スポーツエージェントの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

スポーツエージェントの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

スポーツエージェントは、代理人契約を結んだ選手の代わりにチームなどと交渉・契約をする仕事です。今回はこの記事でスポーツエージェントの具体的な仕事内容、仕事のやりがい、魅力などについてご紹介します。

スポーツエージェントとはどんな仕事?

選手に変わって契約交渉を行う人をスポーツエージェントと呼ぶ

スポーツエージェントは、交渉ごとに不慣れなプロスポーツ選手本人に代わって、スポーツ団体などとの入団契約、移籍に際する交渉や、契約更改を行う仕事です。

スポーツエージェントは、プロスポーツ選手と「代理人契約」を結ぶことによって、プロスポーツ選手を売り込んだり、選手本人の本意を基にスポーツチームなどの団体に選手に代わって意見を主張したり、交渉ごと全般を請け負います。

スポーツエージェントの主な役割は、プロスポーツ選手が対等にチームと交渉できるように働きかけることと、契約そのものを代行することです。

プロスポーツ界においてスポーツエージェントが活動できる根拠としてあげられるのは、いわゆる「代理人交渉制度」という、平成に入ってから一般的になった、選手の権利を保障する制度です。

スケジュールの調整や売り込みなどもスポーツエージェントが代行する

スポーツエージェントは、契約行為のみならず、スポーツ選手の「代理人」として、全般的に様々な業務を担当します。プロスポーツ選手は本来、スポーツそのものに集中しなければなりませんが、雑誌の取材やスポンサー行事への出席なども行わないといけません。

しかし、プロスポーツ選手自身がそれらのスケジュールを調整するのはあまりにも負担が大きいのです。そのため、代わりにそういったロビー活動のような活動に関して、なるべく本業のスポーツの試合や練習などに支障がない形でスケジュールを交渉したり、調整したりすることも、スポーツエージェントの重要な仕事です。

中には、営業や売り込みなど、スポーツ選手が到底手の回らないところの全般について、スポーツエージェントが日々代行しています。スポーツエージェントがそうした活動を行なっていることが、スポーツ選手の地位を支えているといっても過言ではありません。

スポーツエージェントの具体的な仕事内容

スポーツエージェントの仕事は満足できる契約をすること

スポーツエージェントの仕事は、選手の代わりに選手が満足のいく契約交渉を行う事です。

野球がイメージしやすいですが、下記の一覧を見てもスポーツエージェントが契約を担当するスポーツの種類は様々です。

  • サッカー
  • テニス
  • ラグビー
  • バスケットボール
  • アイスホッケー
  • バレーボール

契約交渉以外にスポーツエージェントがする仕事

スポーツエージェントの仕事は、契約交渉をするだけではありません。経験を積んでいくことで、より良い契約の為に出来る事が増えていきます。

契約交渉の為の分析や研究

スポーツエージェントの仕事の一つに契約交渉をスムーズに進める為に研究や分析を行う事が挙げられます。競技の細かいルールや戦術について知っている事は当たり前ですが、主要国のチームや選手に関する動向や事情まで研究する必要があります。

契約交渉の時期はそれぞれのスポーツによってバラバラなので、契約交渉の時期までに行わなければいけません。スポーツエージェントの交渉力も大切になりますが、それまでに研究を重ねて分析をする準備も必要なのです。

打ち合わせ・業務連絡・デスク業務まで

スポーツにおいて移籍する選手やチームは国内外様々です。クライアントとの打ち合わせや業務連絡を行います。

選手によっても希望はそれぞれ異なるので、交渉意外にも選手のパフォーマンスを向上させる為に適したサポートを行います。資料を作成するデスク業務まで幅広くスポーツエージェントとして仕事をこなしていきます。

下積みからはじまるスポーツエージェントの仕事

スポーツエージェントの仕事は、地道な下積みから始まります。
スポーツエージェントは専門学校や大学で語学力を身に着けるところから始まります。

日本ではスポーツエージェントになるには弁護士の資格が必要になるため敷居が高く、海外でスポーツエージェントの知識を学び、独立する人も多いです。

いきなりスポーツエージェントとして契約交渉に携わることは出来ないので、長期的な下積みを行い、仕事の幅を広げていくことが大切です。

転職も3年が区切りになることが多い

スポーツエージェントとして3年や5年を一区切りにして転職をする人も多いです。スポーツエージェントとして企業に就職して、ある程度自分一人で業務が出来るようになれば、独立することも出来ます。

独立を目指すのであれば海外をメインに仕事をする事が現実的なために語学力も必要でしょう。専門的な分野の仕事でもあるため求人数はあまり多くはありませんが、経験を積んでスキルを高めれば、独立できる可能性もあります。

スポーツエージェントの仕事のやりがい

選手の人生の転機に深く関われる事

スポーツエージェントの仕事は契約交渉を行う事で、選手に代わって行うその選手の人生を大きく変える転機になることでしょう。

責任も大きい仕事ではありますが、選手にとっての人生の転機になることはスポーツエージェントとして大きなやりがいと言えます。その場に立ちえる事は大きな喜びであり、移籍に関わった選手は自分の家族の様に感じられます。

スポーツを通して幅広い人脈が出来る

スポーツエージェントの仕事の契約交渉は、選手とスポーツエージェントだけでなく多くの人が関係しています。

スポーツを通して幅広い人脈形成が出来る事がスポーツエージェントとして大きなやりがいと言えます。海外の人と仲良くなれたり、優しさに触れられた時に仕事の楽しさを感じられるでしょう。

スポーツエージェントの仕事内容まとめ

スポーツエージェントはセンスや努力が求められる仕事

契約交渉を行うプロであるスポーツエージェントは、満足できる契約を選手に代わって行う仕事です。

より満足できる契約をするための交渉力やセンス、分析力なども求められる仕事です。交渉時期になれば忙しく、生活も不規則になりがちなため、体力的にハードな面があるのも特徴です。

ですが、様々な国の人と仲良くなれたり、選手の人生の転機を支え側で立ち会える事は、スポーツエージェントとして何よりのやりがいに感じられるはずです。

スポーツエージェントの参考情報

平均年収-
必要資格
  • 弁護士
資格区分 国家資格
職種スポーツ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

スポーツエージェントの関連記事

スポーツに関する他の職業KANREN JOB