スポーツエージェントになるには何が必要?向いている人の性格や持っていると役立つ資格

スポーツエージェントになるには何が必要?向いている人の性格や持っていると役立つ資格

スポーツ選手の契約を担当するスポーツエージェントになるには、どんなスキルや資格が必要なのでしょうか?本記事では、スポーツエージェントになるために求められるスキル、持っていると役立つ資格、向いている人の特徴などについてご紹介します。

スポーツエージェントになるには何が必要?

スポーツエージェントになるには、契約などに関する幅広い知識が必要

スポーツエージェントになるにはいくつか必要な要素が考えられますが、まずは法律をはじめとする幅広い知識がある事が求められます。

スポーツエージェントの仕事は選手に変わってチームと契約交渉を行うのが仕事です。選手の代わりに所属チームとの契約更改を行います。

意見を主張して対等に交渉をするのがスポーツエージェント。その競技のルールや戦術について詳しい事や、主要国のチームや選手に関する動向や事情まで理解する必要があります。

契約や労働に関する法律の知識もなくてはなりません。そのため、スポーツエージェントは幅広い知識が求められるのです。

交渉力がスポーツエージェントの仕事に役立つ

スポーツエージェントとして働くには、交渉力がある事も大切です。スポーツエージェントは、選手に代わって交渉をするのが職業だからです。

選手契約はビジネス契約なので、チームから出てくる契約の専門家と対等に交渉する必要があります。選手から交渉を全面的に任されるので、満足のいく結果を残せる信頼できる交渉力が必要になります。

語学力もスポーツエージェントの大切な要素

スポーツエージェントとして働くためには語学力も必要になります。海外のチームと交渉をする場合には英語が必須になります。さらに現地の言葉も話せると有利になるでしょう。

契約はその選手の人生がかかっている事なので、海外のチームと交渉をする際にイマイチの語学力だと信頼性に欠けてしまいます。英語やフランス語などあらゆる語学力がある事がスポーツエージェントには求められます。

体力も必要なスポーツエージェントの仕事

スポーツエージェントの仕事は意外とハードなので、基礎体力がある事も大切です。選手とチームが契約交渉をする時期には、契約内容の精査や他のエージェントとの駆け引き、他の選手の動向を見ながらの交渉など長時間労働になりやすいでしょう。

Jリーグでは12月から翌年の1月まで、サッカーは6月から8月、メジャーリーグは10月から翌年の1月までとそれぞれ契約交渉時期は決まっています。契約交渉期間は分析や調査、交渉の準備など休みもなく寝る間もない程に忙しいです。

選手のために最高の契約をするためには体が資本。自己管理を怠らず、体調を崩さないようにしましょう。

スポーツエージェントには資格が必要

スポーツエージェントになるには必要な資格が日本とアメリカとで異なります。アメリカのメジャーリーグでは、選手会の審査によりエージェントの資格を得る事ができます。

日本のプロ野球界やJリーグなどでは、弁護士法の規定で弁護士の資格が必要になります。スポーツエージェントとしての仕事はかなりハードルが高いと考えられます。英語の語学力を証明する資格があると仕事の幅が広がるかもしれません。

スポーツエージェントに向いている人、適性がある人

スポーツエージェントなるには、持って生まれたセンスや性格的な要素も影響することが多いです。

コミュニケーション能力はスポーツエージェントの適性のひとつ

スポーツエージェントに求められる適性として、まずはコミュニケーション力があげられます。

スポーツエージェントは話し合うのがメインです。選手に代わって雇用面の交渉や契約、プロモーションやマネジメントなどを引き受けます。

スポーツ選手が結ぶ契約は細かな部分まで言及をしたものが多いです。契約金を高く上げるかどうかスポーツエージェントと腕の見せ所です。その全てはコミュニケーションによって成り立っています。

コミュニケーションが高い人であれば交渉も上手くしやすく、満足のいく仕事が出来るでしょう。また選手との強い信頼関係を築くためにもコミュニケーションが必要です。

スポーツが好きな人もスポーツエージェント向き

スポーツエージェントとして働く際には、スポーツに興味がある事も大切です。

選手の長所や短所を考える必要があり、選手とチームを引き合わせる為には自分自身がスポーツに興味がないと話になりません。

ルールや細かいテクニックなどの知識を知っているなどスポーツが好きな人は適性があると考えられます。

人柄が良い人はスポーツエージェント向き

人柄が良い人がスポーツエージェントとしての適性があると考えられます。悪口を言わない人やルールを守る、思いやれる行動が出来る人が、人柄の良いという事。

スポーツエージェントの仕事は、選手が契約を全て任せている信頼性の高いものです。代理人契約信頼できる人でなければいけません。

信頼関係がチーム側も作らなければ交渉の席にもついてくれません。信頼性という意味ではその人の人柄も大きく関係しています。

分析力もスポーツエージェントになるには求められる

スポーツエージェントには分析力も求められます。野球やサッカーで時期は異なりますが、契約公共の時期になると契約を結ぶ選手の試合をチェックして、交渉用データの分析を行います。

各国のチームや選手事情についても知っておかなければいけません。時間をかけて、良い契約をする為の分析は必要になります。日頃から分析が好きな人はスポーツエージェントに向いています。

スポーツエージェントになるための学校

スポーツエージェントになるために学校に通うことは、同じスポーツエージェントを目指す仲間に出会える事。切磋琢磨して刺激しあえる事も魅力です。

スポーツエージェントの基礎が学べる専門学校

スポーツエージェントになるには専門学校に通う人が多いです。スポーツ選手の契約に関する仕事がメインになるため、ビジネスマナーなどの基礎的な部分までしっかりと学ぶことが出来ます。

カリキュラム内容を比較して学校選びを

スポーツエージェントになるための専門学校は全国にありますが、あまり数は多くありません。

学校によって現役のスポーツエージェントによる授業が受けられたりする事も。プロによる指導があれば良い現場に近い雰囲気で学べて不安も軽減されるでしょう。

就職サポートが手厚い学校や高い就職率を誇っている学校であれば、卒業後も安心して目指すことが出来ます。すでに働いている人は夜間コースを選ぶ事も選択肢と言えます。

学校によってカリキュラムは異なるので、自分が目指すスポーツエージェント像に近づけるように学校を比較して選ぶようにしましょう。

大学でもスポーツエージェントになるための勉強が可能

スポーツエージェントになるために学校に通う選択肢として大学に通う事も挙げられます。

大学では体育学やスポーツ学、コミュニケーション学、外国語学などを選ぶ事でスポーツエージェントに関連する学びが出来るでしょう。詳しく確認してみると良いでしょう。

スポーツエージェントになるには?まとめ

資格は必要?まずはスポーツが好きな事やコミュニケーション能力がスポーツエージェントを続ける原動力に

スポーツエージェントになるには、どんなに仕事がハードでも続けられる力、コミュニケーション能力などが必要です。加えて、分析力や語学力がある人は専門性の高いスポーツエージェントの仕事で強い武器になると考えられます。

また、日本でスポーツエージェントになるためには弁護士の資格が必要であり、ハードルは高めです。語学力も必要な仕事なので、語学に関する資格を持っていれば就職や現場で有利になると考えられます。

日本で優秀な仕事ぶりを発揮できれば、活躍の場を世界に移すことも可能になるでしょう。

スポーツエージェントの参考情報

平均年収-
必要資格
  • 弁護士
資格区分 国家資格
職種スポーツ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

スポーツエージェントの関連記事

スポーツに関する他の職業KANREN JOB