リポーターの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

リポーターの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

なりたい職業でも上位のリポーター。平均の給与や年収はいくらくらいなのでしょうか?今回はこの記事で、リポーターの平均給与や年収とともに給与アップの可能性や手段についてご紹介します。

リポーターの初任給

新人リポーターの初給与は平均20~24万円

リポーターとして働く場合、初任給は20~24万円程度が相場といわれています。男女問わず人気があり、どんなジャンルのリポーターの仕事をするかで若干差はありますが、リポーターの給与面では高額になっています。

新人の頃は、専門的な分野で学ぶことも多く、機材を運んだりする肉体労働もあるので、対価は高めと考えておく方が良いです。

転職したときの給与は経験や役職で左右されやすい

リポーターの世界ではよりレベルの高い場所で経験を積むために転職する人も多いです。転職をした場合の初任給は、これまでのリポーターとしての経験によって決まるのが一般的です。ベテランのリポーターであれば25万円以上の給与でスタートするケースが多いと言われています。

基本的にリポーターとして多くの現場を経験して5年以上働いている人などの一定の経験年数があれば新卒採用者と同列の給与になる事は少ないようです。前職の給与水準を保証してくれるかどうかは勤務先によって異なるのでしっかりと確認しておく必要があります。

勤務先によっては新卒採用者と同じくらいの給与を提案される場合もあるので、経験や実績をアピールすることは大切です。交渉次第で給与に大きな影響を与えることもあるので、侮れません。

異業種からリポーターへの転職は給与の確認を

あまり多いケースではありませんが、異業種からリポーターに転職する場合には年齢に関係なく新卒と同等の給与になる事が多いです。転職前の仕事内容によっては、給与が大幅にダウンする可能性もあります。給与面に関しては慎重に判断することが大切です。

リポーターの平均給与

リポーターの平均給与は約34万円

厚生労働省のデータ によると、リポーターの平均給与は、全国平均が約34万円となっています。

リポーターは様々な現場に赴いて打ち合わせや資料に目を通してその場の状況を伝える仕事になります。場合によって災害時などは夜中までの仕事をしなくてはいけないので生活も不規則になりがちです。ハードな仕事内容に比べるとリポーターの給与レベルは高めの傾向になります。

実際に情報の最先端に立ち、多くの人にその情報を伝えることが出来るのは大きなやりがいに繋がります。給与だけではなくやりがいを感じながら仕事が出来るかがポイントになりそうです。

勤務期間に応じて給与もアップすることが多い

リポーターの給与は勤務期間によってアップすることが一般的です。特別な資格がなくても業務に就くことが出来るので、最終学歴で採用時の給与が左右されることは少ない傾向にあります。

求人を探す際は給与以外の手当もチェック

リポーターの全体の統計では給与とは別に支給される賞与も年間平均で80万円から120万円といわれています。リポーターの仕事は突発的な仕事や夜遅くまで仕事をする場合もありますが、賞与は高額であるケースが多いです。基本給以外の年間賞与や残業代や手当についてしっかりと確認しましょう。

男女でも平均給与に差がある

男女に人気の高いリポーターの仕事ですが、男性と女性には平均給与に差があります。男女で給与に差が出やすいのは女性の場合には結婚や出産で一時その場を離れるケースが多い事や非正規の働き方を選ぶ人が多い事が原因になっていると考えられます。

年代によって大きな差が出るリポーターの仕事

リポーターの給与レベルは高い傾向にありますが、年齢によっても大きな差が出ています。20代の平均月収は約26万円、30代になると平均給与が34万円に大きく差が出ています。

40代になってベテランリポーターになると平均45万円の給与になります。経験を積むことで若い人材の指導なども行うようになり、給与が飛躍的に伸びている理由の一つと言えます。

平均給与はリポーターとして働くジャンルによって変動

リポーターの給与はあくまで全国的な平均の数字です。リポーターの仕事はいくつもジャンルがあり、芸能関係や災害時などのレポーター、グルメやファッション関係のリポーターなどです。働く勤務先の企業規模によっても給与は変動すると考えられます。実際にどんなジャンルのリポーターをやるかという事も大切になります。

経験や実績によっては給与アップにつながることも

リポーターの給与は一般的にみると高額な方で、高い実力があれば大幅な給与アップを見込める仕事でもあります。転職する場合にもリポーターとしてあらゆるジャンルを経験していれば給与に実績を考慮してもらえる可能性が高いでしょう。

資格取得が給与や手当に反映されるケースも

リポーターの仕事はスキルのレベルが給与に反映されやすい職業です。資格取得は採用時に有利に働きますし、給与アップになる可能性も考えられます。

資格の中でも給与の評価に繋がりやすいのでは日本語正しく使えるスキルの証明になるアナウンス検定の資格です。試験時代はそこまで難易度は高くないですが、リポーターとして活躍している人はアナウンス検定1級を取得している人が多いです。

せっかく取得した資格を活かすために、転職や就職の際には資格手当が支給される企業かを探してみるのも一つです。資格手当が出るかどうかは求人票の一覧に記載されていることがほとんどです。

リポーターの平均年収

リポーターの年収は400~650万円前後

リポーターの平均年収を厚生労働省の統計一覧の平均給与と年間賞与から算出すると約540万円になります。新人の月々の給与が約20~24万円であれば、年収は200万円台になる事も考えられますが、経験を積むことで給与は上がり一般的な年収は400~650万円前後と予想されます。

リポーターとして長期的な経験が必要になりますが、確実に給与は上昇傾向にあるようです。不規則な仕事にはなりますが、年収レベルは高い傾向にあると考えられます。

都道府県によっても年収レベルに差がある

ナレーターの年収レベルは都道府県でも差があり、東京や大阪、愛知などの年収レベルは高い傾向にあります。特にキー局がある東京は規模も大きく年収レベルは高いです。一方で沖縄や宮崎などの地方局になるとリポーターの平均年収は少ない傾向にあります。

リポーターとしてアルバイトを選ぶ人も

リポーターとして仕事をしている人の中には正社員としてではなくアルバイトでいくつもの現場を渡り歩く人もいます。リポーターとしての仕事でアルバイトの雇用形態はあまり多くはありませんが、地方であれば求人がある事もあります。

アルバイトのメリットはいくつもの職場で経験を積むことが出来る事で、雇用面での不安定さはありますが、残業代の出ない正社員よりも働いた分はしっかりともらえるアルバイトを支持する人も多いのです。リポーターの時給については800円から2000円と言われています。働く仕事内容や勤務先の規模によっても時給の変動があるようです。

リポーターの給与・年収まとめ

リポーターの年収レベルは高め。経験を積めば高年収も

リポーターの平均給与や年収レベルは精神的や肉体的な負担を考えても高めの傾向にあると言えます。手当や残業代の有無も就職先かどうかでも差が生まれやすいでしょう。

リポーターは経験を積むことで給与アップを見込めます。資格を身につけたりコツコツとスキルを磨くことにより好転隅で転職が出来る可能性もあります。リポーターという職業は、経験をコツコツと努力を続けることが出来れば自分の理想が叶うかもしれない夢のある仕事と言えます。

リポーターの参考情報

平均年収400万円~650万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種芸能

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

リポーターの関連記事

芸能に関する他の職業KANREN JOB