リポーターになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

リポーターになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

プレッシャーのかかる仕事の一つ、リポーターになるには知識や技術を磨く以外にも肉体的な強さも必要です。仕事として続けるにはコミュニケーション能力や表現力を持ち続けられるかがポイント。どんな性格の人が向いているのか、求められる適性やリポーターになるための学校選び、取得すると有利な資格の情報についてまとめました。

リポーターになるには何が必要?

リポーターになるにはいくつか必要な要素が考えられますが、まずは状況判断能力が求められます。リポーターは日々現場を飛び回りあらゆる場所で状況を伝えるのが仕事です。

現場にいる人に取材をする事やディレクターとの打ち合わせを行い、資料を見て必要な知識を付けるなど、何を伝える必要があるのかを自分の頭で判断する状況判断能力が必要になります。情報を正しく伝えるために考える力はリポーターに求められます。

表現力もリポーターには必要

リポーターとしての仕事はあらゆる場所で状況を伝えることですが、臨場感を持って分かりやすくしっかりと情報を伝えなければいけません。観ている人がその状況を分かるように自分の言葉を伝える表現力が必要なのです。相手に物事を伝えることは簡単なことではないですが、表現力がある人はリポーターとして活躍することが出来るでしょう。

判断力の大切な要素

リポーターは時に危険な場所に赴いて状況を伝えることも必要になります。台風や災害場所でのリポートはどんなイレギュラーがあるか分かりません。そんな時にも臨機応変に判断してリポーターとしての仕事をこなさなければいけないのです。

体力も必要なリポーターの仕事

リポーターの仕事は意外とハードなので基礎体力がある事も大切になります。華やかなイメージのあるリポーターですが、仕事をする時間は決まっていないので深夜にリポートをすることもあるので体力は大きく消耗します。

ディレクターとの打ち合わせや状況を説明するために資料に目を通したりと、慣れるまではとても大変に感じることもあるでしょう。視聴者に状況を伝える為にも体が資本です。自己管理をしっかりと行い体調を崩さないように気を付ける必要があるでしょう。

絶対必要ではないがリポーターに関する資格があるほうが有利

リポーターになるには、何か特別な資格が必要という訳ではありません。ですが、資格を持っていれば一定の知識やスキルの証明にも繋がるので、転職時などで有利に働く可能性はあるでしょう。

リポーターとして働く人が取得する資格の中で代表的なものはアナウンス検定が挙げられます。人に情報を伝える仕事なので、しっかりとした話し言葉を使えることを証明するこの資格はリポーターとして必要と言えるでしょう。

語学力でコミュニケーションの幅を広げる

リポーターになるのに英会話が出来ないといけない訳ではないですが、語学力があると仕事の幅が広がる可能性があります。海外の現場でのリポートや海外でリポーターとして活躍するには必須になりますし、海外研修に行く際も戸惑う事が少ないかもしれないからです。

リポーターに向いている人、適性がある人

リポーターになるには、持って生まれたセンスや性格的な要素も影響することが多いです。

コミュニケーション能力はリポーターの適性のひとつ

リポーターに求められる適性として、まずはコミュニケーション能力が挙げられます。リポーターの仕事は取材対象からいかに情報を引き出すかがポイントになります。

質問をすることで今まで明らかになっていない事実を引き出すことが大切で、初対面の人にも問題なく話すことが出来るコミュニケーション能力はリポーターとして大事になります。相手の話しやすい流れを作るという意味でもコミュニケーション能力は必要不可欠になります。

準応力がある人もリポーター向き

リポーターの仕事は、現在起きている現場に赴いて、伝えることがメインの仕事になるので、流動的なスケジュールになる事がほとんどです。朝や夜中などにリポートすることもあり不規則な生活になる事は間違いありません。

芸能リポーターであれば記者会見や出演番組に合わせて現場に行きますし、報道レポーターは夜中でも速報が入り次第現場に行きます。どのジャンルのリポーターになるかによって多少の差はあるかもしれませんが、基本的には時間が決まっていることはありません。そんな生活にもしっかりと順応できる力がある人はリポーター向きと言えるでしょう。

