パッケージデザイナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

パッケージデザイナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

パッケージデザイナーは、商品のイメージやコンセプトを理解し、消費者に商品の内容や魅力が伝わるようなパッケージをデザインするのが主な仕事です。このページでは、パッケージデザイナーの具体的な仕事内容や、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

パッケージデザイナーとはどんな仕事?

さまざまな商品のパッケージをデザインする仕事

パッケージデザイナーの仕事とは食品や家電、化粧品や日用品など生活に使うさまざまな商品のパッケージにデザインをする仕事です。

消費者が手に取り商品の内容を見てもらえるような魅力的なデザインを考え、パッケージデザインが消費者から支持されるような商品となると、企業の売り上げに貢献することにも繋がります。

パッケージデザイナーの就職先

パッケージデザイナーとして仕事に就くために、まず大学や専門学校でグラフィックデザインなどのデザインに関する知識を学んでいる方が多い傾向にあります。デザインソフトの使い方も最低限学ぶ必要もあり、デザインの知識とデザインソフトの使い方を学び学校を卒業後は大きく2つの就職方法があります。

1つはメーカー系の企業に就職して企業内の専属デザイナーとして活動する道です。もう1つは広告代理店やデザイン事務所などのクライアントから直接仕事を請け、パッケージデザイナーとしてデザインの仕事をする道です。

フリーランスとして仕事を請けるとデザイナー自身で仕事量を調節できるので、仕事とプライベートの両立がしやすく見えますが企業に就職するデザイナーと違って、収入額はデザイナー自身の力量となるためパッケージデザイナーとして活動を始めたばかりの方は生計を立てるのも一苦労になることが多い傾向にあります。

では、パッケージデザイナーの具体的な仕事内容についてご紹介します。

パッケージデザイナーの具体的な仕事内容

容器や包装をデザインする

パッケージデザイナーの仕事は、クライアントから商品化する内容やターゲット層、デザインの要望などをヒアリングから行いデザインの構想を練っていきます。

買い物をしている消費者の目に留まり思わず手に取るようなデザインを考えます。消費者の目を惹きつけるデザインを考えるだけではなく、商品とパッケージに使用する素材との組み合わせ、相性も考えてデザイン制作をすることも大切な仕事内容です。

修正も仕事の1つ

パッケージデザイナー問わずデザイナーの仕事には修正作業が必ず行われます。パッケージデザイナーもクライアントとの1度の打ち合わせだけで、商品化できるデザインを提供できることはほとんどありません。

クライアントの要望に沿ってデザインを制作できているのか、商品のイメージに合ったデザイン内容になっているか、クライアントは企業の売り上げに直接影響が出てくるので細かな修正依頼をお願いされます。

修正依頼があれば何度も試作を繰り返すのもパッケージデザイナーの仕事の大切な内容です。

グラフィックデザイナーとパッケージデザイナーの違い

グラフィックデザイナーは広告代理店や広告制作会社、企業の広報部などが主な就職先となっています。広告やパンフレットのような印刷媒体やwebサイトに掲載するためのグラフィックデザインを行う職業です。

パッケージデザイナーは商品化する物のデザインを考える仕事であり、グラフィックデザイナーは広告制作を中心として職業であるといえるでしょう。

大きな責任を負うこともある

パッケージデザイナーは重大な責任を負う仕事でもあります。クライアントや企業の「顔」となるデザインを考えなければいけません。

デザインの内容によっては消費者の心を掴めず売り上げが伸びないことにも繋がります。また1度商品化されると数年の間はパッケージの変更は行われないため、自身が手掛けたデザインよりも前のデザインが売り上げに貢献していたということもあり得ます。

クライアントの要望と商品の内容やパッケージに使用する素材からパッケージデザインを苦労して想像し、形にできたとしても売り上げの結果が伴わないこともある厳しい職業でもあります。

仕事内容によっては長時間労働になることもある

パッケージデザイナーの仕事は1つのデザインだけを提案するわけではありません。デザインを提案する際は数種類から何十種類、場合によっては100種類ものパッケージデザインを考え提案することがあります。

そのためデザインの締め切りが近くなると長時間労働をしなくては間に合わないということも起こり得ます。また、どんなにデザインを提案しても採用されないこともあり挫折してしまいそうになることもある職業ではありますが、優れたデザインの商品として何年もの間世の中に残る商品になるように諦めず仕事に取り組まなくてはいけません。

ではパッケージデザイナーの仕事のやりがいについてご紹介します。

パッケージデザイナーの仕事のやりがい

企業のブランド「顔」となるパッケージを作ることができる

パッケージデザイナーの大きな仕事のやりがいの1つは、デザイナー自身が手掛けたデザインが商品化されることです。

商品化されることだけでも嬉しいことではありますが、大ヒット商品や人気商品となった場合は何年もの間ベーシックデザインとして店頭やネットなど世の中に残ります。消費者から愛されるデザインを作り上げることができることが仕事を続けるためのモチベーションとなることも、パッケージデザイナーという仕事の特徴です。

長年愛される商品のデザインを制作できる喜びはパッケージデザイナーでなければ味わうことができないやりがいといえるでしょう。

独立しているパッケージデザイナーのやりがい

独立しフリーランスとなっているパッケージデザイナーの方もいます。基本的にはクライアントから仕事依頼をもらい対応するのもデザイナー自身で解決しなくてはいけません。

広告代理店やメーカー系の企業にデザイナーとして就職したパッケージデザイナーよりは、仕事を請け負うまで大変ではありますが仕事を依頼されクライアントが満足いくデザインを提供することができたときに、1人で達成できたことにやりがいを感じる方もいます。

仕事の評価をされる

広告代理店や企業に就職をしたパッケージデザイナーは、自身が0から制作したパッケージデザインの商品が受賞に繋がることもあります。受賞されることでマスメディアや販促物となりより多くの人々の目に留まります。

多くの人々の目に留まることで企業にもそして社会にも貢献できたことを実感することができ、クライアントや上司から評価されることで大きなやりがいを感じる方もいます。

ときに世界で活躍することもできる

パッケージデザイナーはときとして海外でも活躍することができます。海外で活躍する場合外国語は必要ではありますが、デザインの世界ではビジュアルで共感を得ることができる職業です。

デザイナー自身が持つ感性と高い表現力を持ち能力を最大限活かすことで、パッケージデザイナーとして世界中を仕事場として活躍することもやりがいへと繋がるといえるでしょう。

パッケージデザイナーの仕事内容まとめ

企業の売り上げに直接繋がる重要な仕事

パッケージデザイナーは自身が制作するパッケージデザインによって企業の売り上げに関わるため、責任が重大な職業です。

クライアントの要望をしっかりと把握し、企画が成立するまで何度も修正作業を行うこともパッケージデザイナーの仕事内容です。要望と折り合いがつかない場合は大変なことも多くなりますが、実際に商品のパッケージとして世に出た際には大きな達成感を得ることができるでしょう。

パッケージデザイナーは今後も新たな商品やリニューアル商品には必ず必要となる職業です。パッケージデザイナーは将来安定して仕事を続けることができる職業といえるでしょう。

パッケージデザイナーへの転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

パッケージデザイナーの参考情報

平均年収300万円~450万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

パッケージデザイナーの関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB