健康運動実践指導者の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

健康運動実践指導者の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

健康づくりをサポートする職業、健康運動実践指導者。医療施設からフィットネスクラブ等まで様々なところで幅広く活躍していますが、その給与・年収はどの程度なのでしょうか。今回は、健康運動実践指導者の初任給や平均給与、年収とあわせて、高収入の可能性や方法などについてもご紹介します。

健康運動実践指導者の初任給

新人健康運動実践指導者の初任給は17~22万円程度

健康運動実践指導者の給与・年収は、勤務先や雇用形態によって大きく異なりますが、もっとも一般的なのは、フィットネスクラブなどでインストラクターとして勤務することでしょう。その場合、正社員なのか、パート・アルバイトなのかでも変わってきますが、正社員の場合の一般的な初任給は、17万円~22万円程度のことが多いようです。

また、パート・アルバイトの場合は、時給900円から1600円の間のことが多いようです。健康運動実践指導者は、勤務先によっては接客や受付、イベントの企画立案、後輩スタッフの指導なども行うことがあり、どこまでの業務を担うのかでも時給が変わってきます。

転職には他の資格も影響

フィットネスクラブ、スポーツクラブ、スイミングスクールなどのインストラクター、監視員などの募集は比較的多くあり、応募条件として健康運動実践指導者の資格を有していることとなっている場合もあります。

ただし、健康運動実践指導者だけでなく、管理栄養士や栄養士など他の資格も保有している方が、採用により有利になったり、給与が良くなったりすることがありますし、採用後にも手当てが付くなどのメリットがあるようです。

また、医療機関や福祉施設への転職を考える場合は、健康運動実践指導者の資格のみで採用される可能性は低いと言えるでしょう。医療・福祉分野を目指すなら、関係する国家資格の取得を目指す方が、就職への近道と考えられます。

異業種からの転職には慎重な判断も

健康運動実践指導者は、受講資格を有している人が9日間33単位の講習会を受講するか、健康運動実践指導者養成校を終了した人が認定試験を受けて合格、登録すれば資格を取得できます。講習会受講資格は、体育系大学卒業等の学歴、3年以上の指導経験、運動指導に関連する資格を有する、などのどれかに該当しないと得ることができません。

これまでの学歴、職歴が認定試験の受験資格を満たしていない場合は、学校に入り直したり、他の関連資格を取得したりする必要があります。健康運動実践指導者の資格を取得して転職を目指すまでには、相当の時間や費用がかかることが考えられますので、慎重な判断が必要です。

健康運動実践指導者の平均給与

勤務先や勤務形態によって異なる

健康運動実践指導者の給与は、正社員の場合で20万円~30万円程度のことが多いようです。

健康運動実践指導者の勤務先としては、病院や老人ホーム、フィットネスクラブ、スポーツクラブ、スイミングスクールなどが考えられますが、一般的には、フィットネスクラブ等よりは病院・老人ホームの方が給与は多い傾向にあります。これは、フィットネスクラブ等のインストラクターは、契約社員やパート・アルバイトとして働く人の割合が病院や老人ホームよりも多いことが要因です。

昇給や賞与、社会保険などによっても変わります。医療施設・福祉施設の正社員として働く場合は、勤務先にもよりますが、健康運動実践指導者の資格があれば資格手当てが付くことがあります。

といっても、国家資格を保有している人が多い医療施設・福祉施設の中では、健康運動実践指導者の資格しか保有していない人の給与は低い方だと言えるでしょう。

大学の講師の場合

大学の非常勤講師や嘱託講師としてスポーツ関連科目の講義を受け持つことも考えられます。

この場合、1つの講義1回あたり1~2万円程度で、週1回、半年で15回程度行う場合もありますし、「週1回程度勤務」とか「担当科目をいくつ」といった契約をして月10~30万円程度の給与をもらうこともあります。嘱託講師の場合、勤務先の大学によってはボーナスや資格手当、夜間講義担当手当などが支給されることがあります。

どちらの場合も、1年から数年の任期付きであることがほとんどです。

平均給与の統計

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」による給与を見てみましょう。健康運動実践指導者は、主に「個人教師、塾・予備校講師」に含まれていると考えられます。

「個人教師、塾・予備校講師」には他の職業も含まれていますし、健康運動実践指導者の給与は勤務先や勤務形態によって幅があるので、この統計のみで詳細な実態を知ることはできませんが、おおよその傾向を知るための参考になるでしょう。

「賃金構造基本統計調査」の「個人教師、塾・予備校講師」には、「興行的でない運動競技の個人教授、個人指導に従事する者」が含まれると定義されていますので、健康運動実践指導者も当てはまると考えられます。なお、「個人教師、塾・予備校講師」に含まれる職種は、以下の通りです。

