パッケージデザイナーになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

パッケージデザイナーになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

日用品や食品、家電などのさまざまな商品にパッケージをデザインするパッケージデザイナーになるには、どんな知識やスキルなどが必要となるでしょうか。このページでは、パッケージデザイナーになるために求められるスキルや知識、向いている人の特徴のほか、学校などの情報についてご紹介します。

パッケージデザイナーになるには何が必要?

商品の特徴を的確に理解することが必要

消費者が実際に手に取りたいと思われるようなパッケージをデザインする必要があるパッケージデザイナーの職業。パッケージデザイン一つで商品の売れ行きが左右されることもある重要な職業といえます。

パッケージデザイナーには、商品のイメージやコンセプトをしっかり理解でき、消費者に魅力的に見えるようなデザインを考えられることが必要となります。

商品イメージからデザインを考えられる能力が必要

パッケージデザイナーの仕事は顧客から商品のイメージなどの情報をヒアリングから始めます。ヒアリング後に商品の素材を選び、デザインを制作していきます。

顧客のイメージに合うように修正依頼があれば何度でも対応する必要があります。いかに顧客のイメージに合ったデザインを考えることができるかが重要になってきます。

商品のターゲットとなる消費者別にデザインを考えることができる能力が必要

パッケージデザイナーは商品をラッピングするための容器や箱、袋などをデザインする職業ではありますが、ただデザインを考えるだけではなく商品の使い易さや収納性、強度なども考える必要があります。

一つの商品の細かい部分もデザインし、なおかつ幅広い年代に商品の良さを伝えることができるようなデザインを考える必要があります。

デザインソフトを使いこなせることが必要

パッケージデザイナーになるには、知識として最低限必要なことがあります。それはパソコンを使用してデザインソフトを使用できることです。

デザインソフトは主にillustratorやPhotoshopとなっており、パッケージデザイナーを目指すにはこれらのソフトが使えるようになることが必須条件ともいえるでしょう。

次に、パッケージデザイナーに向いている人や適性のある人についてご紹介します。

パッケージデザイナーに向いている人、適性がある人

マーティング能力がある人

パッケージデザイナーだけに問わずデザイナーは、依頼内容を忠実に再現するために幅広い情報を取り入れデザインを考えていきます。

これまで商品化しているデザインと差別化を図ることができるデザイン、消費者の心理を掴む感覚と観察力が高い人に向いている職業といえるでしょう。

自然環境を意識したデザインも考えることができる人

パッケージデザイナーは企業からさまざまな要望を形にする職業ではありますが、商品をデザインする上で自然環境を考えたデザインの需要が高まっています。

商品が入っている包装箱や袋が再利用可能素材である、リユースすることができる素材でデザインすることができる能力も必要とされます。パッケージデザイナーは廃棄後のデザインまで考えられることが求められます。

一つの商品に複数のデザイン案を考えることができる人

パッケージデザインを提案する際、商品によって形状が異なります。素材もプラスチックやビニール、紙などどんな素材を使用したデザインを考える必要があります。

商品の顔でもあるパッケージを決める場合、同業他社とのコンペを行い選定する場合があります。コンペを行う際は一つの商品に対してデザイン案を複数考えて用意する必要があるので、何点もデザインを考えられる技術が必要になります。

顧客の要望に柔軟に対応できる人

パッケージデザイナーではデザイナー自身がどんなに名案を思いついたとしても、顧客の要望に沿っていなければ自身のデザインが商品化することは難しいでしょう。

顧客から色味や素材感、サイズなどの細かい調整を何度も繰り返す根気のいる職業でもあるため、柔軟性が高く根気強い方に向いている職業といえます。

コミュニケーション力が必要となる

パッケージデザイナーにはコミュケーション力が重要になります。顧客の考えているイメージを引き出し、デザイン化にするためにデザイナー自身が要望を把握し理解できるように打ち合わせを行うことがあります。

また、自身が考えたパッケージデザインがどのようなコンセプトとイメージをして制作したのか、顧客側にわかりやすく伝えるためにもパッケージデザイナーにはコミュニケーション力が大きく必要とされる職業といえるでしょう。

パッケージデザイナーの大変なこと

パッケージデザイナー自身が顧客と打ち合わせてイメージしたデザインが商品化される魅力的な職業ではありますが、商品化されるということはその商品の売り上げが伸びなければその分責任を感じることがあります。

パッケージデザインは商品の顔でもあるため、消費者の目を惹きつけるようなデザインではなければ購入してもらう前に手に取ってもらえません。パッケージデザインは売り上げに大きく影響があるため、常に責任感が伴う職業であることを認識する必要があります。

自身が手掛けるパッケージデザインよりも前のデザインのときの商品の売り上げが伸びていたということも起こりやすいです。しかし、一度商品のパッケージが新しくなると数年は変更されないので、やり直しをすることができません。

そのため、パッケージデザイナーを目指す際は大変な一面もしっかり把握する必要があるといえるでしょう。

次に、パッケージデザイナーになるためにはどんな学校に進む必要があるのがご紹介します。

グラフィックデザインを学ぶ

パッケージデザイナーになるための近道は専門学校や大学でグラフィックデザインを学ぶことでしょう。

パッケージデザイナーを含め、デザイナーはIllustratorやPhotoshopといったデザインソフトを使いこなせる必要があります。

専門学校や大学にはグラフィックデザイン以外のデザイン科がありますが、グラフィックデザイン科に進まなかったとしても将来はデザイナーとして活躍したいと考えている方は、デザインソフトを最低限使いこなせるようにしましょう。

デザイン会社によっては即戦力を問われることもある

デザイナーの就職先は、メーカー企業の企業内デザイナーへ就職する道やデザイン事務所、広告代理店などがあります。また、直接クライアント企業からデザイン案件を請け負う形のフリーランスとして独立したデザイナーになる道もあります。

パッケージデザイナーとして就職した先では即戦力を問われることもあります。そのため、企業に就職してすぐに仕事ができるようになりたいと考えている方は、専門学校に通うことで就職後に役立つ専門的な知識を学べ、就職に有利になることがあります。

パッケージデザイナーになるには?まとめ

デザインの知識が必要な職業

パッケージデザイナーは国家資格などの特別な資格が必要とされない職業ではありますが、パッケージデザイナーになるにはデザインの基礎知識、デザイン制作に使用するコンピューターやソフトウェアの知識が必要とされます。

パッケージデザイナーになるためには、グラフィックデザインやillustrator、Photoshopといったデザインソフトをしっかり使えるようにしましょう。そして、デザインソフトやデザインスキルを学ぶために専門学校や大学へ進学することで、就職活動時に有利になる職業であることを把握しておきましょう。

パッケージデザイナーの参考情報

平均年収300万円~450万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

パッケージデザイナーの関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB