営業の資格・試験とは?営業職の仕事に役立つ資格や試験の特徴をご紹介

営業の資格・試験とは?営業職の仕事に役立つ資格や試験の特徴をご紹介

営業職にはさまざまな企業があり、企業によって必要な資格や役に立つ資格があります。今回は営業職の内容によって役に立つ資格や取得するための試験の難易度・合格率、取得するための学校などの情報をご紹介します。

営業の資格とは?

営業職には国家資格などの専門資格を必要としない

営業職のほとんどは、特別な国家資格などを取得していなくても始めることができる職業の一つです。

しかし、営業職は顧客からの提供するサービスや商品に対しての要望や商談の際には、営業職に携わる以上自身がある程度の専門的な知識を持つ必要がある職業でもあります。

営業職には国家資格はありませんが、営業に関連する資格があるのでご紹介します。

セールスレップ

セールスレップの資格は日本セールスレップ協会が主催している資格試験です。セールスレップの資格を取得することで「営業のプロ」として効率的で効果的な販売事業に対して支援を行うことができる人材として活動することができる資格です。

セールスレップを学ぶことで高い経営マネージメントや営業に関する専門知識を身に着けることができる資格のため、営業のプロを目指している方は取得して損をしない資格といえるでしょう。

営業士検定

日本営業士会が主催している検定制度です。営業士の資格を取得することでマーケティング・セールスのスペシャリストとして高度な専門知識を持っていると認定されることとなります。

営業職の企業の多くは社員の実力を求められるので、営業士の資格はマーケティング力や情報力、営業企画力やアドバイザーなどの営業職に必要な技術と知識を学ぶことができる資格です。

営業士と販売士の違い

よく営業士は販売士と同じ資格と見られることがありますが、販売士の資格が活躍する場は一般的に小売業となっています。

一方で営業士の資格の活躍の場は商業系やIT系、医療系や金融系などの不動産や保険、証券や広告などの多岐に渡ります。それぞれの市場に適応した知識と技術が必須になる資格です。

海外営業を目指す方は英語力を示す資格が有利

グローバル化が進む現代では、さまざまな職業で英語力がある人材が求められることが多くなってきています。

営業職も国内だけではなく海外を対象にして事業展開している企業へ就職する際は、TOEICや実用英語検定の資格を取得しておくことが必要になることが多いです。

しかし、TOEICや実用英語検定を受けただけではなく一般的にビジネスで役に立つレベルがあります。TOEICでは700点以上、実用英語検定では2級以上の資格で履歴書などの自己アピールに書くことが出来ます。

資格も大切だが営業力も大切

営業職の給料体制のほとんどはインセンティブ制度を導入しています。この制度は企業の業績によって賞与が支給されるのではなく、自身と他の社員との業績を比較し賞与などの支給される金額が変動する制度です。

営業職は、人当たりの良く社交性があり説明能力などの営業力がなければ、どんなに就職先の企業で働く上で役立つ資格を取得していたとしても、自身の業績を上げることへ繋げることが難しい職業といえるでしょう。

次にセールスレップや営業士の資格の試験内容をご紹介します。

営業の資格の難易度・合格率

セールスレップ資格試験内容

セールスレップの試験には受験資格は特に設けていません。誰でも受けることが出来ますが、営業職に就職して経験を積んでいる方が受けやすい内容となっています。

セールスレップには3級~セールスレップ・マイスター(旧1級)まであります。営業に必要なマーケティングや営業技術、商品開発や生産などの知識が出題されます。3級では基本的な営業業務に関する内容となっています。

2級では営業管理業務や営業に関する指導が含まれた試験内容となっています。マイスターでは高度なマネジメント・マーケティングに関する専門知識やレポート審査も行われます。2級を受けるには3級の試験に合格していなければいけません。

製品評価や商品、ソフトウェアサービスの実践知識に加え、ITに関する基礎知識も学ぶ必要があります。自身が勤める企業で学んだ知識だけではなく営業に関して幅広い知識を必要とされるため、マイスターレベルの難易度は高いといえるでしょう。

