JETRO職員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

JETRO職員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

JETRO職員になると、どの程度の給与や年収を稼ぐことができるかご存知でしょうか。JETROは独立行政機関であるため、年齢に応じて年収が少しずつ高くなっていく年功序列制度が特徴的です。本記事では、JETRO職員の初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

JETRO職員の初任給

20代の初任給は20〜30万円

勤務形態によって初任給は変わりますが、20代の初任給は20〜23万円前後です。初任給だけで見ると一般企業と同程度の給与になります。

初任給は安めですが年齢を重ねていくたびに給与が高くなっていきます。20代前半は勉強期間と捉えましょう。JETRO職員として活躍することができる30代までに必要なスキルを身につけると他の職員との差をつけることができます。

20代の過ごし方で、将来的な給与が決まる

JETRO職員として給与を少しでもあげたいのであれば、20代のうちに必要なスキルを身につける必要があります。20代はJETRO職員にとって勉強することができる貴重な時間です。20代のうちは先輩と一緒にプロジェクトを進めることになるので、ある程度の失敗は許されます。

一方で30代に突入すると仕事の中心的な存在になるため、失敗することが難しくなります。30代以降に優秀なJETRO職員になるためには、20代でさまざまな経験をすることが求められるので、給与をあげたければ、次のようなことに意識をして仕事に取り組みましょう。

仕事の進め方を学ぶ

企業の海外ビジネスのサポートをする仕事なので、一連の業務の流れがどのように進むかを覚えるだけで仕事ができるわけではありません。

仕事で想定されるトラブルを経験し、どのように対処すべきかを多く経験しておきましょう。経験を積んでおけば、中心的な役割を担当した時にどのように対応をすべきかが判断することができるので、どのようなプロジェクトにも取り組むことができます。

仕事でわからない点があれば、先輩に色々聞いて将来的に役立てるようなノウハウを身につけるようにしましょう。

現地の人とのコミュニケーション術を学ぶ

英語を話せても実践的な会話をすることができなければ、JETRO職員として活躍することができません。どのような英語を現地の人とコミュニケーションをする上で必要になるのかを体に叩き込むようにしましょう。

JETRO職員の平均給与

平均給与は40〜50万円

JETRO職員の平均給与は、40〜50万円前後です。

20代の頃は給与が20万円〜30万円ですがキャリアを重ねると給与が高くなり、30代前半で30万円前後になります。その後、40代になるにつれて給与が上がっていき、40代後半になる頃には国内で勤務する職員でも給与が50万円前後になることが可能です。

職員の中には、50万円以上の給与を30代で実現させている人もいます。なぜ30代で給与が50万円以上になるのかについては後ほど詳しく紹介します。

高給取りになるためには

JETRO職員は年齢とともに給与が高くなっていきますが、中には飛躍的に給与が高くなるケースもあります。飛躍的に給与が高くなるケースとはどのようなケースなのでしょうか。紹介していきましょう。

海外赴任

海外赴任を命じられると、給与とは別に海外赴任の特別手当が支給されます。それによって通常支払われた給与の倍の給与を受け取ることも可能です。後ほど詳しく紹介しますが、海外赴任をすることで、同じ年齢でも飛躍的に給与を高くすることが可能になります。

もちろん給与が高いのは海外赴任期間中なので、国内に戻ればその年齢に合わせた給与に戻ることを忘れないようにしましょう。

役員になる

役員になれば、給与が一気に高くなります。役員になる方法はさまざまです。職員の中から任命される場合もあれば、公募で役員を外部から雇うというケースもあります。

公募で役員になる場合は、企業で確かな実績を残して置かなければ採用されることが難しいでしょう。競争率も高いので、確実に選ばれるためにも職員で実績を積み、選ばれるような人材になるよう目指しましょう。

実績を残す

高い実績を残せば役職につける可能性が高まるので必然的に給与も高くなります。JETRO職員は、どのような仕事をしたのかはっきりと形として表すことができる職業です。

自分の担当する仕事を全力で取り組んでいれば評価対象になり、給与が上がる可能性があります。

JETRO職員の年収統計

およその平均的な年収は500〜600万円

JETRO職員の年収を平均すると500〜600万円前後です。

20代後半で400万円前後に到達し、そこから給与があがり30代後半には500万円以上になります。50代になると600万円前後を稼ぐことが可能になるでしょう。独立行政機関であるため、年齢に応じて年収が少しずつ高くなっていく点が特徴であると言えます。

国内職員と海外職員年収が高いのは

JETRO職員には国内で活動をする職員と、海外に派遣されて活動をしている社員がいます。この他にも委託された職員などさまざまな働き方をしているケースがありますが、年収が高いのは海外赴任をしている職員です。

同じ30代を例にとり、どの程度金額が違うのかを紹介しましょう。国内で仕事をしている職員が年収500万円前後とすると、海外赴任する職員は同じ年代でも年収が800万前後になります。同じ年代でも年収が大きく異なるので、JETRO職員として少しでも年収をあげたいと考えているのであれば、海外赴任を希望するようにしましょう。

しかし、職員の中でも誰もが海外に赴任することができるわけではありません。英語が堪能なのはもちろんのこと、職員の中でも優秀な職員しか派遣されることはないので、日頃の業務から責任を持って仕事をするようにしましょう。

1,000万円以上を稼ぐためには

JETRO職員として年収1,000万円以上稼ぐことは可能なのでしょうか。結論を言えば、職員として年収1,000万円以上に到達することは決して不可能ではありません。海外赴任をすれば年収が一気に高くなるので、40代以上になれば到達することができるでしょう。

国内で達成したいのであれば、役員クラスの職員になることです。役員クラスの職員は年収1,000万円以上の報酬を受け取っている職員が多く、トップに立てば年収2,000万円に到達することができます。

もちろん、役員クラスの職員になるためには、優秀な実績を残す必要があります。JETRO職員として一生懸命仕事をしていれば、チャンスが全くないわけではないので年収を高くしたい人は役員クラスを目指しましょう。

JETORO職員は年収の他に福利厚生が充実している

JETRO職員は海外赴任をすると給与があがり、1,000万円近い年収になることも可能です。役員になると年収が2,000万円前後になるなど給与面では申し分ない条件と言えるでしょう。しかしお金だけではありません。それ以外の面でもJETRO職員になると良い点があります。

JETRO職員は福利厚生が充実しているので、産後休暇や育児休暇などをしっかり取得することができます。特に女性でJETRO職員を目指そうとしている方は、キャリアを続けながら育児などもしっかりと行うことができるでしょう。

JETRO職員の給与・年収まとめ

給与、年収だけでなく待遇が良い仕事

JETRO職員は独立行政法人のため企業に比べて安定した給与や年収を期待することができます。しかも、海外赴任をすれば手当も多くなるので、給与が飛躍的に高くなる可能性があります。

JETRO職員の仕事は大変な仕事が多い一方で、給与はしっかりもらうことができるだけでなく福利厚生も充実しているので、人気の職業と言えます。

JETRO職員の参考情報

平均年収500万円〜600万円
必要資格
  • JETRO採用試験
資格区分 試験合格
職種国際

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

JETRO職員の関連記事

国際に関する他の職業KANREN JOB