福祉住環境コーディネーターになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

福祉住環境コーディネーターになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

福祉住環境コーディネーターは、高齢者、障がい者が快適な住まいを手に入れたいと感じた時に、一緒に良い住まいづくりのサポートをする仕事です。福祉住環境コーディネーターになるには、どのようなことが必要なのかこのページでは詳しく紹介します。

福祉住環境コーディネーターになるには何が必要?

福祉住環境コーディネーターになるためには、どのようなことが必要になるのでしょうか。福祉住環境コーディネーターに求められていることについて、詳しく解説をしていきましょう。

建築に関する知識

福祉住環境コーディネーターには、住宅に関する知識が必要です。従来の建築に関する知識とそれに対して、どのような住居にすることで依頼者にとって満足のいく建物になるのかを提案しなければいけません。

そのためには、建築に関する知識が福祉住環境コーディネーターには求められることになります。既に建築関連の仕事に携わっている場合は、今の知識を十分に発揮することができ、業界のことを理解しているため、どのようなことをすればクライアントが求める住宅にすることができるのかを独自に検討することができます。

高齢者、障がい者に対する知識

福祉住環境コーディネーターには建築の知識以外にも、高齢者、障がい者に関する知識が必要です。住みやすい環境を作るために、高齢者、障がい者がどのような考えを持っているか、どのような環境にすれば快適に過ごすことができるかを配慮する必要があります。

そのため、福祉住環境コーディネーターになる人には高齢者、障がい者への深い理解が求められていると思っておきましょう。

医療に関する知識

福祉住環境コーディネーターは、医療現場の知識も重要です。医療的な目線から考えて設置した方が良いものや、危険になる可能性のあるものを考慮した上で、家づくりを提案することもあります。もちろん、医療関連の資格を保有しているとより有利に福祉住環境コーディネーターとして仕事を行うことができます。

福祉住環境コーディネーター向いている人、適性がある人

福祉住環境コーディネーターに向いている人、適性がある人とはどのような人物なのでしょうか。福祉住環境コーディネーターになりたいと考えている方は、次の項目が当てはまっているかどうかをぜひチェックしてみてください。

向いている人

福祉住環境コーディネーターに向いている人は、次のようなスキルを持っている人が向いていると言えます。ぜひチェックしてみてください。

コミュニケーション能力が高い

依頼された物件に対して、全て同じということはありません。同じバリアフリーの工事をするにしても、スロープ、手すりをつけて終わりということではありません。生活をする人によって仕様を細かく変更しておく必要があります。

クライアントが今までどのような生活をし、どのような環境を求めているのかをヒアリングした上で提案しなければいけません。福祉住環境コーディネーターの仕事には密なコミュニケーションも求められるということを覚えておきましょう。

建築関連の知識がある

福祉住環境コーディネーターの資格を持っていても、建築への知識が浅ければ理想通りの住宅を提案できないこともあります。しかし、福祉住環境コーディネーターだけでなく建築関連の資格や知識があれば、何がダメで何が良いかを判断することができます。

そのため、リフォーム工事を行う際、業者と細かい打ち合わせを直接行うことができ、クライアントが求めるものを限りなく実現させることができるので、建築関連の知識がある方も福祉住環境コーディネーターとして適性があると言えるでしょう。

責任感がつよい

福祉住環境コーディネーターでは、責任感も求められます。住みづらい住居をどのようにすればより良い環境に整うことができるのかを常に考えなければいけないためです。また住居だけでなく施設でも提案をすることがあり、やはりどこまでしっかり考えなければいけないのか検討する必要があります。

妥協をする提案も可能なので、仕事の質をあげるためには責任感が必要不可欠になるということも覚えておきましょう。

適性がある人

適性がある人はどのような人なのでしょうか。適性のある人物像についてここからは詳しく迫ります。

交渉能力がある

福祉住環境コーディネーターは、クライアント、業者、医療現場などさまざまな方との交渉が必要不可欠になります。場合によっては、両者の意見が全く折り合わないことがあります。このような時に、福祉住環境コーディネーターが両者の立場にたって解決方法を探ることもあります。

交渉能力がなければ、クライアントの依頼自体が成立しないことも考えられるので、福祉住環境コーディネーターとして活躍をする上では交渉能力が求められます。交渉に自信がある方にはオススメの仕事であると言えます。

提案力がある

クライアントは福祉現場に精通していないこともあります。例えば、高齢者施設をこれから作りたいという業者は福祉の知識が浅いこともあります。このようなクライアントに対して、納得するような提案力も求められます。人に対して何かを提案することが得意な方は、福祉住環境コーディネーターに向いていると言えるでしょう。

相手のことを考えて行動できる

福祉住環境コーディネーターには、相手のことを考えて行動することが求められます。特にバリアフリー工事を行う際は、住む人が快適に過ごすためにはどのようにすれば良いかを利用者目線で考えることになります。

良いとされる工事でも、実際に利用したら実は利用自体が難しいのではないかということを考えるケースがあれば、このような設備があればさらに利用者が喜ぶのではないかと気づくことも重要です。これらの提案をするためには、相手のことを常に考えて仕事を行う必要があります。

相手のことを考えて仕事ができる方は、福祉住環境コーディネーターに向いていると言えるでしょう。

人のために役に立ちたいという気持ちが強い

福祉住環境コーディネーターは、感謝される仕事です。自分のスキルを何か人のために役立てたいという気持ちが強ければより良い施策を提案することも可能です。役に立ちたいという気持ちを持っておくことも重要であると覚えておきましょう。

福祉住環境コーディネーターになるための学校・教室

福祉住環境コーディネーターになるための学校や教室はあるのでしょうか。福祉住環境コーディネーターを志すのであれば、次の方法で資格を取得するようにしましょう。

福祉の専門学校

最も福祉住環境コーディネーターになるための近道としては、福祉系の専門学校に通うことです。福祉系の専門学校では、資格の対策勉強をすることができるだけでなく、福祉住環境コーディネーターには、今何が求められているかを知ることができます。

また、実践的な学習を行うことができるので、実際に資格を取得し福祉住環境コーディネーターとして働いても専門学校で学んだことを活用することができます。コストと、学校に通うための時間を確保する必要はありますが、最短ルートで資格を取得することができるので、ぜひ検討してみましょう。

社会人であれば夜間に開講している専門学校を選択することをオススメします。

資格の通信講座

時間があまり取れないという方には、通信講座もオススメです。通信講座の良い点は自分のペースで無理なく勉強をすることができるという点です。時間がなかなか確保することが難しい方は、通信講座を視野に入れて勉強をするようにしましょう。

福祉住環境コーディネーターになるには?まとめ

福祉住環境コーディネーターは、様々な知識が必要な職業

福祉住環境コーディネーターは、今後も福祉業界で必要になる仕事です。福祉住環境コーディネーターは他の仕事とは異なり、建築と医療現場の知識が必要になります。

専門的な資格でもあるので、これから取得を検討している方は、今回紹介したポイントを理解しながら、福祉住環境コーディネーターを目指してみてはいかがでしょうか。

福祉住環境コーディネーターの参考情報

平均年収300万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種心理・福祉・リハビリ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

福祉住環境コーディネーターの関連記事

心理・福祉・リハビリに関する他の職業KANREN JOB