リポーターの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

リポーターの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

男女問わず人気の職業のリポーター。マイクを持って説明する姿は華やかですが、実は地道な努力の上に成り立っているのです。今回はこの記事でリポーターの仕事の特徴や仕事の魅力についてご紹介します。

リポーターとはどんな仕事?

情報を的確に伝える仕事

リポーターは新聞や雑誌などのメディアで取材した情報を的確に伝える事が仕事です。リポーターと言っても芸能人の記者会見からスポーツの試合、事件や災害、グルメやファッションまで幅広いジャンルで伝えていきます。

現場で生の情報を伝える仕事

リポーターは情報を世間の人に分かりやすく伝えるのが仕事です。ニュースの現場に飛び回って取材相手に生の声を届ける使命があります。ニュースキャスターはスタジオにいるのが基本ですが、レポーターになれば芸能人の記者会見の場や災害現場、スポーツを行う会場など様々な場所に赴いて仕事をします。

スピードや効率も要求される仕事

リポーターの仕事は相手に伝えるレポートだけでなく、1日に現場移動をしたり、資料を読み込んだり行います。場合によってはいつレポーターとしての仕事が入ってくるか分からないので、決められたことをスピーディーにこなす必要があります。

レポーターとして取材をする際にも時間は限られているので観ている人が知りたい情報を時間内で引き出さないといけません。

現場によっては複数のリポーターで作業を分担

リポーターとしてのジャンルは数ありますが、現場によって複数のリポーターで分担する事もあります。局によってはグルメ担当や災害現場担当などと決められている事もあるようです。

夜中の仕事も多い

レポーターの仕事は不規則である事が多く、災害時などは夜中でも現場の状況を伝える事になるでしょう。特に災害はいつ起こるか分からないので、場合によっては寝る事も出来ずに仕事をしなくてはいけない事もあります。

リポーターの仕事は意外とハード。体力が必要

リポーターはどちらかというとテレビの前で華やかなイメージがあるかもしれませんが、勤務時間が不規則で負担のかかる仕事です。取材内容や打ち合わせなども入念に行うため朝早くから夜遅くまで働く事が多く長めの拘束時間となっています。夜中にリポーターの仕事を行う事もあるので、寝ないで仕事をする事も。

リポーターの給料レベルは高めの傾向

勤務場所によるものの、リポーターの給料は他の職業に比べ低い傾向が多いようです。一般的には20万円前後の給与からスタートし、年収400〜600万円といわれています。

不規則な仕事である分給料は高めの傾向にありますが、リポーターとして幅広いジャンルの仕事がこなすようになれば大幅に年収がアップする可能性もあるので、夢のある仕事には違いないでしょう。

レポーターの具体的な仕事内容

レポーターの仕事は、現場の状況を的確に伝える事に尽きます。レポーターが行う現場は様々でいくつも種類があります。

  • 災害現場
  • 事故現場
  • グルメ
  • ファッション
  • 芸能

現場リポート以外にリポーターがする仕事

リポーターの仕事は、現場で状況を伝えるだけではありません。リポーターとして経験を積んでいく事で任される仕事は幅広くあります。

リポートをするための会議や打ち合わせ

リポーターは業界の関係者との会議や打ち合わせを行い、どのような内容を記事にするかを話し合います。記事内容によって何を伝えたいのかをイメージして、リポーターとしての仕事を行います。リポートをする前にはどんなジャンルでも打ち合わせはしっかり行います。

現場に行く前の下準備

リポーターは現場によって種類があり、現場があらかじめ決まっていてアポイントが取れている状態と事故や交通状況や天候の乱れの予期せぬ事態が起こった時、現場に赴いて突撃でインタビューする場合です。

現場が決まっていてアポイントが取れている場合には、取材する内容について調べておいて全く知らないことは失礼なのである程度知り過ぎないように知識を入れて下準備します。事故や天候の乱れという予期せぬ場合の時も地理や天候の事を頭に入れておきます。アクシデントから自身を守る下準備も必要になってきます。

突撃インタビューの際にもスムーズに会話が出来るように取材の内容についての知識をある程度入れておく必要があります。どんなリポートにも下準備が必要で、割合的には8:2になります。

リポーターの仕事は勤務場所によって変わる

リポーターの勤務先はテレビ局というイメージがありますが、番組制作会社もあります。それ以外にはタレント事務所に所属して放送局や出版社から依頼を受けてリポーターの仕事をする道もあります。どこで勤務するによっても多少の仕事内容に差はあると考えられます。

下積みからはじまるリポーターの仕事

リポーターの仕事は、地道な下積みから始まります。リポーターになるには専門学校や大学を卒業してから、テレビ局や番組制作会社に試験を受けて合格して就職します。

専門学校などでリポーターとしての知識や実践を行ってきたとしても、すぐリポーターの仕事をすることは出来ません。中にはリポーターに有利な資格を待っている人もいますが、すぐに視聴者に向けてリポートが出来る事は殆どありません。

転職も3年が区切りになることが多い

リポーターの仕事は3年程で転職を考える人も多いです。リポーターとして経験を積んで規模の大きなテレビ局に転職するなどのスキルアップを目指すなど一般的に3年と言われています。経験を積んであらゆるジャンルのリポートが出来れば給料アップにつながる可能性はあるでしょう。

リポーターの仕事のやりがい

自分の手で生の情報を触れる

リポーターとしてのやりがいの1つに自分の足で多くの現場に足を運んで生の情報に触れる事ができる事です。災害時などはスタジオにいるニュースキャスターとは異なり、危険を顧みず被災地の現状や被災者の声を聞いたりして現場で行う仕事です。

世間に伝えるべき情報はなにかと考えながら生の情報に触れられます。取材やロケなど臨場感が好きな人にとっては大きなやりがいのある仕事となるでしょう。

自分の声で遠くの人に情報を届けられる

リポーターは自分の声で多くの人に情報を届ける事が仕事になります。取材したことや現地の状況について伝える事から自分の仕事が人の役に立っている実感を味わう事が出来ます。生放送などで失敗してはいけないプレッシャーなどもありますが、良い刺激を受けながら仕事が出来ます。

様々な体験が出来る

リポーターの仕事ではジャンルによっても異なりますが、グルメのリポーターであればグルメを食べて感想を伝えます。災害のリポーターの場合には被災地に赴いて現地の状況を伝えます。

とにかくリポーターは現場が基本なので、普段出来ない体験をする事が出来ます。時には危険な場所でのリポートもあるかもしれませんが、そのスリルも1つのリポーターとしてのやりがいに繋がると言えます。

リポーターの仕事内容まとめ

リポーターは地道な努力が求められる仕事

リポーターは取材した情報や現場の状況を伝えるのが仕事です。打ち合わせや取材などリポーターの仕事はいくつもありジャンルによっては異なりますが、リポートするだけではありません。夜中に中継をする事もあるので、生活が不規則にかりがちな為に体力的にもハードな面があります。

朝早くから夜遅くまで働く場合もあるのでプライベートをゆっくり過ごす事は難しいかもしれません。それでも生の情報に触れて多くの人に伝えられる事は何よりのやりがいと言えるでしょう。

リポーターの参考情報

平均年収400万円~650万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種芸能

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

リポーターの関連記事

芸能に関する他の職業KANREN JOB