カフェオーナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

カフェオーナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

お客様をおもてなすカフェオーナーは、男女問わず人気が高い職業の一つ。カフェオーナーの仕事は、主にカフェの経営を担うこと、お客様満足度の高いサービスをどうやったら提供できるかを考え、行動に移すことです。本記事では、カフェオーナーの具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

カフェオーナーとはどんな仕事?

カフェを経営する人のことをカフェオーナーと呼ぶ

カフェオーナーは経営者として働く人のことを指します。新しいカフェを経営することはコンセプトや予算に基づいて場所やインテリアを検討します。

カフェオーナーはメニューを自身で考える事も大きな仕事の一つ。カフェオーナーときて自身もお店に立ち一人で経営している人も多いです。中には店舗には立たずにスタッフを雇ってサービスを提供しているケースもあります。

お客様に満足してもらう空間とメニューを提供するのがカフェオーナー

カフェオーナーとしての仕事は、収入源になる多くのお客様に来てもらうことです。その為には空間作りやまた頼みたくなるこだわりのメニューを提供することが基本です。

満足出来ないと感じればお客様はまた来ることはあり得ません。満足できるメニューを提供するには、扱うメニューの豊富さやオーソドックスなコーヒーのこだわりなどを考える必要があります。

メニュー作りに試行錯誤したり、コーヒー豆をブレンドしたりとカフェオーナーの仕事は経験や日々の努力によって身につけた技術が活きる職業と言えるでしょう。

スピードや効率も要求される仕事

カフェオーナーとして自ら店頭に立って仕事をする場合には、1日に多くのお客様の対応をしなければいけません。同時にドリンクや料理を作らなければいけません。お客様によっては、料理の提供スピードに文句を言ってくる人もいることから時間を効率よく使う能力も求められます。

夜遅くまで仕事をすることも

カフェオーナーとして嬉しいことではありますが、閉店近くになってお客様が多く訪れた場合には対応しなくてはいけないので、閉店時間を過ぎても仕事をしなくてはいけない場合もあります。

スタッフを雇っている店舗では、急にスタッフが出勤出来なくなった場合には自らが進んでお店に立たなければいけません。スムーズに行けば早く帰れる可能性もありますが体力的にハードな仕事言えるでしょう。

カフェオーナーの仕事は意外とハード。体力が必要

カフェオーナーはどちらかというと落ち着いていて優雅なイメージがあるかもしれませんが、力仕事も多い職業です。コーヒー豆や料理の材料など大量に発注するため運ぶ作業も行います。

どんなメニューを出しているかによっても異なりますが、後片付けや次の日の仕込みなど遅くまで働かなければいけません。力仕事も多く不規則になりがちなので体力も必要になると考えられます。

カフェオーナーの給料レベルは低めの傾向

カフェオーナーの給料は他の職業に比べると低めの傾向が多いようです。お客様が来てくれないことには収入につなげる事は難しいですし、一般的には10万円前後の給与から始まるケースが多いでしょう。年収としては200〜300万円前後と言われています。

カフェオーナーとして繁盛させて大きく稼ぎたいと考える人は多いと思いますが、飲食業界でオーナーとして成功させるには自分の腕や努力にかかってくると言えます。

カフェオーナーの中には売り上げが1番という考えではなくお客様に喜んでもらいたいというおもてなしの心を重視している人もいます。人によってカフェオーナーとして思い描くものは大きく異なると言えるでしょう。

カフェオーナーとしてフランチャイズで成功するようになれば一気に年収がアップする可能性は高いと考えられます。

カフェオーナーの具体的な仕事内容

カフェオーナーの仕事は、来店するお客様をおもてなしをするということにつきます。

お客様のおもてなし以外にカフェオーナーがする仕事

カフェオーナーの仕事は、店頭でお客様が満足するようにおもてなしをするだけではありません。

お金のやりくり

カフェオーナーとして大切な仕事の一つにお金のやりくりです。店を長く経営させていく為には、自分の好みで進めていくだけでなく利益を生み出す事業計画を考える必要があります。

