JETRO職員になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

JETRO職員になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

日本企業の海外ビジネスをサポートするJETRO(独立行政法人日本振興機構)は、これからの日本にとって欠かすことができない存在です。海外と日本企業の橋渡しを行うJETRO職員になるにはどのようなことが必要なのでしょうか。本記事では、JETRO職員に求められるスキルや人間性、向いている人の特徴などをご紹介します。

JETRO職員にはどんなことが必要?

JETRO職員になるには、どのようなことが必要なのでしょうか。

JETRO職員は、「グローバルな人材」であることが求められます。日本企業の海外進出をサポートする仕事になるので、グローバルな人材でなければ仕事ができないと認識しておくと良いでしょう。

それでは、どのような人間性が必要になるのか具体的に紹介していきます。

外国語が堪能

JETRO職員になるには、外国語を話せることが必要不可欠な条件であると言えるでしょう。

海外進出をするにあたり、職員が現地の企業や自治体と交渉することもあります。また、海外にJETRO職員が派遣されることもあるので、外国語が話すことができなければ仕事をすることは難しいと言えます。

外国語といっても、英語だけ覚えておけば良いわけではありません。英語以外にも、ドイツ語やフランス語など別の言語も話すことができればそれだけで仕事の幅が広がるので、語学な堪能な人には有利な職業だと言えます。

第二言語はどれを取得すべきか

英語は話せてもそれ以外の言語はこれから勉強しようと考えている方はどの言語を習得すれば良いのでしょうか。迷っている場合はどのような仕事をしたいかを目標を設定しておくと、習得すべき言語はどれかを見つけることができます。

例えばインドや中国に日本企業をマッチングさせたいという思いがあれば、中国語やヒンディー語を学ぶことで自分のやりたい仕事を任される可能性があります。

自動車関連の企業を支援したいという思いがあるのであれば、メーカーが多いドイツに絞ってドイツ語を覚えるといった目標でも構いません。英語が完璧に話すことができれば、第二言語は補助をするための役割にすぎないので、将来的なことを考えて学ぶようにしましょう。

海外の経済事情に詳しい

JETRO職員になると、海外の経済事情に詳しくなければなりません。国内からでも海外の情報をネットで収集することも可能ですが、より正確な情報を知るためには現地の言葉で記載された新聞や雑誌などの情報を入手する必要があります。

経済情報に精通していれば、海外進出をしたいと考えている企業に的確なアドバイスをすることができるので、海外の経済事情を常に仕入れておくようにしましょう。

専門的な知識を持っている

JETRO職員に転職をする方の中には、専門的な知識を持っている方も少なくありません。JETRO職員には英語をビジネスレベルで話すことができるスキルを求められますが、特定のジャンルで専門的な知識を持っていれば英語力の低さをカバーすることも可能です。

日本企業を海外進出させるために必要な専門知識や人脈をもっていればJETRO職員として活躍できる可能性があるので、外国語が苦手だから諦めようと判断しないようにしてください。

JETRO職員に向いている人、適性がある人

JETRO職員に向いている人や適性がある人とはどのような人物なのでしょうか。JETRO職員に向いている人や適性がある人について紹介します。

向いている人

JETRO職員に向いている人は次のような人物です。次のようなスキルを持っていると、JETRO職員として活躍できる可能性があります。

コミュニケーション能力が高い

外国語が堪能でもコミュニケーション能力が高くなければ、JETRO職員としての仕事をこなすことは難しいと言えます。特に、JETRO職員には高いコミュニケーション能力が求められます。

現地のスタッフ、クライアント、一度の仕事でさまざまな人たちと密なコミュニケーションを取る必要があります。コミュニケーションがうまく取れないと仕事に影響してしまう可能性があるので、コミュニケーション能力が高い人には向いている仕事だと言えます。

交渉力がある

海外進出をするにあたり、現地から難しい要求を言われることもあります。困難な状況に遭遇した時に交渉次第でうまく成立する方向に持っていくことも可能なので、仕事をする上で高い交渉力があるとJETRO職員としても活躍することが期待できます。

人に何かを提案することが好き

海外進出をしたいと考えている企業の中には、どのような方法で進出をすれば良いかよく分かっていないという企業もあります。このような企業に対して、どのようにすれば海外に進出することができるのかをJETRO職員が提案することもあります。

提案することが好きな人であれば、困っているクライアントに対してさまざまなアイデアを提案することができるので仕事の幅が広がると言えるでしょう。

適性のある人

JETRO職員として適性のある人物像はどのような人物かを紹介します。

外国語が堪能である

JETRO職員は外国語を話すことが必要不可欠なので、もともと外国語を話すことができる人は勉強をする必要がないので有利に働ける可能性があります。

外国語を現地の人と対等に話すスキルが求められるので、同じ能力であれば高い言語力を持っている人は採用されやすくなります。

客観的な分析力がある

JETRO職員の仕事では、依頼された内容を客観的に分析することもあります。状況によっては海外進出をすることを止める提案をすることもあります。

客観的な判断力がなければ、企業が進出した時にリスクを背負ってしまうこともあるので、主観的ではなく客観的な判断能力も必要です。

粘り強い性格である

仕事の内容によっては、何度も交渉をすることが必要なケースもあります。困難な状況に立たされても諦めずに取り組むことができるかJETRO職員には求められます。

物事に対して粘り強く取り組むことができる方は、JETRO職員の仕事にも向いていると言えるでしょう。

JETRO職員になるための学校・教室

JETRO職員になるための学校や教室はありません。JETRO職員になりたいのであれば、JETRO職員に求められているスキルを習得するようにしましょう。

インターンに応募する

学生であれば、JETRO職員のインターンとして働くことができます。インターン生として働くことで、仕事の流れや社内の雰囲気を掴むことができるので、大学生でJETRO職員として働きたいという夢を持っている人は、インターンに応募するようにしてください。インターン生として活躍することができる可能性があります。

外国語を習得する

特別なスキルを持っていても英語が話すことができなければ、採用試験で落とされてしまうこともあります。

JETRO職員として活躍したいのであれば、まずは外国語のスキルを上達させましょう。ビジネス会話ができるレベルの英語力が求められるので、計画的に外国語の勉強をするようにしてください。

JETRO職員になるには?まとめ

グローバルに活躍することが期待できる仕事

JETRO職員にはグローバルな人材が求められています。グローバルなスキルを備えていればJETRO職員になることが可能です。

JETRO職員の仕事は日本企業と海外をつなぐ仕事なので、これからも需要が高まっていくことが考えられます。海外と日本との橋渡しになる業務はやりがいもあり、充足感も高い仕事であると言えるでしょう。

高いスキルを持っていれば、自分のスキルを最大限活用して活躍することができる仕事なので、これから海外目線で活躍するJETRO職員に就職・転職しようと検討している方はこの機会に応募してみてはいかがでしょうか。

JETRO職員への転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

JETRO職員の参考情報

平均年収500万円〜600万円
必要資格
  • JETRO採用試験
資格区分 試験合格
職種国際

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

JETRO職員の関連記事

国際に関する他の職業KANREN JOB