放送作家の給与・年収は?売れなければ生計を立てられず、売れれば億万長者も夢ではない

放送作家の給与・年収は?売れなければ生計を立てられず、売れれば億万長者も夢ではない

テレビやラジオの番組を制作するために必要な存在である放送作家の給与はいくらなのでしょうか?放送作家の初任給や年収額の統計について、放送作家は高収入を稼ぐことができる職業なのかについてご紹介していきます。

放送作家の給料事情

若手の放送作家は生計を立てられないくらいの収入額になることが多い

放送作家は学歴も資格も必要としない職業のため、誰でも放送作家を目指すことができます。

大学や専門学校で学び、放送作家としての知識を深めてから放送作家を目指す方もいますし、放送作家になるための養成学校で学ぶ方と放送作家になるための道のりはさまざまです。

放送作家の給与は人気・売れっ子放送作家まで上り詰めないと、生計を立てることが難しいほどの給与しか稼ぐことができない職業でもあります。放送作家としての活動期間が間もない若手の放送作家の収入は約15万円前後となり、年収額は約200万円を下回る方も少なくありません。

放送作家の事務所に所属できたとしても、上下関係がある場合があります。1番下の新入社員の場合は放送作家の業務に携わるだけではなく、事務所内の清掃や備品の管理なども行うことがあります。

雑務をこなしながら放送作家としての台本作りの時間も作らなくてはいけないため、生活リズムが崩れてしまい早い段階で退職してしまう方もいます。フリーランスで働くことで放送作家仕事を行いつつ、生計を繋げるために別の企業に就職している方もいます。

給与額と労働時間が割に合わないこともある

売れない若手の放送作家でよくある大変なことは、365日24時間ほとんど休みがなく働かなくてはいけない方が多い傾向にあります。

放送業界で放送作家としての自身を売り込むために、手あたり次第単価の安い仕事の数をこなさなくてはいけません。また、自身を成長させるために先輩放送作家の台本を無償で書くこともあります。

新人として活動し始めた放送作家の給与は重労働のわりに給与額が低いですが、放送作家として活動し続け実績を積むことで給与額は変わるのでしょうか?放送作家の平均給与についてご紹介します。

放送作家の平均給与の統計

放送作家の給与は仕事をこなした数で給与額が決まる

放送作家は一度に大きな収入を得ることができる職業だと思う方がいらっしゃるかもしれませんが、一度の仕事で大きな収入を得ることができるのはドラマのシナリオ考えるシナリオライターという職業です。

放送作家はバラエティーやドキュメンタリーなどの台本を書くことが仕事内容となっており、数多く台本を書く本数で稼ぐことができる給与体制となっています。

人気の放送作家の場合は、常に週7、8本やときには10本以上のレギュラー番組を手掛けていると言われています。さらに、放送作家にはラングが分かれており1本のギャラに差があります。

放送作家にはランクがある

放送作家に支払われるギャラには幅があり、1本約2万~20万円前後となっています。しかし、放送作家にはランクが大きく4段階に分かれています。

放送作家の助手の場合のギャラは1本約2万~3万円となっており、駆け出しの場合のギャラは1本約5万~10万円。中堅の場合のギャラは約10万~15万円となっており、大御所の場合のギャラは約20万円前後となっていることが多い傾向にあります。

若手や駆け出しの放送作家の場合は1本あたりのギャラは高額には見えないかと思います。しかし、人気と呼ばれるのは中堅ランクの放送作家は、週1回放送されるレギュラー番組を複数手掛けていることが多いです。

放送作家にはランクがあり、それに伴って1本のギャラの差はありますが、人気ではない放送作家でも新人時期を超えると平均給与額は約20万~30万円前後となっています。

放送作家のほとんどはフリーランス

放送作家は一見、テレビ局やラジオ局に社員として就職しているかと思われますが、放送作家のほとんどはフリーランスで活動しています。そのため、収入は完全歩合制となっているため、賞与もありません。