多くの人に来てもらう為にはどうすれば良いのかを考えて、メニュー設定や仕入れの管理、売り上げ帳簿付けなどを行う必要があります。

仕込みから後片付け

閉店時間を迎えてお客様が帰ったとしてもカフェオーナーの仕事は終わりではありません。厨房や調理器具はその日のうちにキレイに片付けます。

次の日も清潔に使うために後片付けは大切な仕事と言えるでしょう。次の日のメニューの仕込みも閉店時間の後に行います。カフェオーナーとしてメニューにこだわる人ほど仕込みは時間を要している傾向にあるようです。

事務作業

カフェオーナーとして事務作業も毎日の日課と言えるでしょう。ホームページやSNSの更新、業者とのメールのやり取りなどオーナーとして事務作業をこなさないといけません。

カフェオーナーの仕事はオーナーによって異なる

一口にカフェオーナーと言っても店舗に出るオーナーもいれば、接客などは全て任せているオーナーもいます。自ら店舗に立って仕事をするオーナーは接客から仕入れ、仕込みやメニューの作成まで全て一人でこなす必要があります。

店舗経営だけのオーナーは、スタッフを雇ってどうすれば売上が良くなるかを考えて経営と向き合うことが大切です。カフェオーナーとしてどのような立場で仕事をするかによって仕事内容は変わってきます。

下積みからはじまるカフェオーナーの仕事

カフェオーナーの仕事は地道な下積みから始まります。専門学校や大学で経営について学んだり、コーヒーや料理について学んだりしたとしてもすぐにカフェオーナーとして店舗経営を成功させることは難しいでしょう。

実際にカフェスタッフとして働き経営とは何か、人気が出るカフェの雰囲気や客層、メニューについて現場で身につけることが大切です。カフェオーナーとして結果を出すには、下積みをするのが一般的です。

下積みの年数は人によっても異なりますが、カフェオーナーとして3年は下積みとして学ぶと言われています。

カフェオーナーの仕事のやりがい

自分の理想の店が作れる

カフェオーナーとしての一番のやりがいは自分の店が持てることと言えるでしょう。店舗のコンセプトや内装、メニューまで全て自分で決められるというのは大きなやりがいにつながります。自分のお店は自分そのものです。

お客様が集まって喜んでくれたり美味しいと感謝されたりしたときには深い感動を喜びを実感できます。自分が時間をかけてインテリアやメニュー、コーヒーにこだわって努力を続けてやっとお客様に来てもらって笑顔になってもらえることはカフェオーナーとして大きな喜びなのです。

元気な限り続けられる

カフェオーナーは一般的な企業のように定年はなく体が元気な限り続けることが出来ます。生涯理想のカフェを追い求めることが出来、多店舗展開という経営も出来る選択肢が幅広い仕事です。

楽しいことばかりではないですが、自分で考えて道を切り開いていくというのはカフェオーナーとして大きなやりがいと言えるでしょう。

カフェオーナーの仕事内容まとめ

カフェオーナーは地道な努力が求められる仕事

カフェオーナーは、来店するお客様におもてなしをしてカフェを経営する仕事です。日々オリジナルなメニューやこだわりのコーヒーを作るセンスも必要になる仕事です。力仕事も多く、不規則になりがちなことから体力的にハードになりやすいと言えるでしょう。

仕込みや片付けなど常に忙しく、プライベートをゆっくりと過ごすことは出来ないかもしれません。ですが、美味しいと食べてくれる人がいることや元気な限り続けることが出来ることは、カフェオーナーとして何よりのやりがいに感じられるはずです。

カフェオーナーの参考情報

平均年収200万円~300万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種飲食

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

カフェオーナーの関連記事

飲食に関する他の職業KANREN JOB