野菜ソムリエになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

野菜ソムリエになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

野菜のスペシャリスト、野菜ソムリエになるには、一体どんなスキルや資格が必要なのでしょうか。今回はこの記事で野菜ソムリエに必要な資格やスキル、向いている人の性格的特徴などをご紹介します。

野菜ソムリエになるには何が必要?

食の安全や安心という言葉を聞いたことはあるでしょうか。食に対する関心は年々高まっており、野菜ソムリエをはじめ、食に関するスペシャリストのニーズは高まっています。野菜ソムリエになるためには、食への情熱や知識が必要です。

野菜ソムリエになるには探究心が必要

野菜ソムリエになるためには、食や野菜に対する探究心が必要です。近年、食育という言葉が注目されています。

食育とは、すべての人が健やかに生活できるように、食を通して心と身体の健康を維持することです。そのためには、食事の楽しさや重要性を知ること、家族や友人との楽しく食事をすること、食物に対する感謝の気持ちを持つことなどが必要です。

野菜ソムリエは、野菜や果物を中心に食の素晴らしさを伝えるのが仕事です。そのためには、野菜についての知識を習得することが必要です。それぞれの野菜にはどのような栄養が含まれているのか、食と健康にはどのようなつながりがあるのかを説明します。野菜ソムリエには、野菜の持つ力を知るための探究心が必要です。

食を通して人を幸せにしたいという情熱も必要

野菜ソムリエになるためには、食や野菜に対する情熱も必要です。日本のメディアでも、子どもたちや高齢者の食についての問題が扱われることがあります。好きなものしか食べないことによる栄養バランスの乱れ、添加物などの化学物質の多量摂取によるホルモンバランスの乱れ、いつも一人で食事を取ることによる精神バランスの乱れなどがあります。

野菜ソムリエは、食べることの喜びや食べ物を選ぶことの重要性を多くの人に知ってもらうという使命があります。そのためには、食についての問題を少しでも解決したいという情熱が必要です。

野菜ソムリエの資格があれば仕事も広がる

野菜ソムリエは資格名のため、野菜ソムリエという特別な仕事が存在するわけではありません。そのため多くの人は、野菜ソムリエの資格を取得してから、食に関する仕事に携わります。

野菜ソムリエのための資格で最も有名なのが、一般社団法人日本野菜ソムリエ協会という団体が認定する野菜ソムリエの資格です。この資格を通して、野菜や果物の選び方、それぞれの野菜の特徴や栄養価、野菜を生かした調理方法、健康や栄養についての身体に与える作用について学ぶことができます。

野菜ソムリエの資格は3種類あります。一般的な野菜の知識を有していることを証明する「野菜ソムリエ」、野菜の魅力を伝える専門家として活動できる「野菜ソムリエプロ」、食についてのプロデュースもできる「野菜ソムリエ上級プロ」があります。

野菜ソムリエの資格を生かせば、将来的に開業することもできます。野菜のスペシャリストになりたい人にはおすすめの資格です。

野菜ソムリエに役立つ他の資格

野菜ソムリエ以外の資格を取得することで、就職や待遇の面で有利にできます。食に関する国家資格として栄養士と調理師があります。

栄養士は、医療施設や老人福祉施設、小中学校などで給食の管理や栄養指導を行います。さらに、ダイエットのためのスポーツクラブや動物の栄養管理などでもニーズがあります。

レストランやホテルなどで調理を専門として働きたい場合には、調理師もおすすめです。野菜ソムリエの資格があれば、野菜専門の調理師としても働くことができるメリットがあります。

野菜ソムリエに向いている人、適性がある人

野菜ソムリエになるには、野菜をはじめとした食に興味があること、料理が上手であることが求められます。

食に興味のある人は向いている

野菜ソムリエに求められる適正として食に興味があることが求められます。

野菜ソムリエは、野菜の魅力を上手に伝えるスキルが必要です。おいしい野菜の選び方や、保存方法、野菜ごとの栄養価や野菜を使った料理の作り方などを紹介します。さらに、野菜の育て方や農薬の使い方、土作りに必要な肥料や品種の違いなど作物の育て方についての知識も必要とします。

そのため野菜ソムリエは、単に食べることが好きなだけでなく、野菜の生産から消費まで、食のすべてに興味があることが大切です。

健康に興味のある人も向いている

野菜ソムリエは、食についての正しい知識を伝えて、一人ひとりが食を通して健康を維持することの大切さを教えるという役割もあります。日本では健康ブームによって、ヘルシーな食材やオーガニック食品を買い求める人が増えました。その一方で、誤った情報のために、上手に栄養を摂取できていない人も多くいます。

野菜ソムリエは、野菜を中心に正しい栄養の摂取の仕方や、食べ物の選び方についてもアドバイスができるようになければなりません。また、何を食べるかだけではなく、どのように食事を取るかについてもサポートします。

食を通してすべての人が健康になって欲しい。野菜ソムリエには健康に興味を持っていることが求められます。

手先が器用な人は野菜ソムリエ向き

野菜ソムリエは、野菜の上手な使い方を紹介する機会も多いです。そのため料理が上手であることは大切です。料理教室や料理セミナーでは、料理をその場で披露します。そのため、単に料理が上手なだけではなく、野菜を上手に切ったり、手際よく調理したりするセンスも求められます。

料理をおいしく見せることができるのも野菜ソムリエには重要な要素です。

野菜を使ったレシピを開発するのも野菜ソムリエの仕事

好奇心というスキルも野菜ソムリエには必要です。野菜ソムリエは、野菜を使ったオリジナル料理を考案することもあります。旬の野菜を使ってみたり、珍しい野菜を使ってみたりと試行錯誤を繰り返して、おいしくて栄養のある料理を作ります。

失敗をしてもいつかは素晴らしい料理を作りたいという好奇心があれば、いつまでも高いモチベーションを保てます。

野菜ソムリエになるための学校・教室

野菜ソムリエになるための学校に通えば、自分と同じように食の道に進みたいと願う仲間と知り合うことができます。また、一緒に学ぶことで食についての知識を深めることもできます。

野菜ソムリエの資格を取得するには?

野菜ソムリエの資格を取得するには通学と通信教育の2つの方法があります。

通学の場合には、7項目のすべてを指定の会場で受講する通学制と、7項目のうち3項目を指定の会場で、残りの4項目をDVDで受講する半通学制があります。

資格取得を目指すなら通信教育も可能

通信教育の場合には、講義のすべてを通信教材で学習します。仕事や学校で忙しい人には便利な方法です。

また、会場で受講したいものの遠方に住んでいるために通うことができない場合には、通常の講義は、通信教育を使って学習し、食べ比べのなどの体験実習については、最寄りの会場で講義を受けることもできます。

大学や専門学校でも野菜ソムリエを目指すことは可能

野菜ソムリエの資格とは別に、大学や専門学校へ進学する人もいます。大学や専門学校では、食に関する高い知識を身につけるだけでなく、製菓衛生師、食生活アドバイザー、食育インストラクター、フードコーディネーター、栄養士や調理師の資格の取得を目指すこともできます。

調理の専門学校や栄養学科のある大学や短期大学へ進学すれば、食の専門家になるための知識や技術を学ぶことができます。

食に関する仕事に携わりながら野菜ソムリエになることも可能

ソムリエを目指す人の中には、現場で実際に働きながらスキルを身に着けている人もいます。野菜ソムリエの知識を生かして、安全や安心を売りにした調理師を目指すこともできます。さらに将来、店を持つことを考えている人は、野菜ソムリエ認定のレストランを持つことを目標にできます。

野菜ソムリエになるには?まとめ

まずは野菜ソムリエの資格を身につけてから、他の資格も取得できれば仕事の幅も広がる

食や野菜についての探究心や、野菜を通して人の幸せを願う情熱。野菜ソムリエになるには、野菜が好きなだけではなく、野菜の素晴らしさを伝えていくための努力が必要です。野菜についての基礎的な知識はもちろんのこと、野菜を使った調理法や正しい栄養の取り方についても理解している必要があります。

野菜ソムリエとして働くためには、野菜ソムリエの資格を取得することをおすすめします。民間資格のため資格がなくても働くことはできますが、資格を通して野菜についての知識を身につけることもできます。

食に関する資格として、栄養士や調理師、製菓衛生師、食生活アドバイザーや食育インストラクターなどがあります。複数の資格を取得することによって、食のスペシャリストとして仕事の幅を増やしていくことも可能です。

野菜ソムリエの参考情報

平均年収350万円~450万円
必要資格
  • 野菜ソムリエ
資格区分 民間資格
職種飲食

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

野菜ソムリエの関連記事

飲食に関する他の職業KANREN JOB