リポーターとして感情表現が上手い人は向いている

リポーターとして今起きている事を説明することが仕事ですが、現場の状態の喜怒哀楽はそれぞれ異なります。嬉しい事であれば笑顔でリポートしますが、悲しい事や辛い事であれば真剣な表情で伝えることが必要になります。

どのジャンルのリポーターで働くかでも異なりますが、リポーターとして豊かな感情表現が出来る人は適性があると考えられます。

日本語が正しく使える人もリポーター向き

リポーターの仕事にリハーサルはありません、どんなときにもぶっつけ本番です。現場の状況は刻々と変わるのですぐに状況説明が求められるのですが、失敗できない状況でも正しく日本語が使えることはとても大事なことです。

噛まないように正しくない日本語は使わないようにしなければいけません。日本語について正しく使える人はリポーターとして向いていると言えます。

度胸もリポーターになるには求められる

リポーターになるには現場で仕事をこなせる度胸も必要です。リポーターはどんなときにもぶっつけ本番で生放送もよくある事です。そんなプレッシャーのある場面でもその場に応じた対応が出来る度胸も必要になります。

誰でも言葉に詰まったり、噛んでしまう事もあるでしょうが、失敗を跳ね返して次に繋げる度胸がリポーターの仕事には必要でしょう。

リポーターになるための学校等

リポーターになるために学校に通うことは、自分と同じようにリポーターを目指す仲間に出会えるということ。ライバルがいることで励ましあいながら目指せることが魅力と言えます。

リポーターの基礎が学べる専門学校

リポーターになるには専門学校に通って基礎知識を学ぶ人も多いです。現場状況やその場の雰囲気、取材感想を的確にそしてリアルに伝える表現力が求められる仕事であるために実習も多い専門学校で学ぶことが出来るでしょう。

専門学校では相手と話す環境が実習にも組み込まれていることが多いので、自然なコミュニケーション能力を養う事も出来るのはメリットと言えます。

カリキュラムやサポート内容を比較して学校選びを

リポーターになる為の専門学校は多く全国各地にあります。現役のリポーターに直接指導してもらえたり、現場の雰囲気で授業が受けられる実習を設けている専門学校も多いです。就職サポートが充実している専門学校を選ぶこともポイントで、卒業後の進路についての不安もなくリポーターとしての学びが出来ます。

大学でもリポーターになるための勉強が可能

リポーターになるために学校に通う選択肢としては、専門学校以外に大学に通って学ぶ人もいます。専用の学部を設けている大学は少ないかもしれませんが、マスコミ学や言語学などを学ぶことが出来ればリポーターとしての基礎知識を養う事が出来るでしょう。

アルバイトからリポーターになる事は難しい

リポーターには放送局や芸能事務所などの採用試験を受けてなるのが一般的です。放送関係のアルバイトをしていたとしても、採用試験を受けることが出来るかは怪しいでしょう。基本的に採用試験の条件は大学卒業や専門学校卒業という縛りがある場合もあるので、アルバイトからリポーターを目指すには難しい場合が多いかもしれません。

リポーターになるには?まとめ

まずはコミュニケーション能力と表現力、状況判断能力が必要

相手と余裕で話すことが出来るコミュニケーション能力と伝える表現力と状況判断能力。リポーターになるには不規則なルーティンでも続けられる力が必要です。加えて、豊かな感情表現と判断力、度胸がある人はプレッシャーのかかるリポーターの仕事では強い武器になると考えられます。

未経験でも資格が無くても仕事に就くことは出来ますが、専門学校や大学で専門的な知識を学んでおくことが大切と言えます。アナウンス検定など日本語を正しく使えることを証明できる資格があれば就職時にも有利になる可能性はあるでしょう。

リポーターへの転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

リポーターの参考情報

平均年収400万円~650万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種芸能

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

リポーターの関連記事

芸能に関する他の職業KANREN JOB