放送作家の資格・試験とは?取得しておくと役に立つ資格の特徴などを解説

放送作家の資格・試験とは?取得しておくと役に立つ資格の特徴などを解説

放送作家はテレビやラジオなどの番組企画の立案や構成、台本作成などを行う職業ですが、放送作家になるためには必要な資格はあるのでしょうか。放送作家になるために取得しておくと有利な資格や知識を学ぶことができる学校などをご紹介します。

放送作家の資格とは?

放送作家に必要な資格はない

放送作家になるために必要な資格や学歴はありません。誰でも放送作家を目指すことができます。しかし、放送作家には資格は必要なかったとしても放送作家として活躍するために求められる能力が3つあります。

1つは「文章力」、2つ目は「コミュニケーション力」、3つ目は「発想力」です。

放送作家にはテレビやラジオなどの番組を企画することが主な仕事内容ではありますが、番組を企画するためには自身の発想力が必要です。構想が思いついた後は、構想内容を文章で表現しなくてはいけません。

文章能力が低いと、企画提案するときに一緒に番組を制作するスタッフに考えている内容や思いを伝えることができません。番組制作をするときはプロデューサーが主にどの放送作家と組むかを決めます。

一緒に番組制作をしたいと思ってもらえるように、コミュニケーション力が高く人としての魅力を高めることも放送作家には必要なことです。

放送作家には特別な資格よりも、想像力と文章力、コミュニケーション力が高い方に向いている職業ではありますが、想像力が高いことを証明する試験はありませんが、文章力とコミュニケーション力が高いことを証明できる試験がありますので、後ほどご紹介します。

その他の放送作家に関連する資格

文章読解・文章作成能力検定

公益財団法人漢字能力検定協会が主催している、「文章読解・作成能力検定」の試験があります。

2級~4級の検定レベルがあり、2級を取得することで社会人として求められている文章を作成できるための文章作成能力と、総合的な読解力が身に付いている証明になります。

テレビ番組、ラジオ番組などの台本を作成するためには、わかりやすい文章を作成しなくてはいけません。放送作家として活動したいと考えている方には損ではない資格といえるでしょう。

コミュニケーション検定

特定非営利活動法人実務能力検定機構が実施している「コミュニケーション力検定」は、上級・初級と用意されています。

コミュニケーション力検定の上級を取得することで、社会活動の場面で自身の考えを効果的に発信することができ、場面に応じて言葉以外でもコミュニケーションを取ることができる能力を取得した証明になります。

放送作家には台本を作成するだけではなく、どんな番組を作るか企画する段階から幅広い知識が求められます。自身の考える企画をより効率よくわかりやすく説明できる優れたコミュニケーション力が必要となります。

文章読解・作成能力検定と共にコミュニケーション力検定も必要な資格といえるでしょう。

プレゼンテーション検定

一般社団法人プレゼンテーション検定協会が主催している検定で、1級~準3級の6階級あります。

1級を取得するとプロフェッショナル・プレゼンターとして、目標達成するための戦力を立案することがき、難度の高い内容のビジュアル化やシナリオ化ができる表現力が豊かな証明になります。

放送作家には文章構成力だけではなく、自身の企画を提案する業務もあるためプレゼンテーション力を高めることでより潤滑に企画・提案業務を進めることができる可能性が高くなるといえるでしょう。

放送作家に役立つ資格が取れる学校

放送作家養成の専門学校へ進学する

資格が必要とされない放送作家の職業ではありますが、現役の放送作家が直接講師をしている養成学校へ進学することで、放送作家になるための道が開かれます。

放送作家の養成学校はテレビ局やラジオ局、芸能事務所などが主催されており、放送作家の仕事内容を勉強することができます。放送作家としての仕事を受けるための関係を作ることもできるので、放送作家を始めたいと考えている方は、放送作家の養成学校へ進むことが近道といえるでしょう。

放送作家になるための養成学校をご紹介します。

放送作家事務所ブルーマウンテン主催の放送作家塾

放送作家事務所が主催する作家スクールとなっており、番組の企画書の書き方を中心とした講義を受けることができます。直接受講することが難しい方のために、地方在住者向けの企画書の添削をしてもらえる通信講座を受講することもできます。

放送作家塾内で成績優秀者には見習を得ることで、事務所に所属できる可能性があります。

日本脚本家連盟スクール

脚本家や構成作家で構成されている日本脚本家連盟によって運営している養成学校です。

日本脚本家連盟スクールではドキュメンタリーやワイドショー、バラエティーや演芸などの幅広いジャンルから新人作家を育成することに力を入れています。

浅井企画メディアスクールの放送作家コース

芸能人の小堺一機さんや関根勤さんなどが所属している芸能事務所の浅井企画が主催しているスクールです。

こちらのスクールでは実査に芸人を使った漫才・コントをするための台本の書き方に関する内容をお笑い作家のプロに直接指導してもらうことができます。こちらの事務所でも成績優秀者には事務所へそのまま所属することができる可能性があり、放送作家としてコント作家を目指している方に合った受講内容といえるでしょう。

コントや漫才の台本を書けるようになりたい方は、浅井企画メディアスクール以外に、「YCC-よしもとクリエイティブカレッジ」があります。芸能事務所の吉本興業が主催している養成学校です。

コントや漫才だけではなくドラマの脚本の書き方についても学ぶことができ、発想力の訓練を行うことが可能です。

A&G ACADEMY

こちらの養成学校は、文化放送が主催しているスクールです。ラジオディレクターを目指している方と合同に行い、プロのパーソナリティを招いて実際に模擬番組を制作することができる受講内容が最大のポイントです。

受講修了後は文化放送のスタッフや他局のテレビ・ラジオ番組のスタッフとしてのテスト採用に挑戦することが可能です。

養成学校の大きな強みは、放送作家として活躍している現役の放送作家などの先人の話を聞くことができることです。過去にどんな番組があったのかを知り、番組制作にあたってどんな雰囲気の中で制作したのか、放送作家について詳しい方々の話を聞ける貴重な経験を積むことができます。

将来、転職する可能性がある方は大学へ

放送作家になるために必要な知識を中心に学ぶために放送作家の養成学校を受講することは、放送作家として活躍するための近道になる可能性はあります。放送学科がある専門学校でより多くの知識を学ぶことができます。

しかし、将来自身が放送作家以外の仕事に転職を考えている場合は注意が必要です。専門学校では即戦力になれるように、就職に特化したカリキュラムを組んでいる専門学校が多いです。

専門知識を身に着けることはできますが放送作家とは違う職種に転職する際、学歴を求める企業もあり大学卒を条件にしている企業が多い傾向にあります。

放送作家以外の仕事にも携わりたいと考えている方は、大学に進学することで転職する際の職種の幅が広がりやすいといえるでしょう。

放送作家の資格・試験まとめ

放送作家になるための養成学校は多くある

放送作家には必須資格が必要としない職業ではありますが、自身が思い描いている構想を実際に文章に表現し、企画をプレゼンテーションするためのコミュニケーション力が必要となる職業です。

放送作家になるためには養成学校へ受講することで脚本の書き方などを学ぶことができ、養成学校の中には実際に番組制作をすることができるカリキュラムを組んでいる養成学校もあります。

自身がどんな放送作家になりたいのかによって、必要な知識を学ぶことができる養成学校は選ぶ必要があります。

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

放送作家の関連記事

テレビ・映画に関する他の職業KANREN JOB