マイスターの資格にはセールスレップ2級の資格を取得、あるいは販路コーディネーター1級の資格を取得していなければ受けることが出来ないので注意が必要です。

セールスレップの資格の合格率は明確に提示されておりませんが、3級の合格率は80~90%ほどとされています。

営業士

営業士の資格試験には初級・上級・マスターまでありますが必ず初級の試験から受ける必要があります。営業の資格試験も受験資格の制限は設けておりませんが、営業従事者に関する知識を求められることが多い内容になっています。

営業士初級では営業従事者に関する基礎知識や必要なスキルなどを理解している必要があります。上級では企画型営業に関する知識、マーケティングに関する応用知識を習得している必要があります。

マスターレベルでは営業知識だけではなく、経営に関する高度な専門知識を身につけている必要があります。営業戦略立案やそれに伴う実行や手法などの知識も求められる内容となり、このマスターレベルを受験する方は、幹部クラスが対象となることが多いです。

その他の営業関連資格

普通自動車免許

営業職では営業先を訪問する際や商品を配達する際に社用車で移動することがあります。中には求人の必要資格に普通自動車免許資格取得者でなければ、応募することが難しい企業もあります。

予め普通自動車免許を取得することで、就職してからより早く営業職の業務に携わることが出来るでしょう。

ファイナンシャル・プランニング技能検定

ファイナンシャル・プランニング技能検定の資格を持つことで保険や税金、年金などの現場で役に立ちます。営業先の顧客の中には、節税対策や資金運用に対するアドバイスを求められたときに対応することができるようになります。

ファイナンシャル・プランニング技能検定の資格の難易度も高すぎる内容ではないので、自身が営業職を続けるにあたって将来的にさらに幅広い現場で活躍したいと考えている方は、こちらの資格を取得しておくこともよいといえるでしょう。

営業の管理職には販売士の資格所得がおすすめ

販売士の資格は1~3級までのクラスがあります。営業職とは直接的な関係性がない資格ではありますが、販売士の資格を取得することでマーケティングや消費者の心理の知識を得ることで、営業職としての活動の幅が広がる資格と言えるでしょう。

営業力強化検定

営業力強化検定は株式会社サーティファイが運営しているビジネス能力試験です。全国の営業職に携わっている方と実践力を比較することが出来ます。

この検定を受けるにあたって営業職の基本知識やマーケティング、顧客への対応などの理解度を数値化することができ、自身の営業力がどれほどなのかを知ることが可能です。営業力強化検定の最大の特徴はwebで受験することが出来ます。

営業の資格が取れる学校

セールスレップの試験を受けるには

セールスレップの資格はまず3級から取得する必要があります。日本セールスレップ協会では認定研修プログラムと全国一斉試験のコースがあり、どちらも資格認定を受けることが出来ます。

認定研修のプログラムを受けることで研修と小試験により認定が行われるため、勉強する時間が限られている方はこのコースを受けることで、最短で資格を取得することが出来る可能性が高いです。

営業士の試験を受けるには

日本営業士会では営業士の資格の取得をするために営業人材育成カリキュラムとして、営業士初級からマスター用の教材を販売しています。また営業士研修も行われており、営業活動の基本からコミュケーション技術などの知識を学ぶことが出来ます。

営業の資格・試験まとめ

営業の資格を受けることでより知識を深めることができる

営業職へ就職するには特別な国家資格は必要とされませんが、ルート営業を中心としている企業では運転免許証が必要となることが多いです。

自身が営業職を携わるにあたって将来どのような人材になりたいのかによって、セールスレップの資格、営業士の資格を取得することで営業戦略や営業管理業務などに対する知識を深めることが出来るでしょう。

営業の参考情報

平均年収400万円~1000万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種オフィス

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

営業の関連記事

オフィスに関する他の職業KANREN JOB