ホールスタッフの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

ホールスタッフの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

ホールスタッフの給与・年収は、勤務先によって変動しやすく、学歴よりも経験に左右されるケースが多いようです。より高い年収を目指すのであれば、キャリアステップを目指して働き方を考えることも必要でしょう。本記事では、ホールスタッフの初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

ホールスタッフの初任給

新人ホールスタッフの給与は平均15~18万円

ホールスタッフとして働く場合、初任給は15~18万円前後が相場といわれています。男女問わず人気の職業ではありますが、給与面では意外と厳しい現実が待っているようです。

ホールスタッフとしてどこで働くかによっても多少の差があるようですが、新人の頃は覚えることも多く力仕事も多いので対価は低めと考えておくほうが良さそうです。

転職したときの給与は経験や役職で左右されやすい

ホールスタッフの世界では、レベルの高い場所で働くために転職をする人もが多いです。転職をした場合の初任給はこれまでの経験によって決まることが多いです。

ホールスタッフとして10年以上の経験をしているなどの一定の経験があれば新人と同じ給与からスタートというケースは少ないでしょう。前職の給与の水準を保証してくれるかどうかは勤務先によっても異なります。

中には新卒採用と同じ給与を提案されることもあります。ホールスタッフとして一定の経験がある場合には、なるべく経験をアピールすることが大切です。交渉次第でスタートの給与が大幅に変わる場合もあります。

異業種からホールスタッフへの転職は給与の確認を

別の職業からホールスタッフに転職する場合には、年齢に関係なく新人と同じ給与になることが一般的です。

転職前の仕事内容によっては、給与が大きく減ってしまう可能性もあるので、異業種からホールスタッフへの転職は慎重に判断するようにしましょう。

ホールスタッフの平均給与

ホールスタッフの平均給与は約22万円

厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査」のデータによると、ホールスタッフの平均給与は、全国平均が約22万円となっています。

ホールスタッフの仕事は1日中立ちっぱなしに加えて、片付けや清掃など遅くまで働かないといけない場合もあり、下積み時代には特に大変に感じるでしょう。ハードな仕事内容に比べるとホールスタッフの給与レベルは低めと言えます。

ですが、スキルがアップしたりお客様に感謝された時のやりがいも大きい仕事です。給与だけに捉われて、心が折れないようにすることも大切になりそうです。

勤務期間に応じて給与もアップすることが多い

ホールスタッフの給与は勤務期間に応じてアップするのが一般的です。特別な資格がなくてもホールスタッフとして業務に就けるので、学歴によって就職時の給与が左右されることは少ないでしょう。

求人を探す際は給与以外の手当もチェック

ホールスタッフの統計では、給与とは別に支給される賞与も年間平均で約41万円という結果が出ています。

ホールスタッフは一年中残業が多い仕事ですが、働く勤務先によっては基本給以外の手当や残業代、賞与が支払われない場合もあるので注意が必要です。

ホールスタッフとして転職や就職を検討する際には、求人票に残業代の有無や賞与や手当の支給精度が整っているかを一覧で確認することが大切です。

男女でも平均給与に差がある

ホールスタッフは男女ともに人気のある職業ではありますが、男性と女性では平均給与に差があるようです。

どこで働くかによっても異なりますが、男女で差が出やすい理由として女性は出産や結婚で現場を離れるケースが多いことが挙げられます。男性に比べるとキャリアが中断してしまうケースが多い女性の方が、平均給与が低い理由と言えます。

平均給与はホールスタッフとして働く場所の規模・状況によって変動

ホールスタッフの給与はあくまで全国的な平均数字です。勤務先の規模や条件によっても給与が変動すると考えておきましょう。

規模の大きなレストランは給与水準が高めの傾向

ホールスタッフの勤務先の中でも高級レストランや規模の大きなチェーンのレストランは、平均以上の給与を提示される可能性もあります。

規模の大きなレストランでは接客に対してもかなり厳しく指導されることもありますが、賞与や福利厚生に関しても整っている可能性が高いと考えられます。

経験や実績によっては給与アップにつながることも

ホールスタッフの給与は一般的に高い方ではありませんが、高い実力があれば給与アップが見込める仕事でもあります。

転職する場合には、有名店でのホールスタッフ経験や役職についていた経験があれば、給与に実績を考慮してもらえる可能性が高まります。

資格取得が給与や手当に反映されるケースも

ホールスタッフはスキルレベルが給与に反映されやすい職業です。資格取得をすることで採用にも大きく役立ちますが、給与アップにも繋がる可能性があると考えられます。

資格の中でも給与への評価になりやすいのは、食品衛生責任者・レストランサービス技能検定・和食マイスターなどの資格です。

ホールスタッフとしてせっかく資格を取得したのであれば活かさないと意味がありません。転職や就職の際には資格手当が支給される求人を探してみるのがおすすめです。

資格手当が支給されるかどうかは求人票の一覧に記載されているので確認しましょう。

ホールスタッフの平均年収

ホールスタッフの年収は200~300万円前後

ホールスタッフの平均年収を厚生労働省の統計一覧の平均給与と年間賞与から算出すると約264万円になります。

新人の場合にはホールスタッフとしての給与が15万円から18万円であれば年収は〜200万円台になることも考えられます。経験を積むことで年収がアップしても一般的なホールスタッフの年収は約200万円から300万円と予想されます。

経験によって給与アップは見込めますが、その分長時間労働になりやすいため肉体的にもハードな仕事内容に比較すると年収レベルは低いと考えられます。

ホールスタッフとしてアルバイトを選ぶ人も

ホールスタッフとして働いている人の中には、正社員ではなくアルバイトという形でさまざまなレストランやカフェを渡り歩く人も多いです。

ホールスタッフとしてアルバイトで働くメリットは、多くの職場で経験を積んでいち早くスキルを身につけられること。アルバイトという雇用形態から雇用面での不安定さはありますが、働いた分だけしっかりと給与がもらえるため残業代が出ない正社員より働きやすいと考える人も多いようです。

ホールスタッフの時給については、1000円程度が一般的と言われています。ですが、働く勤務先によっては900円台からスタートする場合もあります。

ホールスタッフとしてアルバイトで働く場合の年収は、働いた時間や得られる時給によっても左右されやすいので、年収100万円〜300万円と幅があると言われています。

ホールスタッフとしてアルバイト以外の働き方も

アルバイトに近い働き方として契約社員や派遣社員の求人もあります。正社員よりは充実していませんが、福利厚生や賞与が支給されることもあります。給与も固定なので、アルバイトで働くよりも安定性がある働き方です。

ホールスタッフの給与・年収まとめ

ホールスタッフの年収レベルは低い。給与よりもやりがいが得られる仕事

ホールスタッフの平均給与や年収レベルは、精神的にも肉体的にもハードな仕事内容と比べると非常に低めの傾向と言えます。賞与や手当が出るかどうかでも差が出やすいでしょう。

また、多様な業務経験を積むことで、ある程度の給与アップも見込めます。業務に役立つ資格を複数取得したり、重宝されるスキルをコツコツ努力して磨いていけば、高待遇で転職が出来る可能性があります。

ホールスタッフは、お客様を満足させたい情熱と努力を続ければ、将来的に独立するなど自分の理想が叶うかもしれない夢のある職業であると言えます。

ホールスタッフの参考情報

平均年収200万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種飲食

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ホールスタッフの関連記事

飲食に関する他の職業KANREN JOB