのために使う海外企業との取引文書や輸入した機械のマニュアル、取引の際の契約書。

研究機関に所属している研究者が海外の論文を翻訳してもらったり、国際的な雑誌や学界の発表のために論文を執筆したりするときは、基本的にすべて英語で書いています。このような日常の仕事に深く関わっている翻訳のことを実務翻訳と呼んでいます。

映画やドラマなどの映像作品の翻訳を行う映像翻訳

海外で製作された映画やドラマ、ドキュメンタリーなどの映像作品を翻訳する仕事を映像翻訳と呼んでいます。

映像翻訳では、まず作品を見て日本語字幕を制作していくのですが、人間が一瞬で文字を読める速度には限界があるため、きちんと説明すると長くなってしまう内容でも、出来る限り少ない文字数で要約してまとめなければなりません。

また、映像作品では文芸翻訳よりもスラングなどの教科書には出てこないような汚い言葉遣いや、その国の若者たちの間で流行している文化や言葉遣いなども理解しておかなければなりません。

常に自分が翻訳する外国語の新しい表現などを吸収しようと心がけていなければ、たとえどれだけベテランで翻訳の経験があっても、誤訳をしてしまうことになります。

映像作品で誤訳をしてしまうと、原作などがある場合は、原作のファンからすぐに指摘されるので、結果的に自分の評価を落としてしまい、次の仕事がもらえなくなったりするリスクがあります。

翻訳家の仕事のやりがいと大変な事

翻訳家の仕事には自分の翻訳を多くの人々から評価してもらえるというやりがいがあります。翻訳は通訳とは違い、人前で仕事をすることはほとんどありません。

一見すると一日中机に座って本やパソコンと向き合っているので地味な仕事に思われることもあります。周りと協力して仕事をするというよりは個人で仕事に取り組むという意識が高い仕事です。

自由な働き方が選べる

翻訳家として経験を積めば独立をして自営業のフリーランスとして活動することも可能です。会社に出社しなくても自分の家で好きな時間に働くことが出来るので、自由な働き方を選ぶことが出来ます。

実務翻訳などで日常的に翻訳作業が必要な企業などでは、翻訳や通訳が専門の社員を雇っていることが多いです。

翻訳家の仕事の大変な事

翻訳家の仕事の大変な事は表現の仕方や文化の違いを理解して日本語に翻訳することです。日本語にあって外国語にない表現が沢山あるのと同じように、外国語にも日本語にない表現や概念などが沢山あります。

現在の日本語の会話で普通に使われている外国語も沢山ありますが、外国で使われている本来の意味やニュアンスと微妙に違う使われ方をしている言葉も少なくありません。

普通の日常会話では相手に通じれば問題はないのですが、翻訳家という仕事では少しでも表現が異なってしまうと、作品に触れた人々に誤解や誤った知識を植え付けてしまうことになりかねません。特に小説や映画などで翻訳家の間違った訳が多いと、ストーリーや登場人物の性格そのものが間違って認識されてしまいます。

そのため、翻訳家は単語など外国語の直訳だけを覚えるのではなく、実際にその国の人々がどういった文化を持っていて、どのようなニュアンスでその言葉を使っているかということも知っておかなければなりません。

また、言語は移り変わっていくものなので、新しく使われるようになる言葉や使われなくなっていく言葉があります。一度勉強したらずっと翻訳家として仕事が出来るわけではなく、翻訳家として働き続ける限りはずっと勉強し続けなければなりません。

常に新しい知識を吸収して使いこなすためには相当の勉強量が必要になるので、翻訳家として働き続けるためには一日中語学の勉強をしていても辛くないということが大前提として求められています。

最適な日本語を選び出すセンスも問われる

翻訳家は仕事として様々な分野に関わります。特定の外国語が使われていれば、政治や経済、医学や薬学の研究などの学術的な分野からアクション映画やゲーム、アニメのセリフの翻訳など様々な分野に関わることが出来ます。

外国語として同じ単語が使われていたとしても、その単語が学術的な論文に出てきたときと、子供向けアニメ映画のセリフで出てきたときのニュアンスは異なります。

翻訳家は同じ単語であっても、ニュアンスが変わらないようにするために、どの日本語に当てはめれば本来のニュアンスを変えずに見た人に伝わりやすくなるかを常に考えて仕事をしなければなりません。もし根本のニュアンスが本来の意味と変わってしまえば、見た人は誤解をしてしまいます。

映画のセリフや文学作品などで訳が間違ってしまったとしても、誰かが傷つくことはありませんが、医療器具や工業機械などの説明書の翻訳などがもし間違ってしまったら、その説明書を読んで使用する人が誰かを傷つけてしまい、場合によっては命を奪ってしまうかもしれません。

翻訳家はその場に合った分かりやすく、意味的にも適切な日本語訳を選び出せるセンスが必要です。

翻訳家の仕事内容まとめ

翻訳家の仕事は様々な分野に関わることになります。学術的な論文や外国の政治家の発言からアニメや漫画の翻訳まで幅広い仕事があります。

文学作品の翻訳などは、翻訳の完成度の高さが売り上げを左右するほど重要な仕事です。

フリーで活躍する翻訳家が増えている

現在では翻訳家はフリーランスとして活躍している人が増えてきています。副業として空いている時間に翻訳家の仕事をしている人も少なくありません。

翻訳プロダクションなどで専業翻訳家として働いてからフリーランスになる人も多くいます。

翻訳家への転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

翻訳家の参考情報

平均年収400万円〜600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種国際

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

翻訳家の関連記事

国際に関する他の職業KANREN JOB