カフェオーナーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

カフェオーナーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

なりたい職業ランキングでも上位のカフェオーナー。平均給与や年収はいくらくらいなのでしょうか?事業計画が重要で、お店を出す場所によっても変動しやすいカフェオーナーの給与。本記事では、カフェオーナーの初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

カフェオーナーの初任給

新人カフェオーナーの給与は平均10万円〜

カフェオーナーとして働く場合、初任給は10万円〜前後が相場といわれています。男女問わず人気の職業で、コーヒーの香ばしい匂いに包まれながら仕事が出来るカフェオーナーですが、給与面では厳しい現実が待っているようです。

カフェオーナーとして収入に繋がるのは、多くのお客様が来店してくれるかにかかっています。カフェオーナーとしてどこに店を構えるかによっても多少の差は生じると言われています。人通りが多い場所ほど人の目にとまりやすく利用してくれる率が高いと言えます。

新人カフェオーナーは肉体労働や経営など全て自分でこなさないといけないので、対価は低めと考えておくほうが良さそうです。

異業種からカフェオーナーへの転職は給料の確認を

異業種からカフェオーナーに転職する場合は、年齢に関係なく売り上げに左右されることが多いです。転職前の仕事内容によっては大きく給料がダウンする可能性もあるので、慎重な判断が必要になるでしょう。

カフェオーナー平均給与

カフェオーナーの平均給与は約18万円

厚生労働省の平成29年賃金構造基本統計調査のデータ によると、カフェオーナーの平均給与は、全国平均が約18万円となっています。

カフェオーナーの仕事は店舗経営というお金に関して売り上げの管理をしなければいけません。実際に店舗に立って店長兼任で仕事をする場合には接客や仕入れ、メニューの作成まで一人で行わなければいけません。

お客様がいれば閉店時間もその分伸びますし、次の日まで仕込みをし、深夜まで働かなければいけないことも。カフェオーナーとしてなりたての頃は特に大変に感じるでしょう。ハードな仕事内容に比べるとカフェオーナーの給与レベルは低めかもしれません。

ただ、お客様が笑顔で自分が淹れたコーヒーを飲んでいる姿を見るやりがいも大きな仕事です。給料だけに捉われて、心が折れないようにすることも大切と言えそうです。

勤務期間に応じて給料もアップすることはない

カフェオーナーの給料は、オーナーとして経営する立場です。一般的な仕事の様に勤務期間に応じて給料がアップすることはありません。多くのリピーターを作り、より多くのお客様に来店してもらうことで、カフェオーナーとしての給料がアップします。

元々特別な資格がなくてもカフェオーナーとして仕事をすることは可能です。ですが、コーヒーについて専門的な知識を持っている証明になる資格があればお客様としても安心出来るポイントとして、有名になり、お客様への信頼も厚くなると考えられます。

男女で平均給与に差が出ることは少ない

街には多くのカフェがありますが、特にカフェ好きの女性は多い傾向にあります。女性の中にはカフェオーナーとして店を出したいと考えている人も多いです。飲食業界の中では参入しやすいカフェオーナーは、女性も多いです。

女性ならではのきめ細やかなサービスや、居心地良いインテリアなどが評判になり人気が出るケースが多いです。カフェオーナーは、男性も女性とで平均給与に差が出ることは少ないようです。一般的には男性と女性とでは給与に差が出やすい傾向にありますが、カフェオーナーは女性だからといって不利になることはないようです。

カフェオーナーとしていくつも店舗を経営すると給料は高くなる

カフェオーナーは自分の腕でカフェを経営していくのが仕事ですが、評判が良く多くの人が訪れる人気店になれば店舗を増やすことも出来ます。2店舗、3店舗とお店が増えればその分給料も高くなります。

資格取得が給料アップにつながる可能性も

カフェオーナーという職業は、自身でお店を経営する立場として一般的な企業とは異なり、資格を取得することで給料アップの手当があるわけではありません。ですが、資格を取得しておくことで、来店するお客様の信用にも繋がり間接的に給料がアップすると考えられます。

資格の中でも給料への評価につながりやすいのは、コーヒーマイスターやコーヒーインストラクター検定です。お客様の中には美味しいコーヒーを求めてカフェを訪れる人もいます。その中で美味しいコーヒーを提供できればリピーターとしてまた来てもらえますし、資格があれば信用も高くなるでしょう。

カフェオーナーの平均年収

カフェがの年収は200~300万円前後

カフェオーナーの平均年収を厚生労働省の統計一覧の平均給与と年間賞与から算出すると約288万円になります。

新人のカフェオーナーの場合には月々の給与が10万円〜であれば年収は100万円台になることも考えられますが、リピーターが増えることで給与が上がるため全体的には200〜300万円がボリュームゾーンとなります。

より多くのお客様に来てもらうことが出来れば給与アップは見込めますが、長時間労働になりやすく肉体的にもハードな仕事内容と比べると年収レベルは低い傾向にあると考えられます。

カフェオーナーとして働いている人は、高額な年収を目指している人もいますが、それよりもお客様をもてなしたいと考える人が多いようです。

年齢によってカフェオーナーの平均年収が異なる

カフェオーナーになるには若くして20代でオーナーとして経営をする人もいればある程度の経験を積んでそれを活かしてオーナーとして働く人もいます。

20代のカフェオーナーとして平均年収は約200万円、50代のカフェオーナーの平均年収は約350万円という結果が出ています。年齢と年収を比較してみると20代と50代では約2.5倍ですが、年収は2倍弱になっています。

経験を積んで経営についても理解している年齢を重ねた人の方がカフェオーナーとして獲得している年収は高いと言えます。当然上手く経営してお客様を継続的に呼び込むことが出来ればカフェオーナーとして平均以上の年収は獲得できますが、年齢によってカフェオーナーの平均年収が異なることを覚えておいてください。

都道府県によってもカフェオーナーの平均年収には差がある

カフェは全国各地に多くありますが、全国的に見ても都道府県によってカフェオーナーの年収には差が出ています。

厚生労働省が出した都道府県の平均給与比率から都道府県のカフェオーナーの平均年収を算出すると1番高額な平均年収を獲得している都道府県は東京都の462万円、次いで大阪府の394万円、愛知県の363万円になっています。東京都のカフェオーナーの平均年収は圧倒的に高額ということがわかります。

1番平均年収が低い都道府県は沖縄県や宮城県の264万円という結果になっています。人口が多い都道府県ほどにカフェオーナーとして得られる年収が高い傾向にあると言えます。

将来カフェオーナーとして独立するためにアルバイトで働く人も

カフェオーナーを目指す人の中にはアルバイトで多くの店舗を渡り歩き経験を積む人も多いです。

アルバイトで働くメリットは多くの職場で経験を積んで、それぞれの経営者の近くで学べるということ。雇用面での不安定さは否めないですが、正社員よりも気軽に働けるアルバイトを選ぶ人も多いようです。

カフェオーナーの給与・年収まとめ

カフェオーナーの年収レベルは低め。給与よりやりがいが得られる仕事

カフェオーナーの平均給与や年収レベルは精神的にもタフさが求められる仕事内容と比較すると低めの傾向と言えます。

多くのお客様に来てもらうことが出来てリピーターが増えれば給与アップは見込めます。資格を身につけ、メニューの考案や試作など努力を続ければ、お客様からの信頼も高くなります。ゆくゆくは店舗を拡大出来るチャンスを掴めるかもしれません。

カフェオーナーという職業は、お客様をもてなしたい、喜んでもらいたいという気持ちと努力を続ければ自分の理想が叶うかもしれない、夢のある職業と言えるでしょう。

カフェオーナーの参考情報

平均年収200万円~300万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種飲食

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

カフェオーナーの関連記事

飲食に関する他の職業KANREN JOB