ホールスタッフの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ホールスタッフの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ホールスタッフは、勤務先もカフェやレストラン、居酒屋など幅広く、職場によって作業内容も異なる傾向にあります。基本的には、接客業務を担当するのが主な仕事内容となっています。本記事では、ホールスタッフの具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

ホールスタッフとはどんな仕事?

お客様を接客する人をホールスタッフと呼ぶ

ホールスタッフが働く場所はレフトランやカフェなどの飲食店です。接客するのが仕事なので、お客様に快適なサービスを提供することがメインとなります。

注文を聞いたり、料理を運んだり、会計したりなどお客様が来店してから帰るまでの仕事を全て行います。

スピードや効率も要求される仕事

ホールスタッフは1日のうちに多くのお客様を接客します。同じタイミングでお客様が来店することもあるので、スピーディにメニューを聞いたり、配膳をしなくてはいけません。

開店時間内の中で限られた時間を効率的に使う能力も求められるでしょう。

職場によっては複数のホールスタッフで作業を分担

スピードが求められるホールスタッフですが、一人で接客の全てをこなすことは難しいです。特に規模の大きなレストランになると、複数のホールスタッフで作業を分担する場合もあります。

分担方法は、それぞれの飲食店によっても異なります。レジを担当する人や配膳を担当する人などに分かれているケースがあります。

忙しい日は遅くまで仕事をすることも

飲食店では金曜日や祝日前など多くのお客様で混み合います。閉店近くまでお客様がいればその分片付けが出来なくなるので、どうしても帰る時間が遅くなってしまうこともよくあります。

日によっては早めに上がることも出来ますが、基本的に不規則になりがちで体力的にも大変な仕事と言えるでしょう。

ホールスタッフの仕事はハード。体力が必要

ホールスタッフはどちらかというと簡単そうなイメージがあるかもしれませんが、力仕事も多い職業です。

食材が運ばれてきた時に重たい荷物を運ばなければいけませんし、料理を運ぶ時にも一度に数人前運ぶ必要もあるからです。

勤務先にもよりますが、拘束時間は長めになります。力仕事もあり不規則な勤務体制になりがちなので、体力も必要になると考えられます。

ホールスタッフの給料レベルは低めの傾向

勤務場所や経験によっても異なりますが、ホールスタッフの給料は他の職業に比べて低めの傾向が多いようです。一般的に15万円〜18万円前後の給与からスタートして年収200万円〜300万円と言われています。

ですが、お客様の喜んだ姿を見られたり、感謝されるやりがいの大きな仕事ですし、経験を積むことで年収がアップする可能性もあります。

ホールスタッフの具体的な仕事内容

ホールスタッフの仕事はお客様を接客すること

ホールスタッフの仕事はお客様を接客することに尽きます。

一般的には料理のオーダーを聞くイメージが強いかもしれませんが、下記の一覧を見てもホールスタッフが行う業務内容は様々です。

  • レジ会計
  • 席への案内
  • 料理の配膳
  • テーブルの後片付け

お客様の接客以外にホールスタッフがする仕事

ホールスタッフの仕事は、毎日多くの人を接客するだけではありません。経験によっても任される業務は幅広いです。

テーブルのセッティング

お客様が来店する前にホールスタッフが行う仕事の一つがテーブルのセッティングです。高級レストランであれば予約に合わせてセットしてテーブルクロスなど準備します。

一般的なレストランやカフェでもテーブルの汚れをチェックして綺麗に保たれているかを確認します。

お客様とのコミュニケーション

ホールスタッフの大切な仕事の一つがお客様とのコミュニケーションです。接客をしながらお客さんとの会話をすることも仕事の一つ。ホールスタッフの態度がよければまたお客様は利用したいと思うものです。

後片付け・清掃

お店の営業が終了したら後片付けを行いますが、ホールスタッフは次の日も綺麗にお客様を迎えるために清掃を行います。

床掃除からテーブルの掃除、場合によってはキッチンの掃除を行うこともあります。お店が閉まってから最後に全体的な後片付けはホールスタッフの大切な仕事と言えるでしょう。

ホールスタッフの仕事は勤務場所によって変わる

一口にホールスタッフと言っても、勤務先はレフトランからカフェ、居酒屋など多岐に渡ります。それぞれの場所でホールスタッフがお客様を満足させるために活躍しています。

どこで勤務するかによっても仕事内容は多少の差があります。

下積みからはじまるホールスタッフの仕事

ホールスタッフの仕事は地道な下積みから始まります。ホールスタッフになる人は専門学校や大学を出てから就職する人もいます。

学校で接客の知識を身につけたとしてもすぐにお客様の前で仕事ができることはあまりありません。職場によっても仕事内容に差があり、半年は下積みとして先輩と一緒に接客をしたり、雑用をするのが一般的です。

転職も3年が区切りになることが多い

ホールスタッフとして働く人は3年を区切りに転職を考える人も多いようです。スキルアップのために規模の大きなレストランや敷居の高い高級レストランに転職をして修業をする人も多いです。

ホールスタッフの場合はインターネットで特集を組まれることもあり、年間を通してアルバイトや正社員など求人数は多いです。経験を積んでスキルを高めることで給料アップの可能性もあるでしょう。

ホールスタッフの仕事のやりがい

お客様に感謝をされる仕事

ホールスタッフが働くのはカフェやレストランなどの飲食店です。スピーディに対応して明るく接客をした時に、お客様からの感謝をされることはホールスタッフとして大きなやりがいを感じられます。

忙しくバタバタしながら仕事をしている時でもその感謝の言葉があれば心が過充電されて、また頑張ろうという気持ちになれるものです。お客様との近い立場として働けるホールスタッフの大きなやりがいの一つと言えるでしょう。

スキルアップが出来る仕事

ホールスタッフの仕事は将来的に役立つスキルを身に付けることが期待できます。料理をつくるキッチンでなくても食材や料理の盛り付けを目にする機会は多いです。

マネジメントを学ぶ経営について理解することも出来るでしょう。お客様との接客を通して、接客スキルや料理の知識などを吸収することが出来ます。

職場によりますが、将来的に役立つスキルを身につけられる可能性があるのもホールスタッフの大きなやりがいの一つと言えます。

ホールスタッフの仕事内容まとめ

ホールスタッフは地道な努力が求められる仕事

お客様を接客するホールスタッフは毎日お客様のおもてなしをする仕事です。

最初は清掃など単純な作業ですが、慣れてくるとホールスタッフとしての業務全般を任させるようになります。力仕事も多く、不規則になりがちなので、体力的にハードな面があることも特徴です。

金曜日や祝日前などは忙しく、プライベートをのんびりと過ごすのは難しいかもしれません。ですが、お客様に感謝をされたり将来に役立つ可能性があるスキルを吸収できることは何よりのやりがいに感じられるはずです。

ホールスタッフの参考情報

平均年収200万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種飲食

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ホールスタッフの関連記事

飲食に関する他の職業KANREN JOB