科学者の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

科学者の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

自然科学の研究を行う方のことを科学者と呼びますが、科学者の仕事内容は一体どんな内容なのかの具体的な内容についての紹介と、科学者の魅力・やりがいや科学者という職業だからこそ辛い経験についての情報をご紹介します。

科学者とはどんな仕事?

高い専門知識を活用し研究を続ける仕事

科学者の多くは自然科学を研究していますが、この他に化学や医学、薬学や生物学、物理学や天文学などの学問を研究している方も科学者に含まれます。

さまざまな分野の科学者はいますが、どの分野においても共通して科学に関して高度な専門知識を持ち、継続して研究することを仕事にしている職業です。

研究内容を発表する

科学者の職業は研究することも大切な仕事の一つではありますが、研究することだけが仕事ではありません。自身が行った研究内容を論文にまとめ発表するまでが科学者の仕事でもあります。

科学者の役割は新たな研究テーマを自身で見つけ出し研究を行い、論文にまとめて世の中に発表します。その研究結果を認めてもらうことです。

自身の研究結果が認められることで新たな製品を生み出すことができ、これまでとは違う方法で病気を治療することができるようになります。科学者は人々の生活をより豊かにするための縁の下の力持ちとして活躍することができる職業といえるでしょう。

次に科学者の具体的な仕事内容についてご紹介します。

科学者の仕事の具体的な内容

自然現象を対象に研究する

さまざまな分野の学問があるように、科学者の仕事内容は多岐に渡りますが基本的には自身が専門としている分野に関して研究を行います。

自然現象を対象に研究テーマや疑問を作り、原因の特定をしていくことが多くの科学者が携わる仕事内容です。もちろん研究だけではなく結果を論文や報告書にまとめ、学会へ発表することも重要な仕事内容の一つです。

研究成果の発表会は海外で行われ情報共有することもあるため、母国語だけではなく世界共通語である英語力がある必要があります。また多国語を読み書きできる方は企業への就職時に有利になる可能性があります。

製薬会社などの製品開発部署に配属されることが多い

上記のように自然科学を対象に研究している科学者のことを「自然科学研究者」と呼ばれます。自然科学研究者は製薬会社をはじめとした、新たな製品開発に携わる企業に就職される方が多い傾向にあります。

製薬会社に所属することができると、一般のサラリーマンよりも高収入が期待できる企業です。就職難易度は一般企業とほとんど変わりませんが、科学者になるために大学院でどのような研究実績を上げたのか自身が積み重ねた努力をアピールする必要があります。

科学者の仕事のやりがい

自身の手で研究を成し遂げること

科学者の職業のやりがいや魅力は、まだ誰も解決することができていない問題を自身の手で解決・発見することができることです。未解決の研究テーマを解決することができるということは、世界で初めてでもあり世界で一つだけの答えを導き出したことになります。

自信で思う疑問を解決するために一から方法を考え、実際に調査し実験が成功したときに達成感を得ることにやりがいを感じる方もいます。

偉大な科学者と同じ職業に就いていること

科学者や研究者の多くの方は、ノーベル賞を受賞できるような研究成果を上げたいと日々熱心に研究をされています。

日本国内でも2012年には「iPS細胞の開発」の研究で山名伸弥教授や2014年には「青色発光ダイオードの発明」の研究で赤崎勇教授、天野浩教授、中村修二教授が受賞しています。

2015年には「ニュートリノ振動の発見」の研究で梶田隆章教授、「熱帯感染症の特効薬開発」の研究で大村智教授や2016年には「オートファジー仕組みの解明」の研究で大隈良典教授が受賞しています。

医学の分野ではありますが、2018年に「免疫チェックポイント阻害剤」の研究で本庶佑特別教授がノーベル医学生理学賞を受賞されました。

このように科学者や研究者として長い年月を重ねて研究成果を上げることができ、世界中から評価を得られることによってノーベル賞などの権威ある賞を受賞することもできます。

また偉大な功績をあげる科学者と同じ職業に就いていることにやりがいと挑戦したいという気持ちを持って、研究に取り組んでいる科学者や研究者の方も多くいます。

自身の興味あるまたは好きな研究テーマを突き詰めることができる

科学者という職業の大きなやりがいは、自身の興味のあることや探求したい分野に対して徹底的に研究できることです。

科学者として活動している方は知的探求心が旺盛な方が多くいらっしゃるため、科学者という職業が天職と思って携わっている方がほとんどです。科学者には好奇心旺盛な方に向いている職業です。

科学者同士の輪を広げることができる

科学者は学会などが行われますが、ときにその会場は海外で行われることがあります。海外で学会が行われると出張する機会に恵まれるため、海外で活躍する科学者との交流やこれまで持っていた自身の価値観に新たな刺激を得ることができます。

同じ研究テーマを追求している科学者とはライバルになることもありますが、同じテーマを研究しているからこそ手を組んで研究することもでき、情報交換をすることもできる場を科学者は作ることもできます。

科学者の多くは頭脳明晰でもあり向上心も高い方たちが集まるので、これまで知らなかったことを知る機会を得ることができ、これからの自身の考え方や答えを導くきっかけを得ることができたことに喜びを感じる科学者もいます。

自分の研究成果を後世に残すことができる

世の中に流れている日常的な情報は、これまでたくさんの科学者が発見と研究を重ねて発表されてきたからこそ情報や形として残されています。

科学者の仕事の大きなやりがいの一つは、世紀の大発見といえる研究成果を出すことで科学者としての自身の名前を、後世に語り継がせることができる可能性がある職業です。

世界中でまだ解明されていない課題が多くあるため、科学者は現在も新たな研究テーマを持ち続け仕事に努めています。

研究には費用と時間がかかる

大学に在籍する科学者、研究施設で働く科学者、企業で働く科学者であっても研究には莫大な時間と費用がかかる問題があります。莫大な費用とともに何年も研究し続けたとしても結果が見えてこないこともある職業です。

科学者として求められる能力と待遇が割に合わない

就職する大学や企業、研究施設によって科学者の給与や年収に差が生じますが、常に研究成果・業績を継続して上げなければならず、大学教授や助教授の仕事に就かなければ派遣社員や契約社員と同じ扱いとなることもあります。

科学者の労働時間は長いことが多く、残業代が支給されないことも多々あります。大学教授の下で研究を続けていても、将来的に大学教授や助教授になれる確約はありません。

大きな成果を上げることで昇給へと繋がる職業ではありますが、見えない部分では研究へ情熱を注いでも給与に反映されず、休日返上しなければいけない職業でもあります。

やりがいを見失うこともある

研究成果が全てというわけではありませんが科学者として努めている以上、常に研究成果を上げないといけない気持ちは常に隣り合わせです。このプレッシャーやなかなか進まない研究にやりがいを見失ってしまい、科学者とは違う仕事に転職する方もいます。

科学者の仕事内容まとめ

自身の知識と努力で結ばれる職業

自信を科学者と名乗るためには大学院を修了し博士号を取得していなくてはいけません。科学者は自身が専門とする分野を実験や調査をし、その結果を論文にまとめ学会へ発表することが一連の仕事内容です。

正確な研究結果が出るまでに長い年月かけて、研究に明け暮れる日々も多々ある厳しい一面もある科学者の職業ではありますが、成果を上げられたときの達成感や人の役に立つ研究結果が出た、認められたときの喜びを得ることができる魅力的な職業です。

科学者への就職・転職に役立つ講座が見つかる!

科学者の参考情報

平均年収500万円〜600万円
必要資格
  • 博士号
資格区分 学位
職種教育・保育

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

科学者の関連記事

教育・保育に関する他の職業KANREN JOB