事務所に所属している放送作家の場合でも出来高制の給与体制のため、仕事がなければ収入がない状況になってしまいます。

放送作家の年収統計

放送作家の平均年収は約300万~500万円

新人の放送作家の場合は数多くの台本を手掛けても見合った給与をもらうことができないことが多いです。中には年収が約100万円前後と、200万円の年収に満たない放送作家もいます。

新人の放送作家時代を乗り越えて、中堅の放送作家にもなると年収約300万円前後を平均に稼ぐことができる傾向にあります。しかし、一般的なサラリーマンよりは低い年収額といえます。

放送作家の収入は視聴率も関係してくる

自身の台本が携わっている番組が放送されたとしても安心できません。制作して番組が視聴率や聴取率が高く好調を持続できなければ、番組は打ち切りになることもあります。

視聴率や聴取率が不振の番組になってしまうと収入も下がってしまうため、放送作家の収入は変動が激しい職業といえるでしょう。

年収数千万稼げる放送作家は極めて僅か

中堅の人気放送作家の場合、週1回放送されるレギュラー番組を複数手掛けることがあります。レギュラー番組が3本の場合、中堅ランクのギャラ1本10万円の台本が月に4回放送され、3本の番組を持つ場合は1か月の給与は120万円となります。この番組制作のペースを1年間維持できると年収1,200万円前後となります。

年収1,000万円を稼ぐことができる魅力的な職業に見えますが、毎週放送される番組や帯番組と呼ばれる毎日放送される番組を手掛けることができる放送作家になるまでの道のりは険しいといわれています。

大御所の放送作家の場合は、数千万を超える年収を得ている方もいますが稀なケースです。大御所の放送作家の多くは、タレントや芸人と深い繋がりがあることが多く、タレントや芸人と付き合いがあることで、自身が手掛ける台本のキャスティングに大きく影響していきます。

キャスティングに大きな影響を与える放送作家は別格扱いとなり報酬額も高く反映されることがあります。例を挙げますと、放送作家の高須光聖さんの場合は「ロンドンハーツ」や「めちゃ×2イケてるッ!」などの番組を担当しています。

高須光聖さんは幼少時代からダウンタウンの松本人志さんに誘われ、ダウンタウンの番組の構成を担当したのをきっかけに放送作家の道を歩むこととなり、平均年収額は約2,000万円以上と言われています。高須光聖さんは芸人やタレントとの繋がりから人気の放送作家になった代表格といえるでしょう。

放送作家の収入は実力次第

毎週放送されるレギュラー番組や帯番組を手掛ける放送作家と、単発で仕事をする放送作家とでは年収額に大きな差が生じます。

番組によっては企画提案などの会議に出席するだけでは報酬がもらえないこともあり、自身が提案した台本や企画が通ることで初めて報酬を受け取ることができる場合もあります。

常に自身の企画が通るとは限らないため、放送作家の年収は実力次第といえる職業でしょう。

放送作家としてキャリアを積むと書籍の出版する仕事もできる

放送作家は優れた発想力と台本を日常的に書くために、文章力が備わっていきます。放送作家としての経験と実績を積むことで、中には自身の書籍を出版する、雑誌などで連載コラムを執筆する活動を始める方もいます。

自身のコラムを持てるようになることで原稿料の収入、書籍を出版すると印税という形で放送作家の収入とは別に副収入として得ることができるようになります。

放送作家の給与・年収まとめ

とにかく仕事をこなして名前を覚えてもらう

放送作家の仕事をして生計を立てるためには、放送作家として台本をとにかく多く手掛けることが重要な活動となります。自身の名前を売り込み覚えてもらうために大切なことです。

完全歩合制の厳しい放送作家の職業ではありますが、自身の考えた番組が形になること、台本が採用されることに大きなやりがいとモチベーションを持ち続けることができる方が、高収入を稼げる人気の放送作家の道を歩むことができるといえるでしょう。

放送作家への転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

放送作家の参考情報

平均年収300万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種テレビ・映画・映像

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

放送作家の関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB