携帯ショップ店員になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

携帯ショップ店員になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

携帯ショップ店員は、実際に顧客と接客し、携帯電話の販売や契約、各種カスタマーサポートなど非常に多くの仕事を任される重要な立ち位置にいます。携帯会社の顔として働く携帯ショップ店員になるには、どういった適性があるといいのでしょうか。今回は、携帯ショップ店員になるために求められること、向いている人の特徴や、あると役立つスキルについてご紹介します。

携帯ショップ店員になるには何が必要?

扱う商材やサービスに関する幅広く深い知識が必要不可欠

携帯ショップ店員は、ただ携帯電話を販売しているだけではありません。携帯電話を持つ際に必須となる回線契約の手続きや、契約変更や解約に伴う各種手続き、修理受付、操作説明、オススメの商材紹介など、多種多様な仕事を一手に担います。

そうした仕事を行う際に必要なのは、携帯電話、タブレット、Wi-Fiルータ、据え置き型Wi-Fiといった様々なモバイル端末に関する全般的な知識は勿論、充電器やUSBケーブル、電池パック、保護ケースなどのアクセサリ、周辺機器に関する知識も一通り持ってないといけません。

またモバイルコンピューティングシステム、モバイルネットワークの仕組みに関する包括的な知識や、携帯電話の通信に関する機種ごとの構造やメカニズム、また携帯キャリアが提供する社内システムにおける契約プロセスの構造への深い理解と手続きにかかる操作など、携帯電話端末が正常に動くための仕組みも理解しないといけません。

それに加えて、契約手続きに係る法知識、クレジットカードの扱い方、レジや在庫の管理、競合他社のサービス内容の把握、ユーザーのニーズの把握、業界における流行など、携帯ショップで働くためには多種多様な知識が要求されます。

変動の大きい業界の最新事情を常に把握しておくことが大切

携帯ショップ店員は、たとえ非正規雇用であっても学生バイトであっても顧客からは携帯会社から接客を委任された携帯電話のプロ、すなわち専門家として映ります。そのため自らが扱う商材やサービスに対する豊富な知識を持っていなければ務まりません。

こうした業務の性格上、一人前の携帯ショップ店員になるまでにはしっかりとした研修システムが整っており、分厚いマニュアルも用意されていますが、場当たり的に対応していては非常に非効率になってしまいますので、就職する前にベースとなる知識を蓄えておくに越したことはありません。

また携帯業界そのものが非常に変化に富む業界なので、短期的に次々と契約プランの内容は変わったり内容が足されたり、ますます複雑になったりします。携帯ショップ店員はそうした変化に常に対応し続けなければなりません。

そのため日々のリサーチを欠かすことなく、常に最新の商品知識を蓄えておく必要があります。最新機種は数ヶ月ごと、半年ごとなど非常に短期間で発売され、商品は次々と入れ替わります。

最低限、携帯キャリアが採用する最新端末についてはメーカーの公式サイトなど最新の情報にあたって、大まかなデザインや仕様をチェックしておきましょう。

また本部から事前に送られる販売計画や最新のサービス提供に関する運用計画が社内イントラネットで共有されることも多いので、そうした担当キャリアの最新事情にもしっかりと目を通し、適用できるプランや価格形態を発売前までに頭に叩き込んでおく必要があります。

接客マナーとおもてなしの心もしっかり持っていないといけない

携帯ショップ店員はユーザーと直接接して契約や販売、各種サポートに従事する仕事で、かつそれぞれの携帯キャリアが接客レベルについては非常に高いレベルを要求していることから、非常に清廉な立ち居振る舞いができることが必須となります。

携帯キャリアによっては携帯ショップ店員を「コンシェルジュ」や「マイスター」などと呼び、洗練されたユニフォームを身に纏い、おもてなしの心を持って、細やかな気遣いを伴った楚々とした接客を行うように指導されます。

携帯電話は決して安い商材ではなく、今や長期に渡る割賦販売が常態化していることからも分かる通り、それなりに生活に長期的に影響する商材であり、今や国民にとって必須の通信インフラの一つとなっています。

大手携帯キャリアを始め、携帯会社は様々な事業を展開していますが、未だに主要な利益を生んでいるのは携帯電話事業であることから、直接携帯電話の販売を行う携帯ショップのサービスには非常に重きを置いています。

知識面だけでなく接客面においても非常に厳しい研修が課されるのは、契約手続きやプランやオプション加入の提案には些細なミスも許されないという高い意識の表れといえるでしょう。

単に効率的な接客スキルを磨くだけでなく、接客の意味をしっかりと認識し経験の有無を問わずユーザビリティを大切にした気遣いや心遣いのある接客を行う意識も携帯ショップ店員にとって必須です。

携帯ショップ店員に向いている人、適性がある人

相手に対して真摯な気持ちで接することができる人

携帯ショップ店員にとって最も大切なのは、ユーザーにとって最もニーズに合ったサービスや商品を提供することです。そのため初めてショップを訪れるユーザーに対しても真摯に接し、懇切丁寧に説明ができる素質が必要になります。

またオンライン契約、販売も一元的に行えるようにシステムが整ってきている中でせっかく携帯ショップに直接訪れてくれているのですから、人間味のある笑顔の溢れた親しみを感じさせる接客ができるとなお良いでしょう。

特にご年配のユーザーに対しては、インターネットや携帯電話に対する理解もそんなに無い状態でショップに訪れますし、現役世代よりもこうした世代の人の方がショップに訪れる確率は高いです。そうした人たちにも、携帯電話の仕組みや通信契約の利点などを丁寧に根気よく説明できる人が携帯ショップ店員に向いています。

そうした素質を磨くには、人に対して親切に接しようという意識と、そうした意識に見合ったコミュニケーション能力が求められることは言うまでもありません。しかし、人によっては元気にハキハキと笑顔で他人と接することができない人もいるでしょう。

あまり元気な接客を好まない人も、同じように存在します。そうした人に向けた接客ができるのは、物静かでも人が好きで、人に対して親切に真摯に接しようとする意識がある人です。そうした人もまた、ポジティブで元気な人とはまた違った丁寧な接客ができるはずです。

携帯ショップには、要望を一方的に話したり、雑談も含めて人と話したりしたいという性格の人も訪れます。そうした人には積極性の有無にかかわらず聞き上手の人が好まれます。要は、性格に限らずユーザーの話をちゃんと聞いて適切なコミュニケーションを取れる人が求められます。

携帯ショップ店員は、他のショップ店員よりも難しい業務を求められます。契約など法律が絡む仕事も重要な位置にあるので、信頼関係の構築が第一となります。そうした意味でも、コミュニケーション能力と真摯な気持ちを持つことが大切です。

最新の情報に対して常に敏感であること

携帯ショップ店員は、正社員でもアルバイトでも携帯電話業界に精通した専門家としてユーザーに接していかないといけません。

携帯電話やモバイル端末に関連する分野では、市場の変化は日常的なことであり、非常に短期的なスパンで最新機種が発売されるようになりました。それに加え、新しいプランの開始や定期的に実施されるキャンペーンやセール、他社の割引など、メーカーや携帯キャリアのプレスリリースも日々更新されて行きます。

勿論、社内やショップ内で情報共有は毎日のように行われますが、自分自身でも個人的に興味を持って多種多様なモバイル端末に関するニュースをできれば世界規模で把握しておくことが大切です。

理想を言えば、仕事としてではなく自分が好きでそうした最新の事情に精通できると、接客にも非常に効果的になります。なぜなら、自分が好きなことを自信持って説明できるというのが人に何かを提供する上で最も理想的な効果を生むからです。

マニュアルの範囲だけでなく、自分でも調べておくとユーザーとのちょっとした会話にも繋がりますし、最新の事情を常に勉強し、ショップでの仕事に活かせることができるくらい情報を仕入れることが苦にならない人が携帯ショップ店員に向いています。

携帯ショップ店員になるための学校・教室

入社時の待遇には学歴が影響するので、大学への進学が適切

携帯ショップ店員には資格は必須ではありませんし、何よりも求められるのは業界に関する専門知識と接客スキルです。そのため学校に関しては特に分野を問わず、様々な経歴を持った人が携帯ショップ店員として働いています。

しかし、特に新卒入社において給与の待遇は学歴によって変えている会社が少なくありません。一般的には、大卒と、短大卒・専門学校卒・高卒とでは2万円前後の待遇の差があるといわれています。そのため大学へ進学し、学士号をとっておくと就職時にある程度高い待遇で勤務をスタートすることができます。

大学で学ぶ分野についてはあまり問われませんが、少なくともモバイルコンピューティングに関する知識、PCやモバイル端末のオペレーティングシステムの全般的な知識、通信やウェブサイト構築に関する知識など情報学部や工学部に係る分野、契約上の法知識、経理や経済的な数字など法律や経済に係る分野の知識が望ましいです。

通信インフラは日本で生活する外国人にも欠かせないため、一定レベル以上の語学力もあると安心です。

携帯ショップ店員になるには?まとめ

携帯電話は通信インフラの要、社会的意義の大きい仕事

携帯ショップ店員は、携帯電話業界において最もユーザーと接することが多い仕事です。携帯ショップ店員がいなければ、携帯電話業界は回って行きません。携帯会社も資格認定制度などのキャリアアップの支援、手厚い経済的サポートを行っていますが、人手不足も深刻化する中、まだまだ理想的な職場環境とは言えません。

オンラインで契約や端末販売が気軽に行えるようになった今だからこそ、携帯ショップの魅力は、人間のショップ店員による対応の手腕によって培われていくことになるでしょう。

携帯ショップ店員の参考情報

平均年収300万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種販売・サービス

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

携帯ショップ店員の関連記事

販売・サービスに関する他の職業KANREN JOB

ピックアップPICK UP!