市役所職員になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

市役所職員になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

市役所職員になるには、どのようなスキルがあれば良いのでしょうか。このページでは、市役所職員になるために必要なことを解説します。これから市役所職員を目指そうとしている人はぜひ参考にしてください。

市役所職員になるには何が必要?

市役所職員になるためにはどのようなスキルが求められるのでしょうか。市役所職員になるために必要なことを紹介していきます。

コミュニケーション能力

市役所職員になるためには、コミュニケーション能力が最も重要になります。市役所職員の仕事の多くは、市民に対して行う仕事が圧倒的に多くなります。戸籍や住民票の取得をする作業にしても、依頼してきた市民に対して説明をしなければならない場面もあります。

また、年金や生活保護のような仕事では、コミュニケーションを通して問題解決や手続きの案内をすることになるので、コミュニケーションが苦手な人にとっては、市役所職員の仕事はあまり向いていないといえます。

コミュニケーションがないとなぜできないのか

コミュニケーション能力は市民に対するものだけではありません。仕事をするうえで別の課と意見を交換することもあれば、企業とコミュニケーションを図ることもあります。

市役所職員は内外問わずさまざまな人とのやりとりが必要不可欠です。「職員同士のコミュニケーション能力だけを磨けば良い」と、わりきったコミュニケーションをとっていると仕事に支障をきたす可能性があるので、どのような人とでも対等に話すことができるよう、接客に必要なコミュニケーションスキルを磨き、あらゆるバリエーションに応える必要があると理解しておきしょう。

専門的な知識を身につける

窓口の対応をする行政職とは別に、専門的なジャンルの仕事を扱う技術職があります。技術職に就く場合は、専門的な知識が必要不可欠になります。さまざまなジャンルの専門職があるので、どのような専門職に就きたいかよく考えて必要なスキルを身につけるようにしましょう。

専門的な知識は入庁後でも身につけることができるか

技術職の専門的な知識は、市役所の入所後でも身につけることができるのでしょうか。技術職の場合、試験時に、専門的な知識を問う筆記試験が出題されるため、入庁後ではなく入庁前から知識を身につけておく必要があります。

もちろん、市役所での業務に必要な知識は入庁後に学びますが、基礎知識がなければ技術職として常識を知らないことになってしまうので、専門的な勉強をしっかりしたうえで技術職の試験に臨むことをおすすめします。

市役所職員に向いている人、適性がある人

市役所職員に向いている人、適性がある人とはどのような人なのでしょうか。それぞれの特徴を紹介しながら、市役所職員に向いている人、適性がある人を紹介しましょう。

向いている人

市役所職員に向いている人は、次のようなスキルを持っている人です。次のようなスキルをすでに持っている人であれば、市役所職員になっても比較的苦労することなく仕事に集中して取り組むことができます。

細かい作業が得意

行政職の職員は細かい作業が多くあります。申請書類を効率良く作成するだけでなく、記入漏れがないかなどを細かくチェックして作業を進める必要があるので、窓口の仕事になると比較的地味な仕事が多くなるといえるでしょう。

データの確認や書類の作成など、エクセルなどを用いた細かい作業が得意な人は、窓口業務の担当になっても、迅速に対応することができるでしょう。

効率良く働くことができる

戸籍や住民票を作成する場合は、効率良くさばいていかないと待っている市民が増えてしまうので、効率性も求められます。優先順位を常に考えて業務に取り組む必要があるので、仕事を行う時に効率を考えながら動ける人は、この仕事に向いているといえます。

わかりやすい説明ができる

市役所の手続きのなかには、市民が全く知らないような手続きもあります。このような手続きを行う際は、市民に対して難しい言葉で説明しても全く伝わらない場合があるので、自分の言葉でわかりやすく説明をする必要があります。

難しいことを人にわかりやすく説明することができるスキルがあれば、このような状況に遭遇してもトラブルなく乗り切ることができるので、身につけておきましょう。

適性のある人

市役所職員の適性がある人物とはどのような人物なのでしょうか。適性のある人物について詳しく紹介していきます。

自己犠牲の気持ちがある

市役所職員は場合によっては自己犠牲を強いられる時があります。例えば選挙時には開票作業をしに休日に担当する選挙会場の立会い作業に行かなければなりません。また、大きな災害が発生すると、避難場所に常駐したり、窓口対応を交代で行ったりと、自分の身を削るような仕事もあります。

このような仕事が市役所職員には必ず求められるので、何か起きた時に自分を犠牲にすることもいとわない人には向いているといえます。

人の役に立ちたいという気持ちが強い

市役所職員の仕事をするうえで、人の役に立ちたいという気持ちは大切です。市が主催するイベントで市民を楽しませる企画はもちろんのこと、窓口で困っている人に解決策を提案することもあります。

人の役に立ちたいという気持ちが強ければ、色々な場面で活用できるので、人のために役立ちたいという気持ちを持っている人は市役所職員に向いているといえます。

市役所職員になるための学校・教室

市役所職員になるには、公務員試験を突破する必要があります。公務員試験を突破するための対策ができる学校や教室について詳しく紹介していきます。

大学で勉強する

市役所職員の多くが、新卒の大学生が多いため、大学内で公務員試験への対策を実施している学校も少なくありません。大学で勉強することができれば、公務員試験の勉強をしながら単位を取得することができるので、入学時から公務員を考えている人は、公務員試験に役立ちそうな科目を積極的に履修するようにしましょう。

また、大学生向けの資格対策講座は通常の専門学校の授業料よりも安く受講することができるので、大学が開講している資格対策講座を受けることも選択肢として考えてみましょう。

公務員試験の専門学校に通う

集中的に勉強をしたいのであれば、公務員試験の専門学校に通うことをおすすめします。専門学校に通うことで、公務員試験対策を効率的に行うことができます。専門学校の良い点は、試験に出題される問題を中心に講義が展開されるため、無駄のない勉強が可能になることです。

少しでも早く公務員になりたいと考えている人や、大学生で残念ながら公務員試験に不合格になってしまったら、公務員試験の専門学校で集中的に勉強するようにしましょう。

社会人の人が市役所職員を目指す方法

社会人のなかには、働きながら社会人採用枠で公務員を目指す人も少なくありません。社会人枠は自治体によって条件が異なりますが、社会人でも市役所職員になれるチャンスはあります。

それぞれ採用試験があるので、試験勉強をする必要があります。しかし、社会人であればあまり時間が取れず、公務員試験の専門学校に通うことが難しい人もいるでしょう。このような場合は、自分のペースで勉強することができる通信講座をおすすめします。

市役所職員になるには?まとめ

人と関わることが好きな人におすすめの仕事

市役所職員になるには公務員試験を突破する必要がありますが、市役所職員になれても、上記のようなスキルが備わっていなければ、合わないと感じて仕事をやめてしまう可能性もあります。

難関試験を突破しても仕事が合わなければ意味がないため、今回紹介した必要なスキルを備えたうえで、市役所職員を目指すようにしてください。

市役所職員の参考情報

平均年収500万円~750万円
必要資格
  • 地方公務員採用試験
資格区分 試験合格
職種公務員

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

市役所職員の関連記事

公務員に関する他の職業KANREN JOB