居酒屋店長の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

居酒屋店長の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

居酒屋で元気な接客をする居酒屋店長ですが、具体的にはどのような仕事を普段行なっているのでしょうか。接客業務・スタッフの管理・売上管理など、居酒屋店長の業務内容は多岐にわたります。本記事では、居酒屋店長の具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

居酒屋店長とはどんな仕事?

居酒屋店長はどのような仕事を行なっているのでしょうか。居酒屋店長の仕事内容を紹介していきましょう。

接客

店長でも接客をすることがあります。特に居酒屋店長の接客は他のスタッフのお手本になるような接客をしなければならないので、高い接客技術が求められます。

また、居酒屋は楽しくお酒を飲む場所になるので、元気良い対応が必要です。丁寧な接客だけでなく丁寧なやりとりをすることが必要になることを覚えておきましょう。

スタッフ管理

居酒屋店長の仕事の中でスタッフ管理の仕事があります。営業中のスタッフの動きを管理するだけでなく、シフトを作成しアルバイトを含めスタッフが足りているかどうかを管理する仕事もスタッフ管理の仕事に求められます。

この他にもスタッフ管理の仕事が多くあるので、営業をする一方でスタッフ管理をうまく行うことが居酒屋店長には求められるスキルだと認識しておきましょう。

居酒屋店長の具体的な仕事内容

居酒屋店長は具体的にどのような仕事内容を行なっているのでしょうか。居酒屋店長の具体的な仕事内容を紹介していきましょう。

接客の具体的な仕事

接客といっても、さまざまな仕事内容があります。居酒屋店長は通常のスタッフの接客とは異なる接客を求められます。そのため、最低限の接客はもちろんのことお店を代表するような丁寧な接客スキルが求められます。

オーダーを正確に把握することはもちろんのこと、素早くサービスを提供するために何をすべきかその都度判断しながら接客を行う必要があります。

ただ与えられた仕事をこなすのではなく、次にどのような動きが必要かを適宜考えながら動かなければいけない職業だと認識しておきましょう。

クレーム対応

居酒屋店長として接客をしていく中で、最もお客さんへの対応として多いのがクレーム処理です。居酒屋では、料理の注文ミスやサービスの提供の遅さ、コース料理の把握ミスなどトラブルにつながるミスが多く発生する可能性があります。

ミスが発生した時に、対応を間違えてしまうとお店のクレームとして本部に話が上がってしまうこともあります。お客さんが不快と感じてしまう問題を起こした際に、スムーズなクレーム対応をすることができれば、お客さんとのトラブルも最小限の被害に止めることができます。

トラブルにどのように対処するのかは居酒屋店長としての手腕が求められるため、居酒屋店長になった場合はクレーム処理をどのような方法で対処をすれば良いのかを考えて業務に取り組むようにしましょう。

スタッフのサポート

忙しい時間帯は、接客効率をあげるためにお店全体を見回してスタッフが足りない部分をフォローするといったサポート業務も行います。

忙しい時間帯はスタッフ自体が業務に追われて周囲の状況を把握していないこともあります。そのため、店長が客観的に見渡して的確な指示を出し、円滑にお店の経営をサポートするということをしなければ、お店の営業をうまく回せない可能性があります。

スタッフのサポート業務ができるように、お店で今何が問題になっているのかを常に考えながら営業中は働く必要があると認識しておきましょう。

管理業務の具体的な仕事内容

接客と併せて居酒屋店長が力を入れなければならない仕事が管理業務です。スタッフ、お店運営などさまざまな管理を行う仕事があります。具体的にどのような管理業務があるか詳しく説明をしていきましょう。

スタッフの教育

新人スタッフからベテランスタッフまで適切なサービスをお店で提供することを可能とするために、店長がスタッフを教育することがあります。

最近ではSNSで炎上するような行動を発信してしまうアルバイトスタッフもいるため、適切な教育が居酒屋店長には求められます。

お客さんの来店状況の把握

人気の居酒屋店になると、予約がどの程度入るかを把握しながら営業を進めていく必要があります。

予約状況の把握を間違えてしまうと、スタッフの仕事の負担が増えるだけでなく、予約したお客さんや飛び込みで入店したお客さんに対して迷惑をかけてしまう可能性があるので、ミスのないように店長が責任を持って担当スタッフと管理する必要があります。

場合によっては、店長がその日の予約状況でお店がどのようになりそうかを予測してスタッフを増員させることもあります。店長の手腕によって対応が大きく異なるため、お店を全体的に見渡すスキルも必要だと認識しておきましょう。

シフト作成

居酒屋店長が最も頭も悩ませる仕事がシフト作成です。簡単にシフトを作成できるケースはなかなかないので、スタッフと相談しながらシフトに入ってもらうなど工夫をしなければならないこともあります。

また、病気なので当日欠勤が出てしまうこともありそのような場合、誰がフォローをするのか対応を考えておく必要があります。スタッフに無理のかからないシフトを作ることができるか、居酒屋店長の手腕にかかっていると言っても過言ではないでしょう。

在庫管理

居酒屋では常に在庫状況を把握して、品切れがないようにお店の運営をしていく必要があります。特に予約客が多い日やあまりお客さんが来店しない日はどの程度在庫を蓄えておけば良いか予測をしながら在庫管理をしていかなければなりません。

在庫管理がうまくいかないと、廃棄を多く出してしまう可能性があるので在庫管理をしっかり行うように全体を見回しながら意識する必要があると認識しておきましょう。

居酒屋店長の仕事のやりがい

居酒屋店長の仕事には、一体どのようなやりがいがあるのでしょうか。居酒屋店長の仕事のやりがいについて詳しく紹介していきましょう。

人から感謝される

居酒屋店長は人から感謝される職業です。大事な宴会をはじめとした会を企画した幹事から評判が良いと「お店を選んでよかった」とお客さんに対して感動を与えることができます。

また、お店のスタッフの接客がよければ、このお店を選ぶことで気持ち良く時間を過ごすことができたと感謝されることもあります。

人のために何かしたいと考えている方にオススメの職業だと言えるでしょう。

達成感がある

居酒屋はお店毎の売り上げ目標があります。ただお店を経営していては達成することができないこともあります。達成するために、スタッフの協力は必要不可欠です。お店のスタッフ全員で目標に向かって仕事をし、達成することができれば達成感があります。

チェーン店であれば達成したお店のスタッフに特別手当を支給するようなケースもあります。このような制度があれば店員のモチベーションにもつながるので、より高い意識を持って仕事を行うことができるでしょう。

自分の思い通りにお店を動かせる

居酒屋店長になると、ある程度はお店を自分の思う通りに経営することができます。どのようなスタッフを採用するか決めることもできれば、お店によっては新作メニューを提案することも可能です。

店長の個性をお店の経営に反映できるので、仕事をしながらやりがいを感じることができるでしょう。

居酒屋店長の仕事内容まとめ

飲食店で働きたい人に向いている仕事

居酒屋店長は飲食店の中でもやりがいのある職業です。自ら接客業務を行ったり、従業員の管理、売上の管理を行うなど多岐にわたり、その業務内容は店舗経営全般に及びます。

業績の高い飲食店での店長クラスに昇進すれば、自分の頑張り次第で給与をあげることも難しいことではありません。また、お客様からの感謝の声を頂けるような仕事をすることが常に求められます。

居酒屋店長は、そういった点でも仕事にやりがいを見いだせる職業だと言えるでしょう。

居酒屋店長への就職・転職に役立つ講座が見つかる!

居酒屋店長の参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種飲食

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

居酒屋店長の関連記事

飲食に関する他の職業KANREN JOB