英語教室教師、学習塾教師、進学塾講師(各種学校でないもの)、予備校講師(各種学校でないもの)、家庭教師、音楽教室教師、義太夫師匠、社交ダンス教師、茶道教授、英会話教室教師、柔道師範、体操クラブコーチ、エアロビクスインストラクター

統計によると、健康運動実践指導者の給与は全体平均で26.9万円です。男性は28.7万円、女性は23.9万円で、男性の方が高くなっています。

健康運動実践指導者の平均年収

平均年収の統計

健康運動実践指導者の年収は、正社員の場合で約300万円程度のことが多いようです。ただし、勤務先や勤務形態、経験年数などによって変わってきます。

給与と同様に、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」の「個人教師、塾・予備校講師」の統計をもとに、健康運動実践指導者の年収を見てみましょう。

統計によると、健康運動実践指導者の年収は全体平均で約380.0万円です。男性は、410.7万円、女性は330.0万円で、年間賞与等を含めた年収でも、給与と同様に男性の方が高くなっています。

このうち男性について年齢区分別に見ると、20~24歳では291.1万円、30~34歳では398.7万円などとなっていて、もっとも多いのは50~54歳で520.6万円です。50代までは、年齢が上がるにつれ年収も上がる傾向にあります。

次に、女性について見ると、20代から60代前半までの幅広い年代で200万円台から300万円台となっています。中でも50代は300万円台後半で他の年代よりは高い傾向にありますが、全体としてはどの年代も男性より低く、年齢が上がっても年収は大きくは上がっていないことが読み取れます。

(年収は、「きまって支給する現金給与額×12+年間賞与その他特別給与額」により算定)

年代 平均年収(男性) 平均年収(女性)
~19歳 217.6万円 198.0万円
20~24歳 291.1万円 278.2万円
25~29歳 337.0万円 328.1万円
30~34歳 398.7万円 337.5万円
35~39歳 435.5万円 352.5万円
40~44歳 474.7万円 352.5万円
45~49歳 514.7万円 371.1万円
50~54歳 520.6万円 389.0万円
55~59歳 516.2万円 389.7万円
60~64歳 407.8万円 254.0万円
全年代平均 410.7万円 330.0万円

給与と同様に、健康運動実践指導者の年収は勤務先や勤務形態によって変わってきますが、一般的な傾向として、正社員であれば勤務年数が長くなるにつれ給与も上がっていく傾向にあります。

他の資格があると有利なことも

健康運動実践指導者の中には、管理栄養士や栄養士など他の資格も保有している人がいます。健康づくりのために大切な要素である栄養の面でもプロフェッショナルであることで、仕事の幅が広がったり、顧客の信頼が高まったりすることが考えられます。

資格を併せ持ち、業務の幅が広がることによって、年収もアップすることが期待できます。また、採用試験の際にも有利となることが考えられますし、採用後も資格手当などをもらえることがあります。

独立開業すれば高所得も

フリーランスとして活動する健康運動実践指導者もいます。独立して開業すれば、自分で仕事の幅を広げることができます。民間企業や行政機関等からの依頼で健康増進の指導や講演を行っている人もいるようです。

独立開業した場合の健康運動実践指導者の年収は、どのくらい仕事の範囲を広げるのか、また顧客の人数によって幅があると考えられますが、1,000万円以上を稼げる可能性もあります。

独立開業する場合、スタジオや機材の確保、従業員の雇用、広報宣伝、資金管理や納税といったすべてのことに自分で責任を持つことになりますので、健康運動実践指導者としての腕前に加え、経営手腕も問われます。多くの顧客から支持される健康運動実践指導者となれば、それに応じて高収入が期待できるでしょう。

健康運動実践指導者の給与・年収まとめ

健康運動実践指導者の給与・年収は勤務先等による

健康運動実践指導者の勤務先は、医療施設、福祉施設のほか、フィットネスクラブやスポーツクラブなど幅広く、給与・年収は勤務先によって差があります。また、正社員なのか、パート・アルバイトなのかによっても異なります。

他の資格も保有していれば、仕事の幅が広がり、収入面でも有利になることもあります。さらに、独立開業すれば、仕事の成果に応じて給与・年収もアップすることが考えられます。

健康運動実践指導者の参考情報

平均年収250万円~400万円
必要資格
  • 健康運動実践指導者
資格区分 民間資格
職種スポーツ

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

健康運動実践指導者の関連記事

スポーツに関する他の職業KANREN JOB