ニュースキャスターの資格・試験とは?アナウンス検定の概要と合格の秘訣

ニュースキャスターの資格・試験とは?アナウンス検定の概要と合格の秘訣

しっかりと相手に伝える仕事のニュースキャスターとして働く上で、資格を取得していればその道のプロとして便利に働く可能性があります。今回はこの記事で、ニュースキャスターに関連する資格、アナウンス検定の試験の情報をご紹介します。

ニュースキャスターの資格、アナウンス検定とは?

話しことばの技術を評価する民間資格

ニュースキャスターになるために特別必要な資格はありませんが、しっかりとした日本語で相手に伝える事が大切な仕事です。話しことばの技術を客観的に評価するアナウンス検定はニュースキャスターになる上で取得しておくべき資格と言えます。

取得すれば美しい日本語の話し手になるために必要な知識と技能を証明する事が出来ます。

アナウンス検定の難易度・合格率

級によって難易度は異なる。発音や基礎など試験対策を

アナウンス検定の試験は筆記とアナウンステストで構成されていて、級によって試験内容も異なります。

合格ラインは級によって異なりますが、1級になればアナウンステストのランクがB以上で、筆記試験の点数が800点中620点以上とかなり高いハードルに設定されています。2級ではアナウンステストランクB以上に加えて100点満点の筆記試験で80点以上が必要です。

東京と大阪で試験実施になるので合格率はばらつきがあり、級によっても合格率が異なります。

アナウンス検定

合格率 級によって異なる
受験資格 制限なし
1級はアナウンス検定2級取得、または、話しことば検定2級以上取得者
受験費用
  • 1級 17280円
  • 2級 10800円
  • 3級 8640円
  • 2級3級併願 16200円
出題範囲 ■1級

  • 発声、発音、共通語
  • 読み:理解力・表現力・説得力
  • 話す:正しく伝えるとともに、自分の考えを話す

■2級3級

  • 日本語の基礎知識
  • 共通語の基礎知識
  • 音声言語の基礎知識
  • 一般常識
  • アナウンステスト(発声、発音、共通語)

1級を受けるには条件が必要

アナウンス検定で3級と2級を受ける事は誰でも受験する事が出来ますが、1級を受ける際にはアナウンス検定2級を取得するか話しことば検定2級以上取得者でないといけません。合格率も圧倒的に低く2級であれば100点満点の問題でも1級になれば800点満点で評価されます。

1級合格者は、アナウンサーや司会者などの音声言語の表現者としてプロフェッショナルな活動ができるとされ、現役のニュースキャスターがこの資格を持っていることもあるようです。

難易度は高いですが、ニュースキャスターになるにはアナウンス検定1級を持っていれば大きな武器になる事は間違いないでしょう。

その他のニュースキャスター関連資格

アナウンス検定以外にもニュースキャスターに関する資格はさまざま

アナウンス検定以外にも、ニュースキャスターの仕事に関連する資格はいくつかあります。しっかり相手に伝える仕事でプレッシャーもかかるので、多くの資格を取得して万全の状態で仕事を全うするべきでしょう。

  • 日本漢字能力検定
  • TOEIC
  • 気象予報士

一覧にある日本漢字能力検定は日本で使われている漢字の能力を評価するものです。ニュースを伝える際に難しい言葉や使い慣れていない言葉も出てくると思うので、スラスラと読めるようにする為に日本漢字能力検定はおすすめです。

受けるのは必須ではありませんが、ニュースキャスターの試験対策として漢字の勉強は欠かせません。TOEICは英語力を評価するもので、日本語以外の言葉をしっかり使えればニュースキャスターとしてより成長することが出来ます。

ニュースキャスターの資格が取れる学校

専門学校東京アナウンス学院

専門学校東京アナウンス学院はニュースキャスターを含むリポーターや歌手、タレントなど人々に感動を与える表現者を育てる学校です。自分の興味に合わせて選択できる科目が充実していて、多くのレッスンで経験を積むことが出来るカリキュラムです。

様々な分野で活躍する講師から直接指導を受けて、良い刺激を受けられる魅力があり、ニュースキャスターになるため学ぶことが出来ます。

業界関係者に実力をアピールできる就職の強さが魅力

専門学校東京アナウンス学院では、芸能界との強いつながりを活かしたデビュー支援体制が大きな魅力です。オーディションや発表会など充実していて、アピールするチャンスも多く学びながら資格を取得することが出来るので、スムーズにニュースキャスターとしての道を進めることが出来ます。

自己アピールをまとめたプロモーションやニュースキャスターや声優などの声の仕事を志望する学生の声を集めたサンプルCDを業界に配布するなど将来のことを考えた学校側の積極的な取り組みも特徴的です。

東京ダンス&アクターズ専門学校

東京ダンス&アクターズ専門学校は、ニュースキャスターや声優、メイク業界など幅広い業界で活躍できる好きを仕事に出来る学校です。声優やタレント、ミュージカルなど様々な学科から選択できるカリキュラムでニュースキャスターとして業界で必要な知識を学ぶことが出来ます。

多くのプロダクションやプロモーション会社などと授業の一環として、イベントやミュージカル、コンサートを作り上げて仕事の現場やステージを経験することでプロとしての知識や実力を身に着けることが出来ます。

高いスキルのカリキュラムでを資格取得にもおすすめ

映画やアニメなどで活躍する声優や演技力や歌唱力、表現力を兼ね備えるヴォーカリストを目指すコースが特徴的で、様々なジャンルに対応できる力を身に着ける事が出来ます。ニュースキャスターとして必要なことが多く学べ、経験として身に付き資格取得も同時に目指すことが出来るのは大きな魅力です。

表現力や声や演技力はニュースキャスターとして必須になります。経験を積んで実力をつけながら東京ダンス&アクターズ専門学校では、ニュースキャスターの必要な資格を取得できます。

海外実学研修システムでグローバルな刺激を

東京ダンス&アクターズ専門学校では、海外に渡って本場をダイレクトに感じることが出来るチャンスがあります。ニューヨークやロサンゼルスなど海外提携校が多くあるので、3か月の海外留学を希望者は参加することが出来ます。

ニュースキャスターを目指す際に大きな刺激になる事間違いなしの海外実学研修システムです。海外の講師を学校に招いて直接指導を受けることが出来るインターナショナルプログラムも東京ダンス&アクターズ専門学校では取り入れていて海外に触れる機会も多いです。

ニュースキャスターの資格・試験まとめ

ニュースキャスターにアナウンス検定、しっかりとした日本語で相手に伝える為に取得を目指そう

ニュースキャスターの仕事自体は、特別な資格や試験に合格しなくても業務に就くことが可能です。相手にしっかりと自身の意見を伝えないといけない仕事のニュースキャスターになる為にはアナウンス検定を持っている方がベターです。

アナウンス検定1級に合格すれば音声言語の表現者としてプロフェッショナルな活動が出来て、現役のニュースキャスターがこの資格を持っていることも多いです。アナウンス検定の資格については3級と2級は日本語や発音の基礎知識を理解できれば合格率も高まりそうです。発音や発声を見るアナウンステストもありますが、しっかりと地道な努力を重ねれば合格にも近づけるでしょう。

ニュースキャスターに関する資格はアナウンス検定以外にも様々な試験が行われています。ニュースキャスターになるために必須の資格というものではないですが、アナウンス検定1級を目指して理想のニュースキャスターを目指してみてはいかがでしょうか。

ニュースキャスターの参考情報

平均年収600万円~1000万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種芸能

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ニュースキャスターの関連記事

芸能に関する他の職業KANREN JOB