健康運動実践指導者の資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

健康運動実践指導者の資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

健康づくりの為の運動を指導する専門家、健康運動実践指導者。健康運動実践指導者として働く上で、健康運動実践指導者資格を取得する事が必要です。そして受講資格として認定されている資格の中のひとつ、THP指導者資格をあげました。今回この記事で健康運動実践指導者、THP指導者についての試験情報をご紹介します。

健康運動実践指導者の資格とは?

健康づくりを目的とした運動指導能力を有する事を証明する民間資格

健康運動実践指導者は、公益財団法人「健康・体力づくり事業財団」が認定している民間資格です。

積極的な健康づくりを目的とした安全かつ効果的に実践指導できる者を育成する事と、生活習慣病にかかる可能性のある、ハイリスクな人への個別指導や健康支援を行う事ができる者の養成を目的とされています。

注意点として、この資格は取得してから、5年ごとに登録更新が必要です。その際は公益財団法人、「健康・体力づくり事業財団」が定めた講習を受講する必要があります。

健康運動実践指導者 資格試験の難易度・合格率

全体的な試験の合格率は約70~80%となっています。健康運動実践指導者専用テキストを読みこんで、十分な試験対策をしていれば合格できます。比較的難易度は低く、合格率も非常に高めです。

受講資格を得るためには条件があるため、受講資格の条件を満たす事と健康運動実践指導者の養成講習会を受講して、必要な単位の取得ができていないと試験を受ける事ができません。

健康運動実践指導者 資格試験の概要

合格率 全体的に約70%~80%
受講資格 下記のいずれかを満たす事。

  • 体育系の短期大学か2年生の体育専修学校を卒業した者(もしくは同等の学校の卒業)
  • 運動指導士に3年以上従事した経験のある者
  • 運動指導に関連する資格を有する者
  • 保健医療に関する資格を有する者
  • 学校教育に関する資格を有する者
  • 健康運動実践指導者に対する講習会の受講を修了した者か健康運動実践指導者の養成講座を修了した者(どちらでも可)
受験費用
  • 13,371円(税込)
  • 養成講座の受講料は120,762円(教科書代含む)
出題範囲
■実技試験

「陸上運動」と「水中運動」のどちらかを選択、4人から5人を相手に運動指導を実際に行い、指導能力を審査する試験。

■筆記試験

コンピューターを利用した試験。医学的な基礎知識から運動の指導方法や運動した時に起きるケガの処置など、幅広く出題される。

健康運動実践指導者に役立つ資格「THP指導者」

同じく健康づくりを目的とした民間資格

中央労働災害防止協会が主催している資格です。トータル・ヘルス・プロモーション・プランの略称で、働く人のメンタルや体のより良い健康づくりの指導を行う事が出来る指導者を養成する事を目的とされています。

THP指導者は他にもヘルスケア・トレーナーやトータル・ヘルスプロモーション・プラン指導者と、色々な名称で呼ばれています。

THP指導者資格試験の受講資格

受講資格は、受ける研修によって異なります。簡単にまとめたものを以下に挙げていきます。

受講する研修 受講資格
健康測定専門研修 産業医で日本医師認定健康スポーツ医の認定を受けている者
運動指導専門研修 体育系の大学に出ている者か保健師などで、実務経験を積んでいる者
運動実践専門研修 18歳以上の者
心理相談専門研修 心理学や社会福祉専攻を卒業した者(保健師や看護師、栄養士の一定以上の実務経験者も可)
産業栄養指導研修 管理栄養士の有資格者か栄養士として実務経験2年以上の者
産業保健指導専門研修 保健師・看護師の有資格者、どちらも実務経験が1年以上の者

THP指導者の難易度・合格率

中央労働災害防止協会が開いている研修を受講する事で取得する事ができます。研修受ける事で取得できるため、合格率はありません。しかし受講資格がそれぞれ厳しく決められているので、受講資格によっては研修を受ける事が出来ない場合があります。

THP指導者 資格試験の概要

合格率 不明
受講資格 制限あり。「THP指導者資格試験の受講資格」の章を参照のこと
受講場所 心理相談専門研修のみ東京と大阪以外に名古屋、広島、福岡で受講可能
受講費用 受講料は分野によって異なる。

  • 健康測定専門研修 119,000円
  • 運動指導専門研修 135,000円
  • 運動実践専門研修 65,000円
  • 心理相談専門研修 47,310円
  • 産業栄養指導専門研修 46,290円
  • 産業保健指導専門研修 46,290円

どの分野も中央労働災害防止協会の会員になると1万円、安くなる。

研修内容
  • 健康測定専門研修
  • 運動指導専門研修
  • 運動実践専門研修
  • 心理相談専門研修
  • 産業栄養指導専門研修
  • 産業保健指導専門研修

その他の健康運動実践指導者に関連する資格

健康運動実践指導者の資格と似たような資格として健康運動指導士というものがあります。さらに健康運動実践指導者の受講資格に関連する資格はTHP指導者以外にもあります。

例えば運動指導に関連する資格として

  • エアロビクスダンスエクササイズインストラクター
  • アスレティックトレーナー
  • 運動普及推進委員
  • スポーツプログラマー
  • フィットネストレーナー

などが挙げられます。

また保健医療に関連する資格として

  • 保健師
  • 管理栄養士
  • 柔道整復師
  • 理学療法士
  • 栄養士
  • あん摩マッサージ指圧師
  • はり師
  • 保育士
  • 介護福祉士

など該当する資格は色々あります。

健康運動実践指導者の受講資格が取れる学校

東京リゾート&スポーツ専門学校

東京リゾート&スポーツ専門学校の資格取得サポートサービスのひとつに、授業がない休みや夏休みなど、プロの特別講師が無償で授業を開いてくれます。

他にも放課後に先生たちが各種資格対策講義を開いており、実技対策も含めて指導してくれるので、資格対策にも万全の準備で臨む事ができます。

大阪スポーツ&メディカルヘルス専門学校

健康運動実践指導者や他にも健康トレーナーといった、運動やスポーツに関連する資格認定養成校として認められている学校です。

卒業生のほとんどの人が健康運動実践指導者資格を取得している実績があります。講師の方も教諭免許を持っている人や健康運動実践指導者として実際に働いている人達が教えてくれます。

健康運動実践指導者を養成する学校として認定されている学校は全国に多数あり

上記に挙げた2つの学校以外にも全国に認定養成校が存在しています。特に東京は全部で20以上あります。

養成校を卒業以外にも健康運動実践指導者の資格は講習会を受講するという方法もあります。しかし他の資格も目指せる上に、サポートも厚い養成校を修了してから認定試験を受ける方が確実に合格できるでしょう。

健康運動実践指導者の資格・試験まとめ

健康運動実践指導者になるなら、健康運動実践指導者資格の合格を目指す事が最初の一歩

健康運動実践指導者として働くなら、最初に健康運動実践指導者資格の合格を目指す事が必要です。またTHP指導者などによる、受講資格に必要になる資格は今後のキャリアアップや転職、もしくは独立を目指す際に、取得しておくと有利になります。

そして出来るなら、健康運動実践指導者資格を目指すと決めた際に、自分の理想とする健康運動実践指導者のイメージに近づける様な資格を調べておくと良いかもしれません。

健康運動実践指導者の参考情報

平均年収250万円~400万円
必要資格
  • 健康運動実践指導者
資格区分 民間資格
職種スポーツ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

健康運動実践指導者の関連記事

スポーツに関する他の職業KANREN JOB